胸を大きく盛る方法。バストを美しく見せよう

最終更新日:2015年6月21日

これから暑い日が増し、薄着になる機会も増えてきます。

そんなときふと気になってしまうのが、胸が美しく見えているか、ということです。

胸には自信がないな、というかたでも、すぐにできる「胸を大きく盛る」ためのポイントをご紹介します。

1.自分の胸に合ったブラジャーを身に着ける

ブラジャーを購入するときに、デザインや価格だけで購入を決めていませんか。

自分の胸に合ったブラジャーを身に着けるということは、胸をきれいに見せるためには大変重要なことです。

普段は通販などでブラジャーを購入しているというかたも、一度デパートの下着売り場で、自分の胸を採寸してもらってはいかがでしょうか。

自分で採寸するときよりも、下着売り場のスタッフさんに測ってもらうとブラジャーのサイズが違ってくるものです。

胸をきれいに見せるためには、きちんとした正しい採寸がまず大事になってきます。

正しく採寸してもらって、自分の胸にぴったりフィットするブラジャーを身に着けるようにしましょう。

サイズの合ったブラジャーを身に着けると、胸を支えるホールド力がしっかりしていますので、動いてもブラジャーがずれてしまうなどの煩わしさがありません。

いつでもきれいな胸を演出してくれます。


2.ストラップが背中でクロスしているデザインのブラジャーを身に着ける

なで肩の女性は、一度ならずとも経験があるのではないでしょうか。

動いているときに、ブラジャーのストラップが肩から落ちてきてしまうという煩わしいあのイライラです。

ブラジャーのストラップが肩から落ちてきてしまうというイライラを解消してくれるのが、背中でストラップがクロスするデザインのブラジャーです。

一般的なブラジャーでもストラップを外したり長さを調整したりすることはできますが、一般的なブラジャーのストラップを背中でクロスさせるには、ちょっと長さが足りません。

ですので、ストラップを背中でクロスさせることができるデザインのものを選びましょう。

なで肩の女性でなくても、ストラップを背中でクロスさせるブラジャーは、ストラップをクロスさせることによって、胸を支えるホールド力が高くなりますので、胸を上向きに見せてくれる効果があります。


3.ブラジャーにパットが入っているものを身に着ける

お洗濯して干している間にどこかへ消えてしまうことが多々あるブラジャーのパットですが、このパットを大事にしましょう。

ブラジャーにパットが入っているのといないのとでは、見た目が大きく変わってきます。

日本で販売されているブラジャーにはたいていパットは入っていますが、邪魔だと思って外してしまってはいませんか。

このパットの効果で、胸のかたちが美しく見えるようになるのです。

パットが胸の下の部分をしっかりホールドしてくれますので、胸が上向きに見える効果があります。

もし、パットを入れていなかったら、胸の下の部分がブラジャーから浮いてしまうことになるでしょう。

これでは、きれいな胸のかたちを保つことができません。

そして、胸を大きく盛るためにも、このパットが大きな助けとなってくれます。

その日に身に着けるブラジャーに、ほかのブラジャーからパットを抜き取って、その日のブラジャーのパットを二枚重ねにするのです。

胸の下の部分を二枚重ねのパットがしっかりホールドしてくれますので、胸はきれいに上向きになりますし、ボリュームも出ます。


4.ユニクロのブラトップを身に着ける

しっかり胸をホールドしてくれるのかと不安に思っているかたもいらっしゃるかと存じますが、実はユニクロのブラトップは、CMのとおり「美胸」を演出してくれるアイテムです。

ブラトップは、アンダーバストの部分にゴムが縫い付けられており、それがしっかり下から胸をホールドしてくれて、動いてもずれてしまうということがありません。

カップもしっかりした生地でできていますので、お洗濯して型崩れしてしまうということもありません。

このカップが胸全体をしっかり覆ってサポートしてくれるのです。

ですので、いつでも「美胸」でいられるのです。

ブラトップの上から、Tシャツなどを着てみると、胸のかたちがきれいなラインとしてあらわれてきます。

カップのラインがきれいにできているので、胸をきれいに大きく盛れるアイテムです。

お店では、ブラトップの試着もできますので、自分の胸をきれいに見せてくれるサイズを探すことができます。

夏に向けて、「胸を大きく盛る」ポイントをご紹介してきましたが、ご自分の胸に合った盛り方は見つかりましたか。

いますぐ簡単に胸を大きく盛りたいという場合には、ブラジャーが有効です。

適切なブラジャーのつけ方で胸を盛っていこう

ブラジャーの身に着け方にもコツがあります。

ブラジャーを身に着けるときには、前かがみの姿勢になって胸全体をしっかりカップに収めることが大事です。

ホックを止めた後に、胸の脇の余分なお肉をカップに収めることも忘れないでください。

最後にストラップを調整して完了です。

美しい胸のシルエットで胸を盛っていきましょう。