自分のミスや失敗を受け入れる方法とは。ミスから立ち直って前向きになろう

仕事/ビジネス 日々の生活最終更新日:2018年4月28日

ミスや失敗をした時に、いかに早く立ち直るかは受け止めることができるか否かに左右されます。

いつまでも落ち込んでいれば、前向きに切り替えることができません。

ではどのようにすれば、ミスや失敗を受け入れて立ち直ることができるのでしょうか。

1.しかたがないことと諦める

人生経験が浅い若い頃は、ミスや失敗はつきものです。

むしろそのような経験をしなければ、成長することができません。

小さな子供は多くの失敗をする中で、色んなことを知っていくものです。

これは社会人になってからでも同じことが言えます。

若いうちに色んな失敗を経験することによって、それを防ぐ手段や気づく力というものを養っていくものです。

そのように理解して、ミスや失敗はしょうがないと諦めることで、しっかりと受け入れることができます。

それを元にして、今後はどのように対処すべきかを考えることは忘れてはいけません。

ミスをするのはしかたがないと受け止めた上で、それをしっかりと検証することが大事です。

2.根本原因を考える

ある程度年齢を重ねると、それなりに人生経験も積むことになります。

その上でミスや失敗が多いとすれば、何か根本的な問題があるのかもしれません。

それがわからなければ、漠然とした不安を抱えたままになってしまいます。

そこで一度立ち止まり、自分が置かれている状況というものを考えることが必要です。

あえてそのような作業に取り組むことで、ミスや失敗というものを冷静に受け止めて分析できるようになります。

例えば仕事でのミスや失敗がなぜか増えていると感じる場合、何かしらの変化があったことを意味します。

例えば任される仕事量が増えたことにより、処理すべきことを同時に抱えることになるケースがあります。

その管理が甘いために、ミスをするというのはよくあることです。

それに気づかずに必死になって取り組んでも、根本的な原因を解決していないので繰り返すことになります。

そこで、そのようなタスクをどのように管理すれば良いのかを考えることが先決であると気づきます。

やるべきことが明確になれば、ミスや失敗に落ち込むことはなくなります。

3.成功体験にこだわらない

ある程度の社会経験を積んでそれなりの地位になると、ミスや失敗をすることにこまかくこだわるようになります。

それまでは上手くいっていたのに、なぜかミスが目立つようになると、年齢的な衰えなどを気にするようになります。

けれどもそのような失敗は、過去の成功体験にこだわることが原因かもしれません。

世の中の変化は早く、これまでは通用したことが役に立たなくなるということは多いものです。

ミスの原因も、役に立たないやり方にこだわるのが原因かもしれません。

年齢も高くなるほどに変化についていくのは難しくなります。

けれどもそこで立ち止まっていては、ミスを回避することはできませんし、その結果さらに落ち込むという悪循環に陥ります。

そこで、ミスや失敗をしたならば、そこから新たに学び取ることがあるのだと意識することが必要になります。

その結果、失敗をきちんと受け止めて対処できるようになります。

人は自分が成長することを実感できると嬉しいものです。

年齢を重ねると、そのような体験が少なくなります。

けれどもミスをすることによって、新たな世界に触れるというチャンスにも恵まれることになるわけです。

その点を理解すれば、いつまでも落ち込むことなく逆に楽しむことができるようになります。

4.いつまでも学ぶ姿勢を持つ

失敗にこだわり落ち込むというのは、ある意味現実逃避をすることを意味します。

自分はミスや失敗をしない人間だと無意識のうちに思っているから、それを受け止めることができないわけです。

けれども世の中の全てについて理解することなど、所詮は不可能な話です。

ましてや常に変化を続ける世の中の仕組みを完全に理解できる人間はいません。

そしてその理解不足からも、ミスや失敗は生まれることになります。

つまり、ミスや失敗をすることによって、そのような変化を続ける世の中に触れるということを知る必要があります。

その上で、自分は何をすれば良いのかを考えれば良いでしょう。

例えば仕事でミスが続くようになった原因が、急速な変化についていけなくなったことが原因だとします。

それ以上そのような環境に身を置いていても現状から抜け出せないのであれば、他の環境に移るしかありません。

つまり、転職を考える時期にあるというわけです。

人間は慣れ親しんだ環境から抜け出すことを嫌います。

けれどもいつまでもそのような環境にかじりついていても、何も解決しません。

新たな環境に身を置いて、一から学び直す覚悟も必要というわけです。

このように腹をくくることができれば、ミスや失敗を受け止めて次に進むことができます。

自分のミスを受け入れよう

人は無意識に変化を避けて安定を求める生き物です。

けれどもそのような無意識の本能が、ミスや失敗をした自分というものを受け入れずにいることがあります。

そこで自分を取り巻く環境の変化によってミスも発生することもあると認識すれば、それを受け止めた上でどのように対処すれば良いのかを考えられるようになります。

 

    「自分のミスや失敗を受け入れる方法とは。ミスから立ち直って前向きになろう」への感想コメント一覧

  1. 1. beatles12018/05/23(水) 10:59

    ミスのない人間なんて存在しません。
    私も当然これまでに、ミスを繰り返してきました。
    しかし、そのミスに何時までもこだわっていたのでは、人間の成長はありません。
    この記事にもありますように、原因を調査して次に同じミスをしないことが大切だと思います。
    ミスは誰にでも起こり得ることと、割り切って前向きに仕事へチャレンジしたいものです。

  2. 2. さとちゃん2018/05/30(水) 05:01

    いつまでも学ぶ姿勢を持つ。仕事であれ仕事以外であれこの考え方をどんなに歳を重ねようと持ち続ける事が非常に大切だと思います。でないと思考停止に陥り成長も止まってしまいますまた謙虚な気持ちが無くなってしまうからです。とても良い言葉だと思います。

  3. 3. かな2018/06/11(月) 19:22

    ミスをするというのはとても怖いことですが、それを乗り越えて得たものは自分の力に必ずなると思います。ミスをすると落ち込んでしまいますが、しょうがないと気持ちを切り替えてそこから学べばいいのだと思いました。