キャリアアップをしないことのメリットとは。あえてキャリアアップをしない道もある

最終更新日:2017年4月9日

今、キャリアアップを目指して仕事のスキルを向上させる努力をしている人が増えている一方で「キャリアアップなどしたくない」と考えている人も少なくありません。

このタイプの人たちは、なぜキャリアアップのチャンスをあえて避けているのでしょうか。

そこで、キャリアアップを目指さないことのメリットについてご紹介します。

1.仕事以外のことを大切にする時間ができる

キャリアアップを積極的に目指すと、どうしても1日の大半を仕事に費やすことになります。

仕事関係の作業をしていない時でも、無意識的に仕事のことばかり考えてしまうようになります。

しかし、キャリアアップをあえて目指さないことで「仕事から離れる時間」を作ることができます。

これが、キャリアアップを目指さないことの、大きなメリットの1つです。

人生は、仕事だけで回っていくものではありません。

家族や友人関係、自分の趣味など、仕事以外にも価値のあるものがたくさんあります。

キャリアアップをせず、仕事以外のことにもエネルギーを注げるようになると、人生全体が豊かなものに生まれ変わります。

そして、心にも余裕が生まれます。

キャリアアップという選択肢を捨てることで、仕事以外のものを大切にすることができ、自分の人生をゆったり楽しむことができるようになります。

2.精神的なプレッシャーから解放される

キャリアアップを目指すと、どうしても仕事の成果の良し悪しが常につきまといます。

会社に貢献できるだけの成果を上げ続けなければ、その組織内でのステータスを上げることも、より良い職場に転職することも難しくなってしまうからです。

その結果「いついかなる時でも良い成果を出さなければならない」というプレッシャーと共に、毎日を過ごさなければならなくなります。

しかし、このプレッシャーに押し潰されてしまう人も、決して少なくありません。

ところが、キャリアアップという選択肢を諦めることによって、そのプレッシャーから解放されます。

その結果、余裕を持った精神状態で。

毎日を過ごすことができるようになります特に、プレッシャーやストレスに強くない人は、キャリアアップを目指さない方が、メリットが大きいかもしれません。

3.必要以上の敵を作らずに済む

キャリアアップを目指すと、否応なしに、他の人たちと優劣を競い合わなければならなくなります。

たとえ仲の良い友人であっても、自分がキャリアアップするためには、その人を出し抜かなければならない場合もあります。

その結果、人間関係に亀裂が生じる可能性が高くなります。

人と優劣を競い始めると、必ず付いて回るのが「妬み」です。

自分が人を妬んでしまうこともありますし、逆に、人から妬まれてしまうこともあるでしょう。

その結果、自分の周りに敵を増やすことになります。

しかし、キャリアアップをしなければ、そのようなリスクはぐんと低くなります。

「積極的に上を目指す」ということをやめれば、人と優劣を競い合うことなどなくなります。

そのため、必要以上の敵を作らずに済みます。

「敵を作りたくない」「周りの人を大切にしたい」という思いが強い人は、中途半端にキャリアアップを目指してしまうと、人間関係で苦しむ結果になるかもしれません。

このタイプの人も、キャリアアップを目指さない方がメリットが大きいと言えるでしょう。

4.人生における選択肢の可能性が広がる

キャリアアップの道を捨てると、今まで仕事にばかり向けていた目が、広い方向へと向き始めます。

その結果「人生には、仕事以外にもこんな魅力的な生き方がある」ということに気づくようになるでしょう。

そして、今後の人生の選択肢の幅や世界観が広がり、人生が大きく開けていく第一歩を踏み出すことができるようになります。

これは非常に大きなメリットです。

キャリアアップを目指してしまうと「仕事が人生の全てである」と自分に言い聞かせながら、人生の大半を仕事に捧げる以外に、人生の選択肢がなくなります。

しかし、キャリアアップを諦めることで、今まで想像もつかなかった面白い人生を歩むことができる可能性がぐっと高まります。

5.心身の健康を取り戻すことができる

キャリアアップを目指した場合、無理をしてでも仕事に全エネルギーを傾けなければならなくなります。

その結果、心身の健康を害してしまう人もたくさんいます。

場合によっては、健康を害した状態であっても仕事を続けなければならないということもあるでしょう。

しかし、キャリアアップをしないという選択をすることで、無理をして仕事をする必要がなくなり、心身共に健康な状態を取り戻すことができるようになります。

無理をして良い成果を出す必要がないので、プレッシャーから解放され、心の健康が戻ってきます。

無理な出勤や残業を避けることもできるので、体を十分に休めることができるようになり、体の健康も維持することができるようになります。

あえてキャリアアップをしないことのメリットもある

周りの風潮に流されず、あえてキャリアアップをしないという選択をすると、仕事以外の人生の可能性が大きく広がっていくというメリットがあります。

その結果、仕事だけに情熱を注いでいた頃には想像もしなかった、より面白い人生が待ち受けているということも考えられます。

キャリアアップをしないことにより、心身の健康も維持できるようになり、毎日をスッキリした気分で過ごすことができるようになります。

キャリアアップを捨てると、今までよりも豊かな人生を送ることができるようになり、1日1日を丁寧に過ごす楽しみができるということが、最大の魅力であると言えるでしょう。