二回目のデートに誘う方法とは。女性から男性へアプローチ

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

大学生や社会人など、ある程度の「オトナ女子」になってくると、
気になる男性との最初のデートはおそらくまだ本格的なお付き合いに至っていない場合も多くあるのではないでしょうか。

そんな「まだ様子見」の関係では1回目のデートは男性から誘ってきたか、
なんとなく話が盛り上がってデートをすることになったか、というところでしょうか。

もし、この時点でやっぱり相手の男性のことが気になる、と思ったなら、このまま待っていてはもったいないのです。

ぜひ、二回目のデートに発展させ、さらに関係を深めていきたいものです。

そこで、二回目のデートに女性から男性へ誘う方法についてご紹介します。

1.連絡の取り付け方はケータイやスマホを利用して

今や高校生以上ならほとんどの人がスマホかケータイを持っています。

少なくとも1回はデートをする間柄になっているのですから、ケータイの相手の男性と番号を教え合っていることでしょう。

ぜひ、このスマホやケータイで連絡を取ってデートに誘うことをおすすめします。

特に、メールやLINEなどの文字に残る方法を選びましょう。

これは、取り付けたデートの約束の時間や場所を間違えないようにするためです。

もちろん、電話で話したり、直接話すことで約束を取り付けても構いませんが、
間違いのないように、メッセージを可視化して残しておく方がよいでしょう。

2.二回目のデートに誘うタイミング

さて、誘うタイミングですが次のようなときに誘うとスムーズに話が進むでしょう。

1.最初のデートが終わったあと、すぐに誘う・・・最初のデートから帰ったあと、「今日はとても楽しかったです。ありがとう」というような話から始め、「とても楽しかったので、ぜひまた行きませんか」という展開で誘うようにするとよいでしょう。

(2)最初のデートから一週間ほどあけて誘う・・・最初のデートからあまり時間が経ってしまうと誘いにくくなるので、1週間くらいまでならちょうど誘いやすいのではないでしょうか。

相手の男性も最初のデートのことがまだ記憶に残っていますし、誘われた方も返事がしやすいでしょう。

(3)相手の男性の時間が空いていそうな時をねらって直前に誘う・・・たとえば、週末は仕事が休みで、土曜日は趣味のバイクで走っているんだ、といった話を事前に聞き出してあったとすれば、日曜日の予定は空いている可能性が高いということになります。

ですので、その日曜日の朝、あるいは前の日の土曜日の夜あたりに連絡をとり、誘ってみるとよいでしょう。

あまり前々から約束を取り付けると仰々しくなりますが、直前に誘うともう少し気軽な感じがして返事もしやすくなるでしょう。

3.どんな言葉で誘うとよいか

誘い方については、その相手の男性との関係性に大きくよるところがあるので、「こういえばよい」という正解はありません。

しかし、なるべくいつも通りの雰囲気で、さらっと誘うようにしましょう。

また、この時、相手の男性が断りにくいような雰囲気にならないようにしましょう。

都合が悪かったり、残念ながらデートはしたくなかったり、原因はいろいろあれど、二回目のデートに必ず応じられるわけではありません。

断るのが心苦しくなるような言葉を使ったり、言い方をしたりしないで、
ある程度は「断りやすさ」も考慮して誘うようにしましょう。

そうしておけばその時はダメでも、また別の時には誘いに応じてくれるかもしれません。

4.最初のデート内容と同じようなものか、同等程度の負荷の内容で

こちらからデートに誘うのですから、その内容はある程度こちらから提案するほうが「相手にまかせっきり」にならずにいいでしょう。

しかし、そうはいってもまだ二回目のデートですから、あまり難しいことや時間がかかりすぎるようなことは避けた方が無難です。

デート内容に困ったら、最初のデートでしたことと同じことか、同等程度の負荷の内容で提案してみましょう。

たとえば、最初のデートが「映画鑑賞とディナー」だったら、同じように「違うタイトルの映画鑑賞と違う店でディナー」とか、
「コンサート鑑賞とディナー」というようなものです。

このくらいの違いなら、相手の男性も「前回あんな感じだったな」とデートの様子を想像することもできますし、
そうすれば待ち合わせの時間設定や移動手段等の段取りも決めやすくなります。

また、人間は一度経験したことがあることには、安心して取り組むことができます。

最初のデートでは見えなかった相手の男性の新たな一面を、落ち着いて見ることができるでしょう。

タイミングを測ってデートに誘おう

このように、自分からタイミングをはかって男性を誘いましょう。

女性から誘うのはあまりよくないと考える人もいますが、決してそんなことはありません。

「一緒に楽しい時間を過ごす」程度の軽めの気持ちでデートに誘ってみると意外とすんなり約束を取り付けることができるかもしれません。

最初のデートからあまり日を置かないで、積極的に誘うことで、二人の仲が発展していくことになるでしょう。

 

    「二回目のデートに誘う方法とは。女性から男性へアプローチ」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。