「一応」が口癖な人の心理や性格とは

最終更新日:2016年6月6日

周囲に「一応」が口癖の方や自分自身が何となくつい「一応」が口癖になっている人はいませんか?口癖の「一応」には様々な性格心理が隠されています。

ここでは「一応」が口癖な人の性格や心理についてご紹介します。

1.慎重な性格

「一応」が口癖な方は、とても慎重な性格です。

様々な可能性がある事を考慮して自分の意見を言う時に「他の可能性も考えられますが、一応私はこう思います」という事を「一応」の一言にまとめているのです。

慎重な性格であらゆる事態を想定していますので、何があっても慌てる事無く対処する事ができます。

その落ち着いた行動は、特に仕事面で感謝される事が多いです。

クールで仕事ができるので、男女ともにとても人気があり、モテる事も多いです。

ですが、慎重すぎる性格なのでなかなか前に出ていく事ができないのが欠点です。

前にいくタイミングを図りすぎて結局前にいく事ができなかった、もう少し大胆な性格になりたいと思っている方も多いです。

大胆な性格になるために必要なのが勇気です。

ほんの少し勇気を出して、少しでも自分を出せるようにしていきましょう。

元々が慎重な性格なので、少々勇気を出して行動しても失敗をする事はありませんし、失敗をする事で人は成長する事ができるようになります。

勇気を出すために大事なのが決断力です。

徐々に決断力をつける事で常に後悔しない行動を取る事ができるようになります。


2.心配性な性格

「一応」が口癖の方は、とても心配症な性格の方も多いです。

心配性なので、話す言葉に「一応」とついつけてしまいがいちになってしまいます。

何事に対しても過剰に心配してしまうので常に不安でたまらなくなってしまいます。

心配症な性格だと、常に何事に対しても心配してしまうのでストレスが溜まって心も身体も疲れてしまいます。

心も身体も疲れてしまうと身体が弱くなってしまうので病気になりやすくなってしまったり、憂鬱になりやすくなり、さらに悪化すると何をしても楽しく無くなってしまいます。

ですので、心配性は早く直すようにしましょう。

心配性を直したいなら、まずはとにかく前向きに行動をするように考え方を切り替える事が大事です。

心配性の方は「こんな事をして周りから嫌われないか」「こんな事をして本当に大丈夫なのか」と思ってしまいがちですが、何事もまずは行動しなければ始まりません。

こんな事をしたらどう思われるか心配をして動かない人よりも、失敗をしてもいいから行動しようとする人を人は応援したくなったり、協力したくなるものです。

ですので、何事もポジティブに考えて行動をするようにしましょう。

まずは仕事や学業に影響のない趣味に関する事から行動をするようにして動く事に慣れるようにする事をオススメします。

そうして少しずつ心配性を直すようにしましょう。


3.無責任な性格

「一応」が口癖の人で気をつけなければならないのが無責任な人です。

無責任な人は、意見は言いたいけど責任は取りたくないので「一応」とつけて万が一の時に「だから一応と言ったでしょ?」と責任逃れをしようとします。

無責任な人でかつ責任を取りたくない人は、前に出ていかずに何事にも自分はできるだけ関わりたくないという無気力な人と、責任は負いたくないけど美味しい所は持っていきたい人の2パターンに分かれます。

特に厄介なのが責任は負いたくないけど美味しい所は持っていきたい人です。

こういう人は、他人の手柄を自分のものにしようとする上に罪を人になすりつけようとするので注意が必要です。

できるだけ関わらないのが一番ですが、どうしても関わらないといけない場合は、本当に重要な事はその人に任せず、かつ一人で抱え込まずに他の人と相談しながら動くようにしましょう。


4.少し頑固で嫌味な性格

「一応」が口癖の人は、少々頑固で嫌味な性格の人もいます。

本当はやりたくない事をやらなければいけない時に「一応やります」と言い、仕方なく協力するという意思を見せているのです。

特に「一応」を強調する場合、自分の意思をはっきり伝えたいという頑固な部分が出ています。

こういうタイプの人と付き合う場合、あまり褒めたりしても「どうせ本当はそんな事思っていない癖に」とさらに頑固になってしまいます。

ですので、何かを任せたりする時は「皆している事だから」とその人にだけ任せているわけではない事を伝えたり、その人に任せる合理的な理由を言う事で「それなら仕方ない」と納得させる事が大事です。

また、弱気にでるとそこにつけこみさらに嫌味を言われる場合もあるので、堂々とした態度で接する事も大事です。

「一応」が口癖な人が何を考えているか知っておこう

「一応」が口癖な人の性格や心理についてご紹介しました。

「一応」というたった一言ですが、その口癖の中には様々な心理や性格が隠されています。

周囲に「こういう人いるな」と思ったり自分自身に当てはまる事もあるでしょう。

「一応」が口癖の人との接し方を変えたり、自分でも短所だなと思う事は徐々に直していく事でもっとポジティブでハッピーな人生をおくる事ができます。