未練がましい元カレがとる行動5つ。しつこい連絡頻度や男性関係を聞いてくるなど

最終更新日:2015年12月8日

別れたはずなのに未練がましい男性は多く、女性より未練が残りやすいとも言われています。

未練が残っていると思わる行動はどんなものがあげられるでしょうか。

もしあなた自身に元彼がこうした行動を見せている場合、あなたに未練を残している証拠かもしれません。

1.交際当時のままの連絡頻度を維持する

別れても友達でいよう、親友でいようなどと言って円満に別れたカップルに見られる元カレの行動が連絡の頻度が変わらないという点。

別れた時には納得した、もしくは納得したかのように見せかけておいて、実はあなたに対する気持ちがまだまだ残っている状態が伺えます。

別れたけど友達だから連絡しても問題ないだろうという考えから、交際していた時と同じように連絡をしてくる行動が目立ちます。

朝起きたらおはようのメッセージが来たり、休日には何をしているかというメッセージが来ている場合には、かなり未練が残っている状態と言えるでしょう。

もしあなた自身にそうした恋愛感情が残っていなかったり、未練がましいと思うことがあるのであれば、少し距離を置くことも必要となります。

もう恋愛関係は終わっている、恋愛対象ではなくなったということを気付かせてあげる必要があるでしょう。

男性は女性よりも現実を受け入れるのに時間を要すため、女性側の気持ちを察知するのにも時間がかかってしまうこともあります。

あまりに連絡頻度が変わらなかったり、交際当時と変わらない関係性であれば、別れたことを一度確認することも良いでしょう。


2.記念日や誕生日に必ず連絡をよこす

毎日の連絡がなくても、未練がましい元彼の場合には、記念日や誕生日をずっと覚えている傾向があります。

こうした日には最初に連絡したい、お祝いしたいといった気持ちから、その日だけに連絡をするという元彼もいます。

自分の存在を常にアピールするのは恥ずかしいという気持ちがあったり、未練がましいと思われるのが嫌だという男性に多く見られます。

記念日にはその当時の思い出を振り返るようなメッセージが書かれていたり、誕生日には0時ピッタリに合わせてメッセージをよこす場合、未練が残っていると言えるでしょう。

大抵の男性は、好きでもない人、興味のない人の誕生日などは把握していない事が多く、仮に付き合っていた元カノの誕生日でも後に忘れてしまうもの。

覚えていたとしても未練がなければ連絡をすることはないでしょう。

こうした特定の日には必ず連絡をよこすという場合には、元彼の中でまだ気持ちが残っていると言えるでしょう。

3.男性関係をやたらと聞いてくる

元彼の中にまだ未練が残っている場合は、やはり女性の周りの男性が気になることでしょう。

どんな男性と会っているか、友達になったのかなど、やたらと聞いてくるケースがあります。

中には「騙されているよ」「惑わされてるよ」などと、男性側を悪くいって関係を辞めさせようとする人もいます。

他の男性に取られるのが嫌だったり、他の男性の事を考えられているのがたまらなく嫌な証拠です。

別れたとしても自分の物が取られる感覚になっていて、束縛のような状態が続くことも。

必要以上に男性関係を聞いてくるようであれば、あまり事実を語らない方が良いでしょう。

場合によってはその男性の元へ直接話に行ったりと行き過ぎる行動をしてしまう人もいます。

監視をされている気分になったり、束縛を受けている状態に近かったら、元彼とはいえハッキリ迷惑であることを告げると良いでしょう。


4.プレゼント攻撃が増える

女性はサプライズやプレゼントには弱いものです。

そんな心理を利用して、プレゼントで気を引こうとする未練がましい元彼の行動も良く見受けられます。

誕生日だけに限らず、ことあるごとにプレゼントを送ってきたり渡されることが多い場合、未練がありすぎて復縁を望んでいる状態とも言えます。

喜ばせることが自分の中で快感になっていて、元カノが喜んでくれる為ならと頑張ってしまう男性もいるのです。

交際していたことがある為、女性の好みや欲しいものが分かっていると、余計プレゼントで喜びを与えることが出来るのが元彼の特権でもあります。

ただし未練がましいために、そこに「好き」という気持ちをのぞかせてしまうのが元彼の欠点。

相手もまだ同じ気持ちでいてくれているのではという期待を持ちながらプレゼントを選んでしまう為、カップルでは許されるプレゼントでも片想いの状態では引いてしまうようなものをあげてしまうことも。

5.友達を介して偶然を装う時も

共通の友人がいる場合、お互いに連絡を取っていなくてもある程度相手の状況を把握することが出来ます。

そのため、相手が出向くであろうポイントや場所を抑えて、あたかも偶然かのように見せかけて会おうとする元彼も未練がましいと言えるでしょう。

共通の友人がいると交際している最中は何かと便利だったり都合が良いことがありますが、未練が残ってしまっている元彼を相手に持つと、意外と厄介な問題が生じてしまうことも。

毎回偶然会う、行く場所や時間を把握していることが多いといった場合、友人が情報を提供している場合があるので、一度確認を取ってみると良いでしょう。

未練がましい元カレを対処しよう

未練がましいという状態を、男性はあまり女性に知られたくないと思うものです。

そのため陰でコソコソ行動を起こしていたり、気付かれないよう気を引こうとしたりと、あらゆる手段を用いてくることがあります。

中にはストーカーまがいな行動もある為、あまりにもひどい時には周囲に相談することもオススメします。

男性は意外と未練が残りやすく、次の恋愛に進むまで時間がかかってしまう人が多いため、ある程度の期間は覚悟しておいた方が良いかもしれません。