電車遅延で仕事を遅刻する際の対処法。仕事に支障をきたさない様にしよう

最終更新日:2016年1月3日

いつも通りに会社に向かったのに、電車の遅延によって出勤時間に間に合わなくなったという経験をした人も多いはずです。

遅延するのは仕方がありませんが、仕事に支障があっては困ります。

電車の遅延により出社時間に遅刻する際の対処法とはどのようなものがあるのでしょうか。

1.すぐに会社へ連絡する

電車通勤をしている人にとって、予期せぬ電車の遅延で遅刻をしてしまうということがあります。

遅延するのは仕方がありませんが、それによって仕事に支障があるのとはまた別です。

電車が遅れていても会社に遅刻に遅刻していない人もいますから、結局は言い訳になってしまいます。

もし電車の遅延で遅刻をしそうだと思ったら、すぐに会社へ連絡しましょう。

会社はどんな理由であれ送れるのは良しとしませんが、仕方がなく遅れることは了解してもらえるはずです。

ただできるだけ早くに連絡をしなければなりません。

遅刻をした人の分を誰かがカバーをして仕事しているからです。

早めに会社に連絡をすることで、上司がしっかりと仕事をカバーできるように指示を出すことができるので、遅れると分かった時点ですぐに電話で連絡しましょう。


2.上司の指示を仰ぐ

電話ができる状態ならばすぐに会社に連絡をして、遅刻することを伝えましょう。

その際には上司に指示を必ず仰いで下さい。

電車が遅れるので遅刻しますだけでは不十分です。

自分がやるべき仕事を誰かがカバーしなければならないので、自分がやっている仕事をどうするか伝えます。

上司だから全てを把握していると思ってはいけませんし、しっかりと自分がやらなければならない仕事を伝えることが大切です。

もしその日に大切な仕事があったり、納期が迫っている案件を扱っていれば、しっかりと報告をして上司の指示を仰ぎましょう。

当然早く出社すれば良いのですが、電車の遅延は自分ではどうにもできません。

自分が遅刻することで、やらなければならない仕事が滞ってしまっては会社も困ります。

しっかりと自分の仕事を伝えて、上司の指示を仰ぐことを忘れないようにしましょう。


3.メールで状況を伝える

電車内にいる時に遅延をすると、電車内に閉じ込められて身動きができないこともあります。

会社には連絡したくても電話をなかなか掛けられる状態ではないので、その時はメールで連絡しましょう。

もちろんメールで会社に連絡するのは失礼ですが、同僚や仲間がいればメールを送って今の状況を上司に伝えてもらいます。

電車の中で身動きができない状況を知れば、メールでのやり取りも許されるはずでしょう。

メールでは遅れることを伝えるほか、今日の自分の仕事の状況や出社するまで仕事のカバーをお願いすることを伝えましょう。

そして電車が動き出したら動いたことを伝え、順調に行けば何分頃に出勤できるかをメールします。

その時に相手から了解のメールがきたり、指示のメールが来るのでその指示に従うようにしましょう。


4.仕事の段取りを考えておく

電車の遅延で遅刻することは仕方がありませんが、仕事に支障がないようにしなければなりません。

自分の仕事を誰かがカバーしてくれているかもしれませんが、自分が遅れた分は仕事で返さなければいけないでしょう。

遅刻をした分は仕事を効率よく作業したり、段取りを考えておくことで会社に着いたらすぐに仕事に取り掛かれるようにシミュレーションしておきましょう。

遅刻するのは仕方が無いことでも、自分のノルマはしっかりとこなさなければなりません。

電車内にいる時に仕事の段取りを考えておくことで、会社に着いたらすぐに仕事に取り掛かれる体制をとっておきましょう。


5.電車の遅延証明証をもらう

電車が遅延したことを証明する証明証をしっかりともらって起きましょう。

遅刻をすると分かった時点ですぐに会社に連絡をすることが一番の優先事項で、その後どんなに急いでも出社時間はあまり変わることはありません。

会社に連絡をして上司の指示を仰ぐことしかできないので、しっかりと連絡するようにしましょう。

そしてその証拠となる遅延証明証をもらって、会社に着いたら必ず提出します。

その日の遅刻の証明にもなりますし、上司に対してまずは遅れた理由をしっかりと伝えることが大切です。

また会社によっては電車の遅延は遅刻扱いにはならないようにしてくれる所もありますから、しっかりと提出しておいたほうが自分の給料にも響くのでいいでしょう。

証明証を提出したら業務に戻りますが、理由はどうあれしっかりとその日のノルマはこなすように努力することが大切です。

電車の遅延で遅刻する時はきちんと対処しよう

電車の遅延によって困るのは、自分が関わっている仕事で会社に迷惑をかけてしまうことです。

理由はどうあれ仕事に支障がないようにすることが一番の優先事項なので、会社にすぐに連絡をして上司の指示を受けるようにしましょう。

電車通勤をしている人はいつ自分の身に起きるか分かりませんから、大事な仕事がある時には少し余裕をもって通勤した方がいいのかもしれませんね。