男性を見る目を養う方法。見る目がない自分から脱却しよう

最終更新日:2016年1月2日

付き合い始めはかっこいい理想の男性だと思って付き合ったのに、いつの間にか浮気をされたり、実はだらしない男だったりすると自分でも見る目がないなと感じることがありますよね。

男性を見る目がない女性が見る目を養う方法には、どういったものがあるのでしょうか。

1.他人への接し方をチェックする

男性は好きな人や付き合いたいと思う人には特に優しくするものです。

もし自分が優しくされたら嬉しくなりますし、その人のことを好きになってしまうかもしれません。

しかしそこですぐに付き合ってはいけません。

その男性が自分と付き合いたいから優しくしているのであって、その優しさがその人の本性ではないかもしれないからです。

誰でも自分が好きな人には優しくするものですが、他人への態度も必ずチェックしましょう。

お店での食事の時の男性の態度なども気になります。

店員さんは接客しているのでお客さんには頭をさげますが、中にはその店員さんよりも自分の方が偉いという態度で注文したりする男性もいます。

また自分達がお客さんで店員さんがミスをすると、怒鳴りつけたりする男性もいるようです。

自分に対してしてくれている優しさが、その男性の本性かどうかは他人への態度に表れます。

釣る前にはエサをたくさんあげるのに、釣った魚にはエサを与えない人は自分を偽っていることが多いので、しっかりと他人への態度をチェックしましょう。


2.言葉よりも態度を見る

男性を見る時にはその人の言葉に乗せられないことが大切です。

付き合うためならばウソも平気でつくでしょうし、そういった人は平気でウソをつくので浮気をしたり、自分を偽っている可能性が高いです。

男性を見る時には言葉よりも行動をチェックするようにしましょう。

自分のことを好きだと言ってくれる人がいると、気になる存在になりますが、その言葉が本当かどうかは分かりません。

言葉で言うだけは誰でもできますし、もしかしたら他の女性にも言っているかもしれないからです。

しかし好きだと言ってわざわざ会いに来てくれたり、時間をわざわざ作って会おうとしてくれるならば信用できます。

言葉よりも相手の行動をチェックすることが大切で、甘い言葉に惑わされないようにしましょう。


3.相手を自分の理想に当てはめてしまうのを止める

男性と会った時の第一印象が良いと、その人のことが特に良く見えてしまうものです。

また自分の理想に近いと思えば尚更で、その後も自分の理想の男性に近づけようと自分の中で考えてしまうこともあるでしょう。

実際の男性の中身が少しずつ自分の理想と違ってきても、自分の中ではまだ自分の理想に近づけようとしてしまうことがあります。

第一印象が良かったり自分の理想に近いと思うと、相手の本当の姿を見ようとしなくなっていまします。

この男性はこういう人だと自分の中で良い方に決め付けてしまうので、相手がどんなに悪い部分があってもそれが目に入らなくなってしまいます。

恋は盲目という言葉もありますが、自分がこの人はいいと思ってしまうと悪い部分が見えなくなってしまうので、できるだけ自分の先入観は捨てて客観的に相手を見るようにしましょう。


4.普段の素行をチェックする

女性の前では自分をかっこよく見せようとする男性は多いものです。

特に自分が付き合いたいと思っている人の前では、カッコイイ所を見せようとするでしょう。

普段の自分を見せずにカッコイイ姿を見せようとするので、男性の普通の姿をみることはできません。

しかし見る目がない人はこのカッコイイ男性の姿がその人の全てだと思ってしまうので、後から辛い思いをするのです。

できるだけ男性の普段の生活や態度を見るようにしましょう。

言動、行動、交友関係、歩き方にいたるまで何でも見ることはできます。

自分に対しての言葉遣いと、他の女性に対しての言葉遣いが違えば本当の姿を隠していることになります。

ガムを噛んでそのまま道端に捨てたり、タバコのポイ捨てなどをする男性ならば付き合いたくはないでしょう。

しかしそんな姿は当然付き合う前は見せないようにしています。

好きだと言い寄られても、その言葉に惑わされずにまずは普段の男性の行動をチェックすることようにしましょう。


5.自分の自信を持つ

男を見る目がないと思っている人が、いい男を見つけられるはずがありません。

なぜ男を見る目がないかというと、根本には自分に自信を持っていないことがあります。

自分に自信を持っていれば男を見る目がないと思うよりも、私に釣り合う男性が見つからないと思うでしょう。

自分が悪いと思っていることから、まずは抜け出してもっと自分に自信を持ちましょう。

自分に自信を持つには、自信を持てることをすればいいのです。

男性に好かれようとしても、男性も千差万別ですし好みも一人ひとり違います。

自分が何か自信を持てるものがあれば、それを好きだと言ってくれる男性にめぐり合えるかもしれません。

スタイル、容姿、料理、運動、笑顔、話などなんでもいいので自信を持って男性に接してみてください。

自分に自信が持てれば押しにも弱くならないですし、自分がブレないの余裕を持って男性を見極めることができるようになるでしょう。

見る目を養おう

女性が見る目を養うにはまずは自分に自信を持つことです。

そして男性の自分に対しての接し方だけではなく、他人や普段の生活態度などをみることで男性の本来の姿が見えてくるはずです。

その場の言葉に惑わされることなく、自分に自信を持つことができれば、心に余裕を持って男性を見極めることができるようになるでしょう。