「無理」が口癖な人の心理とは

最終更新日:2017年3月24日

「無理」が口癖な人は、心理的にどういう想いがあるのでしょうか。

トライする前から「無理」と言ってしまうのは、実は色々な心理が働いているからです。

それを理解することで、相手が抱えている色々な不安などを分かってあげることができて、より深い信頼関係を築くことができるでしょう。

1.実力以上に期待されるのが怖い

「無理」が口癖な人というのは、心理的に相手に期待されるのが怖いという気持ちがあります。

もし自分の実力以上に期待されてしまって、失敗してしまうのを恐れているのでしょう。

人から期待されことは嬉しいですが、その「期待」にもし応えられなかったりした場合、かえって精神的にダメージを受けてしまいます。

「相手をがっかりさせてしまった」という考えから抜けられなくなってしまい、強い自己否定の想いに囚われてしまいます。

そうなってしまうことを恐れているので、何か言われた時に、最初に「無理」と言ってしまうのでしょう。

相手に期待をさせなければ、がっかりされることもありません。

そうやって自分をガードする気持ちが働いてしまい、つい「無理」という言葉が口癖となってしまうのでしょう。

自分に自信がない人というのは、人から何かを頼まれても、やり遂げることができるかどうかが不安になります。

相手の期待に応えられなかったら嫌なので、口癖で「無理」という言葉を繰り返してしまうのでしょう。

2.悲観的で物事を悪く考えてしまう

「無理」が口癖な人の心理には、色々なものがあります。

その中にはどうしても「悲観的」な考えから抜け出せず、物事を悪い方向へ考えてしまったりするということもあります。

ネガティブな思考の人は、何かを始める場合にも、悪く悪く考えてしまいがちです。

「とりあえずやってみよう」とトライすれば、意外とスムーズにいくこともあります。

しかし、ネガティブな人は悲観的な思考をしてしまうので、失敗したり最悪な事態ばかりを思い浮かべてしまいます。

そうなると、何かしようと思った時も「たぶん失敗する」という考えが頭から離れなくなってしまい、どうしても「無理」という言葉が口癖となってしまいます。

そして会話をしている時に、思わず口から飛び出してしまうのでしょう。

悲観的で物事を悪く考えてしまう人は、やる前から「無理」という言葉を口に出します。

頭の中であれこれ考えてしまい、悪い想像から抜け出せなくなってしまっているので、つい「無理」という言葉が口癖となってしまうのでしょう。

3.リアリストで現実的である

「無理」が口癖な人というのは、リアリストだったりします。

そして心理的に「現実的に物事を受け止めたい」という気持ちが強いので、口癖として「無理」と言ってしまうのでしょう。

何かをする時に、希望的観測で物事をスタートしてしまうと、後で取返しがつかなくなり、大失敗してしまうことも考えられます。

それが怖いので、できるだけ現状をしっかりと把握して「無理」がないような状態にしておきたいと考えます。

そのため、何かを行う時には、とりあえず「無理」と言い、後から時間をかけて冷静に判断したいのです。

とっさの判断で「無理」か「無理でない」かどうかは、なかなか分からなかったりします。

そのためうかつに大丈夫ということは言わずに、悪い方の可能性を伝えようとします。

それが現実に即した考え方だと、本人は思っているのでしょう。

リアリストで現実で気に判断しようと考えている人は、口癖として「無理」と言ってしまいます。

夢見がちな返答をしないように考えているからこそ、そういう言葉が口癖となっているのでしょう。

4.「面倒くさい」という気持ちがある

「無理」が口癖な人の心理に隠れているのが、実は「面倒くさい」という気持ちです。

誰かに何かを頼まれたら嫌だなと感じているので「無理」が口癖となってしまっているのです。

何かを言われた時に、即座に「無理」という風に言えば、相手はそれ以上しつこく依頼してくることはないはずです。

「無理」という言葉には「私はやりたくない」とか「できない」という気持ちが込められているからです。

すぐに「無理」というなら、こちらは乗り気ではないということが、相手にバッチリ伝わります。

これ以上言っても無駄かもしれないと、そう思わせることができるでしょう。

「やりたくない」と考えている時、実際にできるかどうかをチェックする前に「無理」という言葉が口から飛び出してきます。

「無理」が口癖となっている人は、物事に対して面倒くさいという思いを抱えているので、その言葉が口癖となってしまいます。

「無理」が口癖な人の心理を知ろう

「無理」が口癖な人の心理には、様々なものがあります。

一見ただ口癖として言っていますが、実は色々な気持ちを抱えています。

その思いから「無理」という言葉が口癖として浮かんできているのです。

「無理」と言われると、何だか否定されてしまったようですが、そういう本人も、色々な考えや感情に囲まれているのです。

少しでも前向きになることができれば、きっと「無理」という口癖も、別なものへと変わっていくことでしょう。