嫉妬心を受け入れ消していく方法

最終更新日:2017年4月5日

どんなに心の温かい人でも、人間である以上、他人に対して嫉妬心を抱くことがあります。

そして、その嫉妬心を消すことができないということに対して、誰もが苦しみを感じています。

では、一度抱いてしまった嫉妬心は、どのように消していったら良いのでしょうか。

ここでは、その対処法についてご紹介します。

1.「自分が今嫉妬心を抱いている」ということを一旦素直に認める

嫉妬心を消すためにはまず「自分が今嫉妬心を抱いている」という事実を、一旦素直に認めることが必要です。

「自分は嫉妬などしていない」と自分の本心に抵抗していると、嫉妬心はどんどん大きくなっていくという性質を持っています。

そのため、つらいかもしれませんが、自分の心の中に嫉妬心が存在しているということを認めてしまいましょう。

不思議なもので「自分が今嫉妬心を抱いている」ということを受け入れると、心が少し軽くなってきます。

これは「自分の中い存在するネガティブな感情を受け入れたことで、自分の心が慰められた」ということを意味しています。

心が優しい人ほど「自分が誰かに対して嫉妬している」という事実を認めたくないという思いが強いようです。

しかし、まずは素直に受け入れて、苦しんでいる自分の心を慰めるということが第一歩です。

2.苦しい胸の内を、紙に書いたり声に出したりして発散する

誰かに対して嫉妬心を抱いたとしても、相手に対してその気持ちをぶつけるわけにはいきません。

しかし、1度抱いてしまった嫉妬心を、そのまま自分の内側に無理やり押し込めていると、いき場を失った嫉妬心はどんどん大きくなってしまいます。

そこで、誰にも迷惑が掛からないやり方で、嫉妬心を外に発散する必要があります。

まずオススメしたい方法は「苦しい気持ちを紙に書き出す」という方法です。

自分の感情をそのまま綴っても良いですし「誰のどのような点に対して嫉妬してしまうのか」という具体的な事柄を書き出しても良いでしょう。

但し、自分の本音を偽らず、心の赴くままに正直に書き出すということが大きなポイントです。

そして、書いた紙は、すぐに捨ててしまいましょう。

人がいない場所で、自分のつらい気持ちを声に出して発散するという方法もオススメです。

「声を出す」という行為は、大きなストレス解消効果があると言われています。

嫉妬心というネガティブ感情を抱いてしまった時、あえてそれを声に出して発散してしまうことで、自分の中に生まれたマイナスの感情を声と共に吹き飛ばすという効果が期待できます。

3.嫉妬の対象から離れ、別のことにエネルギーを注いでみる

1度誰かに嫉妬心を抱くと、どうしてもその相手のことばかりで頭がいっぱいになってしまうものです。

このことが、自分を苦しめてしまう大きな要因になります。

そこで、あえて嫉妬の対象から離れてみることがオススメです。

そして、全く別のことにエネルギーを注いでみましょう。

例えば、恋愛で誰かに嫉妬心を抱いてしまったら、1度恋愛から離れ、仕事や趣味に全力で打ち込んでみましょう。

目の前のことに集中して取り組むことで、嫉妬心を抱く暇がいつの間にかなくなってしまいます。

例えば、仕事に関することで誰かに嫉妬心を抱いてしまったら、逆にプライベートを全力で楽しみましょう。

自分のプライベートを充実させ、毎日を楽しみと喜びで満たすことで、嫉妬心は徐々に小さくなっていきます。

嫉妬の対象から離れるということは、最初は大変かもしれません。

しかし、意識的にそれを行うように自分を仕向けることで、嫉妬心を小さくしていくことは十分に可能です。

4.自分と他人を比べないようにする

嫉妬心を消すためには、自分の習慣や性格を変えることも必要です。

日頃から、自分と他人を何かと比較する傾向があるという人は、嫉妬心を抱きやすいと言われています。

そのため「人は人、自分は自分」と割り切り、自分と他人を比べないように意識するという習慣をつけることも大切です。

自分と他人を比べないようになると、優劣をつけることがなくなるので、自分に自信を持つことができるようになり、自分と他人の違いも前向きに認めることができるようになります。

そして、嫉妬心を抱いていた相手に対しても、いつの間にか敬意を表すことができるようになります。

その結果、その相手は「自分が持っていない素晴らしいものを持っている、刺激的な仲間」という位置づけに変わっていきます。

このような境地に達すれば、誰かに対して嫉妬心を抱くということは劇的に減っていくでしょう。

嫉妬心を受け入れよう

誰かに嫉妬心を抱いてしまったら、焦らずに、まずはその気持ちを自分で受け止めましょう。

そして、人に迷惑がかからないような形で、つらい気持ちを発散してください。

そのようにすることで、嫉妬心で乱れてしまった心に、冷静さが戻ってきます。

そして、あえて嫉妬の対象から離れてみるようにしたり、自分と他人を比較しないように意識したりしてみることで、自立心が芽生え、少しずつ自分に自信を持つことができるようになります。

その結果、いつの間にか嫉妬心が消えているということに気がつくでしょう。