「みんなも言ってる」「みんなもやってる」が口癖な人の心理や性格とは

最終更新日:2017年4月1日

人と話していると、相手の口癖が気になってしまうことがありますね。

話し終わり別れた後に、相手がどのような意図でその口癖を話したのか悩んでしまうこともあります。

口癖として会話に「みんなも言ってる」「みんなもやってる」と付け加える人に遭遇したことはありませんか。

会話の内容にもよりますが、この口癖を話す人の心理についてご紹介します。

1.多数の中に入り、紛れ込みたい気持ちがある

あなたは誰かに相談を持ち掛けられたことはありませんか。

人にアドバイスをするのって、とっても難しいですよね。

そういったときに、一般論をアドバイスとして伝える人がいます。

アドバイスの後に「みんなも言っている」「みんなもやってる」と付け加えると自分の意見や行動だけではなく、多くの人の意見や行動として話すことが出来ます。

この口癖を付け加えることで、一般的な話として相手に考えてもらおうとしています。

もしかしたら、この口癖を使って、自分の発言に対する責任から逃れようとしているのかもしれませんね。

多数の人の意見に紛れ込んで、穏便に済ませたいという気持ちがうかがえます。

また、相談事や話について共感することが出来ずに、返答に困ったときに、この口癖を使っているのかもしれませんよ。

相手の話に共感できずに自分の意見が思い浮かばないので、一般論として話をしているんですね。

もし、一般論ではなく相手の本心が聞きたい場合は、話を掘り下げてみてはどうでしょうか。

違った返答が返ってくるかもしれませんよ。

2.同調圧力をかけている

会社で「みんなも言っている」「みんなもやっている」と言われたことはありませんか。

あなたの発言に対して、否定的な意味を込めてこの口癖を話している場合は、同調圧力をかけられているのかもしれません。

同調圧力とは、少数派の意見の人に対して、大多数の意見に従うように圧力をかけることです。

あなたがもし普段から少数派の意見を話しているのなら、それを良しとしない人が存在することもあります。

そのようなときには、大多数の人の意見に従うように「みんなも言っている」「みんなもやっている」などと、あなたを説得しようと試みているのかもしれません。

多くの意見に賛同するのは楽ですが、あなたの本当の気持ちや信念を貫くことも大切です。

相手の真意を確かめながら、出方を考えたいですね。

3.自分の意見に自信がなく後ろ盾が欲しい

人に自分の意見を伝えるとき、ふと本当に正しいことを話しているのか不安になるときはありませんか。

自分の意見に自信がない人は「みんなも言っている」「みんなもやっている」と話すことで、自分の意見に説得力を持たせようとしているのかもしれません。

自分一人の意見では不安が残るので、大多数の人の意見かもしれないと伝えて後ろ盾を自分で作っているんですね。

もしそうならば、間違った意見や話は受け入れられない環境にいると推測することができます。

相手が自信をもって意見や思いを伝えられるように、あなたが配慮してあげてはどうでしょうか。

色々な意見や話を自由にできる環境であるならば「みんなも言っている」「みんなもやっている」という口癖を使って予防線を張らなくても、相手が話をしてくれるかもしれません。

受け入れてくれる環境があれば、自分の意見は話しやすいものです。

相手の表情などを見て、気持ちを察してあげてください。

4.あなたを安心させようとしている

あなたが誰かに相談を持ち掛けたり、不安を吐露することもあるでしょう。

そういったときに、相談した相手から「みんなも言っている」「みんなもやっている」と言われることがあります。

この発言はもしかしたら、あなたを安心させようとしているのかもしれませんよ。

みんなも同じことで悩んでいると思えば、悩みが小さく感じたり一人じゃないと心強くなったりすることがありますよね。

そういった効果を狙って、みんなも同じだから大丈夫という意味で「みんなも言ってる」「みんなもやっている」と相手は話してくれているのかもしれませんね。

この言葉で相手を安心させようとする人は、自分もみんなと一緒が良いと考えている可能性があります。

もしこの口癖の人からアドバイスを求められた場合は、同じように返してあげると安心するのかもしれませんね。

人と同じが良いという人は結構多いので、よく聞く口癖なのかもしれません。

シチュエーションをしっかりと理解する

何気なく聞いている「みんなも言っている」「みんなもやっている」という口癖ですが、シチュエーションによって全く意味が異なってきますよね。

あなたのために使っている口癖と、圧力のために口癖を利用しているのでは、同じ言葉でも意味が全く変わってきます。

どのような状況でその口癖が使われているのか、相手をよく観察してみましょう。

口癖はよく使う言葉ですので、相手の普段からの心理状態が現われやすいものです。

しっかりと観察すれば、相手の本心が分かるかもしれません。