迷惑をかけている自覚のない人の心理とは

最終更新日:2017年6月11日

人に迷惑をかけている自覚のない人への対処法を知っておくことは、身を守るためにも必要なことです。

その人に振り回されたり、尻拭いをする羽目になったりすると、余計な労力をつかってしまいます。

出来るだけ迷惑をかけられないように、自衛することが大切です。

1.さりげなくその人を避けるようにして関わらないスタンスをとる

人に迷惑をかけている自覚のない人への対処法として、その人をさりげなく避けてしまうことがオススメです。

迷惑をかけてくる人と関わらなければ、こちらも巻き込まれたりすることがなくなるでしょう。

迷惑をかけているという自覚がない人は、ある意味「鈍感」な人です。

周囲の人の様子を把握することができないので、迷惑をかけていても気が付かないのでしょう。

そういう人とは、関わらないのが一番の対処法となります。

人に迷惑をかけていても気が付かないくらい鈍いので、こちらがさりげなく避けてしまっても、きっと分からないでしょう。

迷惑をかけられる前に、その人との接点をなくしてしまいましょう。

「チームを組んで仕事をしないようにする」とか「一緒に遊びに行かない」という風に、共に過ごす時間を減らしていくうちに、上手に距離をおくことができるようになります。

迷惑をかけていることを自覚していない人は、ずっと一緒にいるとストレスが溜まります。

こちらの負担が増大する前に、離れてしまうようにしましょう。

2.「こういうことは迷惑である」とはっきり伝える

人に迷惑をかけている自覚のない人への対処法で大切なのは「こういうことは迷惑である」とはっきり伝えるということです。

人に迷惑をかけているという自覚を促すことが、状況を改善していくためには必要です。

人に迷惑をかけているということが分かっていない人は、平気でそのままの状態でいます。

そういう人に対しては、具体的に「何が迷惑か」ということを伝えて、周りの人が困っていることをわかってもらいましょう。

誰かに負担をかけているということが理解できれば、自分の言動を振り返るきっかけとなります。

そして普通の神経の持ち主なら、今後は迷惑をかけないようにしようと自重するはずです。

人に迷惑をかけている時、本人はまるで悪気がなかったりします。

そういう人は、実はこちらは迷惑しているということが分かれば、慌てて態度を改めることもあります。

そのためには、まずは何が迷惑であるか、それを伝えて自覚を促すようにしましょう。

3.「迷惑なこと」が起きないように事前にフォローする

人に迷惑をかけている自覚のない人への対処法の一つに、事前にフォローするというものがあります。

その人が引き起こしそうな「迷惑なこと」が起きる前に、上手にサポートしてあげましょう。

人にい迷惑をかけている自覚がない人と距離をおきたくてもおけないなら、こちらに迷惑がかからないようにする必要があります。

どうしても一緒に仕事をしなければならない相手なら、時々相手の仕事ぶりをチェックするようにして「大失敗」という事態を引き起こさないようにするようにしましょう。

いつも仕事が遅くて納期に間に合わないなら、定期的に「期日はいつまでだよ」と伝えて、遅れが出ないようにするといいでしょう。

いつも遅刻してくる人なら、もともとの待ち合わせ時間を早めに伝えておくようにします。

その人がしでかしそうなことを予測して、こちらに迷惑がかからないように色々と手を打つことで、余計な負担やプレッシャーがかかることを防ぐことができます。

そうやって、事前にフォローすることが、自覚なく迷惑をかけてくる人に対しての対処法となります。

4.自分一人で対応しないようにする

人に迷惑をかけている自覚のない人には、自分一人で対応しないようにしましょう。

そういう人を一人で面倒見ようとすると、あまりにも負担が大きくなってしまうからです。

人に迷惑をかけている自覚がない人のことを、たった一人でフォローしようとしても無理があります。

下手にかばってしまうと周りから「その人のお世話係」と見なされてしまうことがあります。

そうすると、本当はその人のミスであるにもかかわらず、何故か「あの人のミスの件、どうするの?」とこちらに問い合わせが着たり、事後処理をするように言われてしまって、うんざりすることがあります。

人に迷惑をかけている人は、周囲の人と協力して対応するようにしましょう。

自覚を促しても全然改善しないなら、自分からだけではなく、別の同僚や上司からも注意してもらうようにします。

そうやって、周りの人と一緒に対処するようにすれば、自分の負担も軽くなりますし、迷惑をかけている人自身も「これだけ周りの人に言われるのだから」と、何かに気が付くことでしょう。

迷惑をかけている自覚のない人の心理を知ろう

人に迷惑をかけている自覚のない人というのは、悪気はなかったりします。

また、こちらも知らず知らずのうちに同じように誰かに負担をかけていることもあるでしょう。

そういう時には、あまり事を荒立てないようにして、上手に対処してしまいましょう。

そうすることが、人間関係を崩さずにいるためのポイントです。