「そういうこと」が口癖の人の心理や性格とは

最終更新日:2017年3月29日

「そういうこと」という口癖がある人は、たまにいます。

口癖というのは、本人が隠しているつもりの本心が、ポロリと出てしまう場合もあります。

「そういうこと」が口癖な人の心理を知ることで、気が付かなかったその人の一面に触れることができます。

1.素直に人の言うことに納得してしまうところがある

「そういうこと」が口癖な人の心理にあるのは、素直に人の言うことに納得してしまうということです。

誰かが「こうなんだよ」と言えば、疑いもなく「ああ、そうなんだ」と思ってしまうので、自然と「そういうこと」という口癖が出てくるのでしょう。

何かを言われた時に、人の話を聞く耳を持っている人というのは、色々聞こうとする姿勢を見せることでしょう。

そして話している間に、納得できるポイントを見つけることができます。

相手が言うことを聞いて「そういうことなんだ」と納得することができるので、その思いが口癖となってしまいます。

「そういうこと」と言いながら、やけに納得した顔をしている人というのは、素直に人の言うことを聞くことができます。

心が柔軟で、色々なことを受け入れるキャパシティーがある人です。

2.プライドが高くて分からないことを聞けない

「そういうこと」が口癖な人の心理には「分からないことを聞けない」というものがあります。

プライドが高くて、人に尋ねることができません。

プライドが高いと、何か分からない点があっても、あれこれ聞くことができなかったりします。

人に教えてもらうのが苦手で、質問することができません。

そのため、人が話しているのに聞き耳を立てて、それで判断することがあります。

正直に「それはどういうこと」と聞けばいいのですが、どうしてもプライドが邪魔して口が重くなってしまいます。

プライドが高いと、自分自身もきつくなります。

知らないことがあるということが許せず、知ったかぶりをしてしまったりします。

そうする方が、かえって精神的にしんどくなるのですが、人に向かって「教えてほしい」という勇気がないのです。

プライドが高くて分からないことを聞けない人は、人の話をかいつまんで、分かったような気になってしまいます。

少しずつ聞きかかじっているので、何となく理解できた時に「そういうこと」と、つぶやいてしまうのでしょう。

3.人間関係において相手の心の中を読もうとする

「そういうこと」が口癖な人というのは「相手の心の中」を読もうとする心理があります。

人間関係において、色々を気を配って神経を張り巡らせているので、周りの人の様子に敏感に反応してしまうのでしょう。

こういう口癖を持っている人というのは、周囲の人の様子を見ていて、そこから色々なものを感じ取ろうとしています。

人の動きを見て「あ、そういうことなんだ」と思っているのです。

こういう人は、実は気配りをするタイプの人です。

誰かを不機嫌にしないためにも、細かく気を使って、よりベストな対応をしようとしています。

「「そういうこと」という口癖がある人は、相手の心をいつも慮っているので、ちょっとしたことにも気が付きますし、いつも人の心の中を読もうとするので、相手の動きにも敏感なのでしょう。

4.「思うようにならない」という気持ちを抱えている

「そういうこと」が口癖な人の心理には「思うようにならない」という気持ちを抱えていることがあります。

いつも自分がしたいと思う方向へはいかないので、ため息ともに「そういうこと」という口癖が口から出てしまうのでしょう。

「そういうこと」という人は、物事の流れをよく見ています。

そして、自分が「こうしたい」という風に考えていても、なかなかその通りにはいきません。

「また、自分が思うようにはいかなかった」とか「やっぱり駄目だった」という風に感じているので、自分の希望とはかけ離れた方向に物事が進みそうになった時「あ~あ、そういうことか」という思いが浮かび上がってくるのでしょう。

「思うようにいかない」ということが続くと、心の中に「またか」という気持ちが生まれてきてしまいます。

その思いが口癖となって「そういうこと」と呟いてしまいます。

5.まるで他人ごとのように感じていて「無関心」である

「そういうこと」が口癖な人の心理には「無関心」というものがあります。

目の前に起きていることを、まるで他人ごとのように感じていて、その気持ちが「そういうこと」という口癖になって、出てきてしまうのでしょう。

何かが起きた時に、反応が薄い人がいます。

ただボーッと見ていて、誰かがてきぱきと片付けてくれるのを、見ているだけです。

そういう時、ぼんやりと眺めながら「そういうこと」と言うようなら、心のどこかで「自分は関係ない」と思っているの可能性が高いです。

他人ごとのように感じているので、あまり反応がないまま、そういう口癖を言ってしまいます。

まるで他人ごとみたいにとらえていると、口癖もそのように変わってきます。

「ふーん、そういうことなのね」と、無関心な様子で口癖が飛び出してしまうでしょう。

「そういうこと」が口癖の人の心理を知ろう

「そういうこと」という口癖がある人は、沢山の気持ちを心の中に秘めています。

一見深い意味がないように感じても、実は色々な思いを秘めているのです。

自分でも気が付かなかった本当の気持ちに気が付くことができれば、もっとより良い人間関係を築くことができるでしょう。