仲良し男女
   

恋人と別れた後も仲良い友達でいたい時の方法

恋愛最終更新日:2014年9月16日

別れるとき、恋人関係は解消しても仲の良い友達でいたいと思うことは多いはずです。

一度は相手の事を好きになったと言う関係上、
通常の友人よりも相手の事を理解していることが多く
「自分の事を分かってくれる相手」としてずっと付き合っていきたいと考える方、結構いるのではないでしょうか。

そんな状況になった場合どうやって相手との関係を続けていけばいいのでしょうか。

別れ方が何より大事

例えば、「他に好きな人が出来たから別れてほしい」
「もうあなたのことは好きじゃない」と言われた場合、
振られた側は相手に対してどういった印象を持つかを考えてください。

当然未練を感じることも多いとは思いますが、
多くの場合で「見返してやる」と言った体の印象を抱くはずです。

そうなってしまっては、その後に良好な関係になる事は難しくなります。

出来ることならばお互いに納得の上で別れると言った状況がベストです。

仮に前述の理由が本音であったとしてそれをそのまま伝えるのではなく、
「今はお互いを見つめ直した方が良い」とか「距離を置いて客観的に考えてみよう」と言ったニュアンスの表現とすることが良いです。

その際に、今後の関係が決まってしまう可能性が高い為
「誰よりも私の事を理解してくれている。今後、何かあった時は助けてほしい」と言った一言を加えておくことが大切です。

別れた後もこまめに連絡をする

せっかく良好な関係で別れたとしても、
その後の対応で疎遠になってしまう可能性は十分にあります。

そこで、こまめに相手へ連絡を取ることが必要です。
特に別れた直後は比較的頻繁に連絡を取っておくことが大切です。

普通であれば別れた直後は疎遠になりがちなのですが、
ここでそうなってしまうとその後に関係を修復させると言うことが難しくなります。

週に1度または月に数回でも良いので、連絡を取ることで継続的に連絡を取ることが普通と言う感覚を作ることができます。

「特に何もないんだけど、いきなり誰とも連絡取らなくなるのはさみしくて」と言った内容であれば
相手に与える印象は悪くありませんし、
近況報告などの名目で他愛もない内容のもので十分です。

大切なのは「連絡を取ることが普通」と言う印象を与えることです。

中には別れた後も連絡を取るのは変だと言う人もいます。

しかし、それでもなお連絡を取りたいと思う人がいるのも確かです。

一度はお互いを知ろうとした中ですから、普通の友達よりも相手を理解できる関係になれる可能性もある反面、お互いを知っているからこそ信頼を失うのも早いです。

もし男性がこれを読んでいる場合は「下心」を無くすことが重要です。
完全になくすことは出来なくとも、その部分は隠す努力をしないと女性側から「キープなのでは?」と思われてしまう可能性があります。

また、そう言った意味で付き合いを継続させようとしている場合、往々にして女性にばれて信頼を無くすことが多い為注意してください。

女性も相手の男性に下心を抱かせない様な、一定の距離を保つコミュニケーションを続けていくことが重要です。

, , ,  

    「恋人と別れた後も仲良い友達でいたい時の方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。