人気者になる方法。明るく気配りをして、悪口はやめよう

最終更新日:2015年12月24日

学生時代に、クラスには一人いたであろう人気者。

そんな人気者は、みんなに好かれていいなと憧れの感情を抱いていることはないですか?周囲の人気者になる為にはどのような事を実践していけば良いのでしょうか。

今回は人気者になる方法をご紹介します。

1.明るくポジティブな思考になること

人気者の特徴でもあり、必須条件とも言えるのが、明るい性格です。

そして人前ではどんなこともポジティブな発想を持つといった前向きな性格です。

周りから人気を集めるためには、近寄りやすい性格であることが何よりも大事です。

そのためには常に明るい雰囲気を出して、ネガティブな発想を辞めるようにするのです。

誰でも悩んだり考え込んだりしてしまうこともありますが、周囲に人がいる場合にはそうした姿を表に出さないこと。

そうすることで、この人はいつも明るくて悩みもなさそうでいいなという印象を持たれます。

人気者になる為には、周りをも明るく変えてしまうくらい元気のある人が良いでしょう。

空気を一変させることが出来る人、一緒にいると明るい気分になれる人と思われることで、周囲からの人気を集めることが出来るでしょう。


2.気配りが出来るようになること

人気者になる為には、気配りも重要なポイントです。

大勢集まっている中で一人寂しい思いをしている人がいないか、盛り上がっていない人はいないかと常に周囲を観察する力が必要でしょう。

周囲の誰からにも人気になるには、浮いている人やポツンとしている人を放っておいてはいけません。

「楽しめてる?」「一緒にあっちに行こうよ」などと声をかけてあげることは、その人にとっても救いになります。

自分だけのペースで周りを巻き込んでも、人気には繋がりません。

周囲に合わせる、周りに目をやるといった気配りがあって、始めて人気が出てくるものです。

たまに勘違いして、自分がテンション高いからといって嫌がっている人を無理やり連れだしたり、巻き込もうとする人を見受けますが、これはかえって逆効果です。

面倒な人、関わりたくない人といったイメージを持たれてしまうことが多いので、この違いだけは意識しましょう。

周囲がどういう状況なのか、どう感じているのかを気配り出来るようになれば、自然と皆が笑顔になるはずです。


3.人の悪口やいじめは絶対にしないこと

周囲からの人気を集めたいのであれば、決して人の悪口やいじめに繋がるようなことはしないことです。

たまにいじめの主犯格となっている人は、自分が主導権を握っていると思い、それを人気がある証拠と勘違いしてしまっている人がいます。

このような人気の集め方は、一時的なものでしかなく、また時間が経つと共に周囲の人も離れていきます。

本当の人気者は、決して人をいじめたり悪口を言ったりといった行動はしません。

だからこそ、人気があると言っても過言ではないでしょう。

自分がされて嫌なことは他人にもしないといった意識を持つことで、他人を否定したり非難したりといった行動はなくなるはずです。

また、人の悪口等を言っている時の空気や表情というのは、思っている以上に嫌なものを醸し出しています。

この人といる時は悪口は言えないという状況を作り出すことも必要でしょう。

また人気者となったのち、悪口を言われている人やいじめを受けている人と率先して仲良くすることで、解消することも出来ます。

それほど、人気者の与える影響力は大きくなります。


4.分け隔てない人間関係を作ること

男女、年齢関係なく、分け隔てなく関係を築くことが出来る人は人気者に多いです。

年上だからといってかしこまったりせず、自分のままで接することが出来る人、年下だからといって横柄な態度になったりしない人は、自分をしっかりと持っている証拠でもあります。

人は上下関係を付けてしまいがちで、それによって優先順位も異なり、接し方もだいぶ変わってしまう人がほとんど。

ただ、そうした人は、自分を持っていない場合が多く、人によって態度を変えたり意見を変えたりと、その場によって色んな自分を演じている傾向があります。

人気者になるためには、きちんと自分としたものを確立し、誰に対しても分け隔てなく接するようにするべきです。

周りにいる人は同じ年齢とは限らず、社会に出ると必ず年齢も幅が出てきます。

そうした環境でいかに自分をキープすることが出来るのかによっても、人気に違いが出てくるでしょう。

そのためには、相手がどんな人であろうと自分を変えないことが必要となってくるのです。

人気者になろう

周囲の人気者になることは、人として尊敬される部分を持っているということにも繋がるでしょう。

簡単なことに見えても、実践し続けるということは意外と難しいもの。

また自分を変えてまで人気者になりたいというのであれば、それなりに努力が必要となることでしょう。

人気者であるためには「平等」という考えを持つことが大事です。

そして自身が明るく魅力ある人になることも、人気者になるには必要でしょう。