女の勘がするどい理由。感情を読み取る力がすごい

最終更新日:2016年1月14日

女性の勘は鋭いとよく言われています。

女性は嘘を瞬時に見分けることができるので隠し事はできないという男性はとても多いです。

何故女性の勘は鋭いのでしょうか。

ここでは、女の勘が鋭い理由を紹介します。

1.ちょっとした変化を感情で見抜くから

女性は、ちょっとした変化を感情で見抜くことができると言われています。

これは男性の多くは分からない感覚だそうで、彼女に内緒にしている事がある時に、必死で隠しても彼女から「何か内緒にしているでしょ?」と言われて驚いたという方は多いです。

男性の表情が少し硬いと「何かがおかしい」と思ったり、友達が嘘をついている時も「いつもの話し方と表情が違う、これはひょっとして嘘なのかも」と感じ取ることができるそうです。

女性の嘘や隠し事は男性には隠し通せても、逆はできないのはこのためだと言われています。


2.自分の身を守る能力に優れているから

女性は、男性よりも保守的で自分の身を守るための能力が優れていると言われています。

身を守るためにはあらゆることに敏感で危険を察知しなければなりません。

ですので、女性は勘が鋭いと言われています。

男性は逆に闘争心や競争心が強く、守るよりも攻めたい、チャレンジしたいという方が多いです。

ですので、女性よりも身を守る能力が低く、危険な時になっても勘が働かない場合があります。

こういう時に女性が男性を守ってあげるために勘が鋭くなっているのです。

そして、男性が女性の勘に助けてもらったというケースはとても多いです。

男女の仲をより深めるために女性の勘は鋭くなっているのです。

女性の勘に助けてもらった男性は「一生彼女と一緒にいよう」と思い、幸せな夫婦になることができます。


3.共感力に優れているから

女性は、共感力にとても優れています。

女性は男性と違いグループを作り、一緒に行動することがとても多いです。

そして一緒に行動するために共感力はとても大事です。

女性同士は話を聞いて「うん」と頷き共感するだけで仲良くなることができます。

これができない女性はグループから外れてしまい、孤立してしまいます。

女性は孤立すると情報が入ってこなくなったり、母親だと子どもまでグループに入れてもらえなくなったりとピンチになってしまいます。

女性同士で話をしている時にさっと「これは多分こういうことなんだろうな」と勘を働かせて共感することでお互い仲良くなることができます。

勘を働かせる事で孤立を避けることができます。

勘を働かせて孤立を避けるのは、集団行動が多い女性にとってとても大事なことです。


4.母性本能が勘を鋭くしているから

お母さんには母性本能があり「大事な自分の子どもを守らないと」と常に自然に思っています。

ですので、お母さんになると自分でも気が付かないうちに子どもを守るために感が鋭くなっているのです。

勘が鋭いので子どもの些細な変化も見逃しません。

お父さんが気がつかない事でも「あれ、どこかおかしい」と分かり子どもを早く助けることができます。

特に赤ちゃんでまだ喋ることができない時、お母さんの勘で赤ちゃんの様子がおかしいと思い病院へ連れて行くと病気だった、でも早く病院へ連れて行ったので助かったというケースはとても多いです。

また、子どもが大きくなってからも変化を見逃さず、しっかり助けてあげることができるように女性の勘は鋭いままの事が多いと言われています。


5.脳の使い方が男性とは違うから

基本的に男性は左脳を多く使い、論理的だと言われています。

女性は逆に直感に必要な右脳を使うことが上手だと言われています。

右脳と左脳を状況別に上手く使い、直感や感覚が大事だなと思う時は右脳が活発に働くと言われています。

ですので、女性に勘が鋭い人が多いのです。

今流行している右脳派左脳派診断でも女性は右脳派が多く、直感や感覚に優れているので感が鋭いと言われています。

女の勘はやはりするどい

女の勘が鋭い理由についてご紹介しました。

中でも大きな理由は右脳を使うのが上手な事と、自分や家族の身を守るために女性は勘が鋭くなったのではと言われています。

ですが、今様々な理由で勘が鈍くなっている女性が増えています。

女性の勘は訓練しだいでどんどん鋭くすることができるので、上記を参考に身を守るために勘を鋭くすることをオススメします。