おばさんに見える顔の特徴とは。老けたおばさん顔を若々しく戻そう

自分磨き最終更新日:2018年4月28日

女性は見た目年齢と実年齢が一致しない人っていますよね?年齢を聞いて「えーっ。そんなに(年齢が)いってたの?」と思う人もいれば「えーっ。見た目ではもっと(年齢が)上かと思ったら以外に若いのね」と思う人もいますね。

1.メイクをしない、または手抜きメイク

おばさんっぽい顔に見えるか若く見えるかの違いでいちばん重要なことはメイク方法にあるでしょう。

メイクをしない(手抜きメイク)=男性の目を気にしない男性の目を気にしなくなったら、もうおばさんの仲間入りです。

女性がメイクをするのには理由があります。

「見た目が少しでもキレイに見えるようにしたい」とか「肌のシミやそばかす、色ムラなどを隠したい」などではないでしょうか?それがメイクをしないなんて、男性の目を意識するどころか世間の目すら気にしていないことになります。

たとえメイクをしたとしても、それが「さっと済ませた手抜きメイク」では見た目のキレイさや肌の悩みを隠す事もできていないはずです。

化粧下地で肌の色ムラカバーはしましたか?ファンデーションもムラなく塗れていますか?アイブロウも自分の眉毛とアイブロウが自然に見えていますか?マスカラの前にシッカリとビューラーで眉毛を上げましたか?どこかに手抜きがあれば、おばさんっぽい顔になっているかもしれません。

2.肌にシミ、シワが目立つ

若くても肌の手入れを普段からしていないと肌の乾燥やシミ、シワが目立つ人がいます。

やはりパッと見た時に肌がみずみずしく弾力のある肌だと若く見えますよね。

反対に肌がカサカサしていたり、たるんでいたりするとおばさんっぽい顔に見えます。

あと、意外と自分では気が付かないのが目尻のシワです。

いわゆる笑いジワというものですが、笑いジワも若い時はカワイイかもしれませんが年齢を重ねた女性では笑っていない時も残っているシワです。

この笑いジワが目尻にあると、とてもおばさんっぽい顔になるので今からでもチェックして下さい。

それと同じく眉間のシワはありますか?

いつも気難しい顔をしていると眉間にシワが寄りますよね?

この眉間のシワもは肌に張りがあると一瞬にして消えますが、肌が乾燥していたりすると気難しい顔をしていない時でもシワは消えていません。

いつも怒っている顔に見られますので、自分のイメージダウンにもなってしまいます。

気難しい顔をする癖のある人は気をつけましょう。

いつもスマイル、スマイルを心がけましょう。

以上に上げたシワにならないための手入れは1日で出来上がるものではありません。

毎日、肌の手入れをしているかどうかが、年齢を重ねるごとに見た目にハッキリと差をつけます。

肌の水分と油分のバランスに気をつけて若々しい弾力のある肌を目指して日々の積み重ねをすることが大切です。

3.顔の産毛処理をしていない

顔の産毛処理、特に鼻の下の部分の毛は本人が思っている以上に他人には見られている部分です。

ましてや鼻毛でも出ていたら即アウトです。

この産毛処理に関しても、普段からメイクをキチンとしていれば自然と鏡を見る回数も多くなり自分で「産毛が生えてきたからそろそろ処理しようかな」と気が付きます。

しかしノーメイクや手抜きメイクで済ましていたら、産毛の存在に自分は気が付いていないけれど他人はシッカリ見ているということになってしまいます。

結構見逃しがちな点ですが、これも怠っていればおばさんっぽく見える顔の原因になります。

それと忘れていけないのは、眉毛も重要なポイントです。

よく見かけるのが、生えている自分の眉毛とアイブロウがずれていて眉尻が二股になっている人がいます。

この二股眉尻ほどおばさんっぽい顔に見えるので気をつけましょう。

4.ほうれい線

ほうれい線が目立つと一気におばさんっぽい顔になりますよね?

これも普段からの肌の手入れに入るかもしれませんが、普段の手入れの時にほうれい線に沿ったマッサージや美顔器を使うことでハッキリしていたほうれい線が目立たなくなります。

普段の肌の手入れも手抜きかキチンとできているかの差は大きいです。

5.二重あご

いわゆるブルドッグ顔ですね。

顔全体の事になりますし、自分では客観的に見れない部分でもあります。

しかし、二重あごになっていると以外に他人は見ている部分です。

ちなみに二重あごを他人が見るのは、横顔の時が多いです。

横顔を見た時に二重あごになっていると、とても目立つのでご注意をして下さい。

これはマッサージよりも美顔器で手入れをした方が効果がハッキリと現れます。

この手入れも毎日の積み重ねになるのでおばさんっぽい顔にならないために頑張りましょう。

見た目年齢が若い人は普段から肌の手入れをして、シミやシワのない弾力のある肌作りをしていることでしょう。

それに産毛の処理やマッサージも気になる部分は丁寧に手入れをしましょう。

おばさんっぽい顔の特徴を知って防ごう

おばさんっぽい顔にならない一番の秘訣は毎日の肌の手入れと手抜きでないメイクをすることではないでしょうか。

これを心がけるように思った時から、もうおばさんっぽい顔からの脱出は始まっています。

 

    「おばさんに見える顔の特徴とは。老けたおばさん顔を若々しく戻そう」への感想コメント一覧

  1. 1. nori2018/05/03(木) 10:14

    日頃の肌ケアは大切ですね。面倒だからとメイクやスキンケアをしないとどんどん老けてしまいます。いつまでも若くいるためには努力は欠かせません。

  2. 2. 優子2018/05/03(木) 10:17

    中年の女性です。
    老け顔は悩んでしまいますよね。
    若い頃とはずいぶん違いますが、手入れは大切ですね。

  3. 3. 名無しのイケジョさん2018/05/07(月) 11:48

    最近鏡を見ると疲れた顔をしていることが多いです。普段からの手入れや、表情も気を付ける必要がありますね。

  4. 4. 名無しのイケジョさん2018/05/30(水) 17:32

    身に覚えのあることがチラホラありました。女性としていつまでも若く美しく!とまでいかないまでも、年齢相応の凛々しさや清楚さは持ち合わせていたいので、年齢以上のオバサン化しないよう、今日から気を付けようと思います。