男ウケする弁当のおかず内容3パターン。デートなどで作っていこう

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

山や海など野外でデートをする時に女性が自分の女子力をアピールできるのが「お弁当」です。

最近では料理をしない女性も増えていますが、やはり男性は料理が上手な女性には一目おくものです。デートの時に男性によい印象を与えるためのポイントを3つご紹介します。

1.かわいいものよりガッツリ系

会社などで自分の為に作っていくお弁当なら構いませんが、デートでの「食べる主役」はやはり男性です。男性は女の子っぽいカワイイお弁当に抵抗を感じる場合が多く、量も普段よりも多い目に作ることが大切です。

「料理は愛情」です。食べる人のことを考えるのが料理の基本になりますから、自分のことを考えて「男性っぽい」弁当を作ってくれたんだな・・とよい印象を与えることもできます。

男性の多くはダイエットをしている女性よりも、自分とたくさんの食事を楽しく食べてくれる女性を好む傾向にありますので、たまのデートの時ぐらいはダイエットのことは忘れて二人で大いに楽しむ気持ちが大切です。

2.意外とうけのいい和食

最近ではグルメ番組の派生で、素人による料理対決なども多くやっています。しかしその中で一番人気のない料理のジャンルが残念ながら「和食」なのです。イタリアンやフレンチなど西洋料理はデーートや特別の日にはもってこいのジャンルですが、やはり日本人がそれを毎日食べ続けるとストレスがたまります。

生活スタイルがいくら西洋化しているとは言え、やはり基本の食事は「和食」なのです。逆に難しい料理はできても煮つけやキンピラ、根菜を使った料理ができる若い女性は少ないのです。

デートのお弁当と言えば、女性の普段の姿をアピールできるひと時です。出来合いではない和食の惣菜をお弁当に入れていくことは将来の二人の生活をした時のことを連想させるよい意味での「生活感」をアピールできるチャンスなのです。

3.栄養バランスを考えた内容

料理を食べる理由はおいしさを味わうためと「生きるため」です。昨今流行りの生活習慣病の原因の多くが「食」にあることは、世間の男性でもよく知っています。

おいしさを追及した料理も大切ですが、デートの時に作る弁当は男性側みると、お弁当を作った女性の「健康意識」をしる手だてでもあるのです。
肉だけでなく、野菜やフルーツなどもしっかり摂れるような内容のお弁当を作っていくと、よい男性の評価が得られます。

もし二人が結婚して子供ができた後のことを考えると脂っこいものや肉ばかりを使った高カロリーのもの、冷凍食品ばかりを詰めていくと男性は不安になります。男性自信の健康管理の面でも心配するのは当然です。

意中の人にアピールすることを意識しよう

この人は・・・と思う意中の男性とのデートは自分がどう楽しむか、というよりどうアピールするかが大切です。単純に「おいしいもの」ではなく、その弁当を食べる時に男性が「何を連想するか」をよく考えて献立を作成しましょう。自分の将来のパートナーとしてふさわしい女性だと思わせる絶好のチャンスなのです。

 

    「男ウケする弁当のおかず内容3パターン。デートなどで作っていこう」への感想コメント一覧

  1. 1. まこ2018/05/25(金) 12:52

    まさにおっしゃる通りだと思います。同棲期間も含め、1年になる旦那に毎日食事を作っています。時々飲み会で外で食事をしてきますが、「たまにだから良いけど、脂っこいし家で食べるご飯の方が良い」と言います。『毎日食べれる食事』が作れるというのをデートでアピール出来ると良いですね!

  2. 2. にこ2018/06/05(火) 08:19

    相手の立場になってお弁当を作るという考え方がとても勉強になりました。私も何度か男性にお弁当を作りましたが、どうしてもおしゃれな洋食や、見た目が可愛いものに惹かれて作っていました。次回からは是非実行したいと思います。

この記事への感想を書く