「もちろん」が口癖になっている人の心理や性格とは

最終更新日:2017年3月24日

「もちろん」と言われると、どういう気持ちがするでしょうか。

「もちろん」が口癖な人の心理には、相手に対して、深いな思惑があったりします。

「こうしてほしい」などと様々な要望があるので、ついその言葉を使ってしまうのでしょう。

使っている本人も、意外と気が付いていなかったりしますが「もちろん」が口癖な人というのは、色々なことを考えているのです。

1.自分の「やる気」をしっかりアピールしておきたい

「もちろん」が口癖な人の心理に、自分の「やる気」をしっかりアピールしておきたいという気持ちがあります。

何かを頼まれたりした時に「もちろんやります」と意気込んで言うことで、相手によく思われたいのです。

「もちろん」という言葉を付けることで、自分はそのことを「必ずやるつもり」とか「もともとやるつもり」であるということを示すことができます。

誰かから何かを頼まれた時に「もちろん」と言えば、それだけで本人がやる気を持っていることを相手に伝えることができるでしょう。

同じ何かをやってもらうにしても、ただ「やります」と淡々と言われるよりも「もちろんやります」と元気よく答える方が、言われた相手は全然違う受け止め方をするでしょう。

ちゃんと誠意をもって真剣に物事に取り組んでくれるんだろうということが分かって、安心して任せることができます。

そういう意味では「もちろん」が口癖な人というのは、相手に対して配慮の気持ちを持っているということです。

自分はやる気があるということを、相手にアピールするのにぴったりなのが「もちろん」という言葉です。

それを無意識のうちに理解しているので「もちろん」が口ぐせとなってしまい、つい言葉に出してしまうのでしょう。

2.上手に持ち上げて「好印象」を持ってもらいたい

「もちろん」が口ぐせな人の心理にあるのが、相手のことを上手に持ち上げて「好印象」を持ってもらいたいという思惑です。

「もちろん〇〇さんなら全く心配いりませんよ」なんて言われたら、誰でも悪い気はしないからです。

それを知っているので、つい口癖で「もちろん」と言ってしまうのでしょう。

「もちろんご存知かと思いますが、念のためお伝えしますね」という風に言われたら、何だか自分が優秀な人物として扱われているような気がします。

相手にリスペクトされているようで「もちろん」と言ってくるその人のことを悪く思うことはありません。

仮に相手から聞く内容が初耳であっても「それは知らなかった」とは言わずに、相手の言い分を聞こうとするはずです。

自分は「もちろん知っている人」「もちろんできる人」だと見なされているのだから、そういう風に思ってくれている相手に対して、好意で答えようとします。

「もちろん」という言葉を口癖として使う人は、心理的に相手をうまく持ち上げて、そして良い気分にさせようという思いがあります。

だから「もちろん○○さんなら」という風に言ってしまいます。

3.相手に「NO」と言わせないように先手を打っている

「もちろん」が口癖な人というのは、心理的に相手に「NO」と言わせないようにしている場合があります。

「もちろんやってくれますよね」と、期待を込めた目で相手を見つめて言うことによって、相手は「嫌だ」とは言えなくなってしまうでしょう。

頼まれごとをする時「もちろん」という言葉を付け加えることで、相手に心理的にプレッシャーを与えることができます。

「もちろん」という言葉の中には「必ずやってくれますよね」という意味が暗に含まれています。

相手の言葉から、そのメッセージを受け取ってしまうと、言われた方はすぐに「NO」とは言えなくなります。

やってもやらなくてもどちらでもいいというような場合は、相手に押し切られてしまい、結局「YES

と言わなくてはならない心境に追い込まれてしまいます。

「もちろん」という口癖を使いつつ、その後にお願いごとをしてくる人というのは、そうやって、言外に「絶対やってほしい」という風に言っているも同然です。

相手に「NO」と言わせないために、わざわざ「もちろん」という言葉を使っているのです。

4.会話のイニシアチブを取れずに相手に迎合してしまう

「もちろん」が口ぐせな人の心理には、相手に迎合してしまうという気持ちが含まれていることができます。

上手に会話のイニシアチブが取れなかったりして、そのためつい「媚」を売ってしまいます。

うまく会話がかみ合わないと、何だか話していてもぎくしゃくしてしまい、内心焦ってしまいます。

何とかしてスムーズに話そうとして、つい相手に対して「うんうん」という感じで肯定してしまいます。

人間づきあいが苦手な人など、特にその傾向が強く、いつも人の言うことを受け入れようとして、そしてそこから良い人間関係を築きたいと考えているので「もちろん」が口癖となってしまいます。

対した話題ではなくても、話していると、つい「もちろん」を繰り返している人は、自分に自信がないのかもしれません。

そういう気持ちがあるから、堂々と自分の意志や主張を伝えることができずに、相手の言うことに「もちろん」で答えてしまいます。

自分のペースで会話を進めることができたら、きっと「もちろん」という言葉を言うことも少なくなるはずです。

会話のイニシアチブが取れないからこそ「もちろん」という言葉を使ってしまい、相手に迎合してしまいます。

「もちろん」という言葉が口癖な人の心理を知ろう

「もちろん」という言葉が口癖な人というのは、心理的にいつも会話をしている相手のことを気にしています。

相手に対する気配りであったり、自分の自信のなさから、そうやって人の顔色を窺ってしまったりするのでしょう。

「もちろん」という言葉を繰り返してしまうのは、もしかしたらその人の不安な気持ちが出てきているからかもしれません。

もっと自分に自信を持つことができれば、口癖の言葉もまた変わってくるでしょう。