「了解」が口癖の人の心理や性格

最終更新日:2017年3月29日

周りに、何かを確認した時等に「了解」や「了解しました」が口癖の人はいませんか?

この口癖には様々な心理があります。

ここでは、そんな「了解」が口癖な人の心理についてご紹介します。

1.とりあえず相手の言葉を理解したことを伝えている

「了解」が口癖の人の心理で一番多いのがこのとりあえず相手の言葉を理解している事を伝えている事です。

この場合、理解した事を相手に伝えているだけですので特に深い意味はありません。

特にその人に問題が無い場合はただの口癖として「了解」を使っているだけなので気にしなくても大丈夫です。

自分がこのタイプの場合は、相手に「了解とは言っているけど、本当に分かってるの?」と思われている可能性がありますので、了解の後に言われた事を短くまとめて伝え、さらに自分のするべき事を言う事で相手は「この人は本当に分かっているんだな」と思ってもらえます。

そして、相手と自分との間に信頼関係ができたら「了解」の短い二文字だけですむようになります。

相手と自分との信頼関係ができていないうちは「了解」だけですませるのは相手を不安にさせてしまう可能性があるのでやめておきましょう。

2.自分を頭良く見せようとしている

「了解」という言葉を口癖にする事で、自分を頭良く見せようとしている心理の人もいます。

見栄っ張りで、自分が一番でないと気がすまないタイプです。

このタイプの場合、本当に頭が良く言った事を理解してその上で行動しているなら性格はともかく実力はあるので仕事等を安心して任せる事ができますが、問題はそれほど頭が良くないし容量も悪いのに自分でそれに気づかず、自分は頭がいいと勘違いをしているタイプです。

このタイプは自分が相手に言われた事を完全に理解していると思い「了解」と言いますが、実は話の半分も理解していなかったり、理解できなかったけど相手にバカにされるのが嫌で「了解」と言い、その後実は困ってしまうという事がとても多いです。

この場合、最初は「了解」と言ったので完全に理解したんだろうなと思ったら、後から実は話の半分も理解していなかったので驚くケースがとても多いです。

仕事の場合、これが何回も続くようなら自分が上司の場合しっかりと叱るようにしましょう。

同僚や部下なら少々対処が大変になるでしょう。

中には「これなら自分がした方が話が早いのでは」とイライラする事もあるでしょう。

あまりに困った時は、周囲にもきっと困っている人がいるはずですので、一緒に相談をして上司に報告するという方法があります。

あまりに仕事ができなかったり、プライドが高くて付き合いにくく、仕事に支障が出るほどなら何らかの形で対処しましょう。

自分がこのタイプという場合、頭を良く見せようとしているだけという事が実は周りに伝わっている事が多いです。

それに、プライドが高い性格は周りから良く思われていません。

ですので、この性格を改めて分からない所は正直に分からないからどうすればいいのか聞くようにしましょう。

分からない事をそのままにしておくより、しっかりと聞いた方が自分のためになります。

それに、やる気がある事も伝わりますそ、どんどん成長できるので本当に頭の良い人になる事ができます。

3.本当に頭が良く、必要以上の事は言わない心理

2とは逆に、本当に頭が良い人も相手の話を聞いた後口癖で「了解」と言うケースがあります。

本当に頭が良いので聞いた事を瞬時に理解してさらにそれ以上の事も一緒にできるタイプです。

とても頭が良いので「了解」と言うだけで相手に確認をしなくても相手の想像以上の事を成し遂げます。

ですので、周りから「あの人はとても頭が良い」と信頼されている事がとても多いです。

また、周りが困っている時も何故困っているのか聞いた後「了解」とだけ言い、その問題そのものを解決してくれる事も多いです。

このタイプの人が一人いるだけで仕事等しっかりと回るようになります。

また、このタイプの人は見ているだけでとても勉強になります。

自分の能力にあまり自信が無いという場合は、この人を良く見るようにしましょう。

また「どうしてそんなに色々できるの?」と直接聞いてみるのもいいでしょう。

その人本人にはその自覚が無い事が多いですが、自分がどうしているかを教えてくれるでしょう。

「了解」が口癖の人の心理を知ろう

「了解」が口癖の人の心理をご紹介しました。

この口癖の人には3つの心理が考えられます。

人によってその心理は様々なですので、周りに「了解」という心理の人がいたらその人を良く見て対応を考えるようにしましょう。

特に2の自分を頭良く見せようとしている場合の「了解」はとても厄介です。

あまりに酷いようなら上司に報告する等の対処が必要になります。

自分が「了解」という言葉が口癖の場合は、まず相手と信頼関係ができていないうちはしっかりと相手に何を理解したのか復唱した方が無難です。

その方がお互い意思疎通ができるからです。

「了解」の二文字だけにするのは、信頼関係ができてからにしましょう。