ノーブラでいるメリットとデメリット。家でノーブラはあり?

女性の一人暮らし最終更新日:2018年2月17日

家では最大限くつろぎたいものです。

なので、胸元を締め付けるワイヤー付きのブラジャーははずしたくなってしまいます。

ですが、家でノーブラでいることにはメリットデメリットがあります。

では、どんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

1.メリット1:癒され効果

なんといっても家でくつろぐときは楽チンなルームウェアに着替えて、ほっこりしたいものですよね。

それなのに、くつろぐ時に寝っころがった時に何か締め付け感や、固いものが当たったりしては癒されません。

ノーブラでいることでそういったくつろぎの弊害を防ぐメリットがあります。

これで何のストレスもなくゴロゴロできます。

2.メリット2:乳がん予防になる

家にいる時、就寝時などはなるべく日中つけているようなワイヤー入りのしっかりしたブラが外した方が良いとされているのはご存知でしょうか。

ブラをつけている合計時間は、12時間を越えている人とそうでない人に比べて乳がんになるリスクが20倍と言われています。

これは実際アメリカの研究者が報告していることです。

血流を妨げてしまい、リンパが圧迫され、老廃物が溜まりやすくなるのです。

その老廃物の溜まりが乳がんを引き起こすのだとか。

なにはともあれ、乳がん予防にもなるので、家でくつろぐ時、就寝時はなるべくノーブラか、形の崩れを気にする人はナイトブラをつけるのが一般的です。

こうして、乳がんになるリスクを考えると、家でリラックスするときはノーブラでいる方が安心というメリットがあります。

3.デメリット1:形くずれ

あまりに家にいる時間が長い人は、ブラをしていない時間が長くなりますので、それだけ乳房が背中の方に流れたり、垂れてしまったり形が崩れる可能性が高いです。

そうしたデメリットがあるので、ノーブラよりは形をキープするノンワイヤーブラなど、楽でつけ心地が良く、形の崩れも防いでくれる高機能のリラックスブラがオススメです。

いくら家の中とはいえ、自由気ままに乳房が流れてしまってはデメリットとなってしまいます。

4.デメリット2:突然の来客

家でくつろいでいる最中にノーブラでいる時、突然インターホンが鳴ったり、宅急便や近所の人が訪ねてくるなんて事はないでしょうか。

そんな時に慌てふためいてしまいます。

ノーブラとは意外に外からでもわかるもので、胸の揺れ具合や、乳首のあとが見えてしまったり。

考えただけでも恥ずかしくなってしまいます。

宅急便だからいいか、と胸元を隠しながら玄関のドアを開けて、サインをする時にうっかり胸を隠していた腕を外してしまいます。

そんな恥ずかしい思いや、ハラハラするような事があり得ると言う点では、無防備なノーブラはデメリットとなるでしょう。

5.デメリット3:家族と同居しているなら、家族の目が気になる

一人暮らしならともかく、他に同居の家族がいてノーブラで過ごすのはお互いの為にもあまりよくありません。

異性の家族は目のやり場に困りますし、自分自身もなんだか落ち着かない事となるでしょう。

そんなそわそわしてしまうくらいなら、ノンワイヤーブラやカップインタンクトップなどを身につけた方がお互いの為です。

夫がいるのであればなおさら、いくら結婚して年数が経っていても女らしさは失いたくないものです。

ご主人も妻には恥じらいを持っていてほしいと願うでしょう。

ご主人に落胆させないためにも、なんかしらのもので胸は覆っておいた方がよいでしょう。

6.デメリット4:乳首が服にこすれてなんだか不快

気にしない、気にならないと言う人は、ノーブラで乳首が動くたびに服にこすれても不快感は感じないでしょう。

ですが、わりと乳首が敏感な人は、いちいち不快感を抱いたりします。

胸周りの締め付けも、ワイヤーが当たる不快感もないけれど、ノーブラはノーブラで、乳首問題があります。

乳首が服に当たると、ゾワっとしますし、自分がなんだかだらしがないようにも思えてしまいます。

それに、今誰かが来たらどうしようなど、不安にさえなってしまったり。

来訪があったら慌ててつけるのもなんだか面倒。

ならば、最初からつけておこうといって、結局ブラをつけてしまう人は意外と多いのではないでしょうか。

あまりノーブラでいる事に慣れていないとかえって落ち着かない人が多いのです。

そういう人にとってはデメリットとなります。

ノーブラでいるかを考えよう

好みが別れる家の中のブラ問題。

やはり自分に合ったブラをつけるのが一番望ましい事ですが、家の中ぐらい外したくなります。

乳がん予防にもなるというのならなおさら、胸を休ませてあげるという一つの方法もあります。

リラックスもしたい、でもノーブラはかえって不快感と言う人もいれば、家の中はいっさい締め付けたくない。

というノーブラ主義の人がいます。

それぞれのメリットでメリットを総合して、自分が一番気持ちがよい、自分に合った過ごし方をするのが一番最適でしょう。

 

    「ノーブラでいるメリットとデメリット。家でノーブラはあり?」への感想コメント一覧

  1. 1. risa2018/05/15(火) 17:08

    ノーブラって楽ですが、人目が気になります。急に誰かが訪問してくるかもしれないし、ちょっとストレスですね。やはり、普段はこちらで紹介されているノンワイヤーブラなどを身に付けておくのが、賢明ですね。