ポジティブになる口癖5つ。意識的に口癖として使ってみよう

最終更新日:2016年6月6日

ネガティブな自分を直したい、ポジティブになりたいと言う方はたくさんいます。

そんな方にオススメしたいのがポジティブな口癖を作る事です。

ここでは、オススメの使うとポジティブになる口癖をご紹介します。

1.ありがとう

ごめんなさい、すみませんよりも口癖にするなら「ありがとう」にしましょう。

人は、誰かに何かをした時に「すみません」と言われるよりも「ありがとう」と言ってもらった方が嬉しいものです。

ですのでつい「すみません」が口癖になっている人は、すぐ直後に笑顔で「ありがとう」と言うようにしましょう。

別にお礼を言われたくてしたことではないけど「ありがとう」と言ってもらった人は嬉しく思い、明るい気持ちになります。

そうすると自分も嬉しく、明るい気持ちになります。

「ありがとう」と言う事を口癖にする事で周囲に「ありがとう」の輪ができます。

暗い気持ちになっていた人も誰かの「ありがとう」を聞く事で「世の中そんなに悪くないな。自分もきっといい事があるからもっと頑張ろう」と明るい気持ちになる事ができます。

「ありがとう」の一言には不思議な魔法の力があります。

「すみません」よりも「ありがとう」を口癖にするようにしましょう。


2.いいですね素敵ですね

人から好かれる人は、人のすごい所を素直に褒める事ができる人です。

もっとたくさんの人から好きになって欲しいと思ったり、もっと友達をたくさん作りたいと思ったら「いいですね」や「素敵ですね」といいなと思った所を素直に褒めるのを口癖にするようにしましょう。

そうする事で「自分が褒めて欲しい所をこの人はきちんと見てくれている」「自分では全然そう思ってなかったけど、でも褒めてもらって嬉しい」と好印象を持ってもらう事ができます。

ここで大事なのが「いいですね」「素敵ですね」等褒め言葉を連発しすぎない事です。

本当に自分が「すごい」と思った時だけ言うようにしましょう。

誰にでも、いつでも褒めていると周りから「それ、本当にそう思ってるの?」「嘘くさい」とせっかくの褒め言葉が逆効果になってしまいます。

口癖にしつつ、かつ言い過ぎないようにする事を意識するようにしましょう。


3.きっと何とかなる

いつも不安でたまらないという人は、この「きっと何とかなる」を口癖にするようにしましょう。

口癖にするだけではなく心の中でピンチの時も「きっと何とかなる」と思うようにしましょう。

ネガティブな考えの方は、一度ネガティブに考え出したら止まらない事が多く、さらに不安になってしまいます。

そうなると心だけではなく身体も疲れてしまい、体力が無くなってしまい負の連鎖になってしまいます。

ですので、ネガティブな考えになりそうになったら「大丈夫、きっと何とかなる」と思うようにしましょう。

何事も何とかなると思う事で気持ちが明るくなるので、意外と思ったよりも何とかなります。

ですので、不安な気持ちになったらすぐに「きっと何とかなる」と思い考えをポジティブに切り替えましょう。

口に出して言う事でより言葉の効果が上がりますので、思うだけではなく一人の時でも実際に言うようにしましょう。

また、何とかなるという言葉は自分だけではなく他の人にも効果があります。

皆が不安になっているなら、自分が率先して「大丈夫、何とかなる」と言うようにしましょう。

そうする事で皆が「そうだ、きっと何とかなる」と思う事ができるので、その場を乗り切る事ができます。


4.好き

好きという言葉は、聞いていてとても気持ちがいいものです。

特に彼氏がいる人は「あなたの事が本当に大好き」と言うのを口癖にするようにしましょう。

常に彼氏に口癖のように「好き」という事を伝える事で彼氏は「自分の事を本当に好きなんだ。

嬉しい」ともっともっと愛してもらえるようになります。

倦怠期になった時こそ彼氏に「好き」という気持ちを伝えるようにしましょう。

そうする事で倦怠期を乗り越える事ができるので、ずっと二人で幸せになる事ができます。

また、好きという言葉は彼氏以外にもいつでも使う事ができます。

「私、この音楽好きなんだ」と言う事で人との会話が弾みますし、友達に対しても「あなたの明るい性格とても好き」という事で友情が深まります。

「好き」はポジティブな言葉の中でも一番シンプルで誰の言葉にも心にグッと来る言葉です。

是非口癖にして使うようにしましょう。


5.朝は「今日はいい日になる」夜は「明日もきっといい1日になる」

毎日、朝は「今日はいい日になる」夜は「今日もいい1日だった」と言う事を口癖にするようにしましょう。

そうする事で引き寄せの法則でどんな1日でも明るく過ごす事ができます。

いつも明るくポジティブでいるためにこの気持ちの切り替えの言葉としてこの言葉を1日の始めと終わりに使うようにしましょう。

口癖でポジティブになろう

使うとポジティブになる口癖についてご紹介しました。

どうしてもネガティブな気持ちになってしまうという方は、このポジティブになる口癖を使うようにしましょう。

ネガティブな気持ちになりそうになったらポジティブな言葉を口にする事で気持ちを明るく切り替える事ができます。

ですので、ネガティブな事を考えてしまうという方は是非上記を参考にポジティブな言葉を口癖にして、いつもポジティブな気持ちでいる事ができるようにして下さいね。