女性は男性に言っちゃダメ!プライドを逆なでするフレーズ6つ

最終更新日:2016年6月14日

大好きな彼に何気なく言った一言、職場の男性に何気なく言った一言が、その人を怒らせてしまった経験はないでしょうか。

「別にそんなつもりで言ったわけじゃないのに」と思うかもしれませんが、女性が思っている以上に、男性は繊細な一面もあります。

そこで今回は、男性のプライドを逆なでしてしまうフレーズをご紹介します。

1.頼りないね

男性は、女性に頼りにされると非常に喜びます。

彼女からはいつも頼りにされていたいと思っています。

例え冗談でも「結構頼りないよね」なんて言ったりすると、その場では笑っているかもしれませんが、彼の心は傷ついている可能性が大です。

もしケンカの最中にそんなことを言われたりしたら、立ち直れなくなり、関係が破綻してしまうこともあるので、感情任せに言うことは絶対にやめましょう。

頼りないと一蹴してしまうより、具体的なことを一つ一つ、これをやってほしいとお願いするようにすれば、相手のプライドを傷つけずにすみます。


2.元彼はこうだったこうしてくれた

おしゃべり好きな人の中には、話題を探すあまり、つい元彼の話題を出してしまう人もいるでしょう。

「元彼の時は料理を手伝ってくれた」「元彼の時は毎週末遊びに連れて行ってくれたよ」なんて言われると、じゃあ元彼のところへいけばいいのではないかと男性は思ってしまいます。

元彼に限らず、男性は他人と比較されるのを嫌います。

「元彼は」の部分が「隣の家では」「会社の○○さんは」などでもだめです。

他人と比較したりせずに「料理を手伝って欲しい」「週末どこかに行こうよ」と素直に言うのが一番です。


3.今度男友達に聞いてみよう

付き合いがある程度長くなって、彼氏の熱が落ち着いてきたりした時に、嫉妬を煽ろうとして「これ今度男友達に聞いてみようっと」なんて言ってしまったことはないでしょうか。

こういった駆け引きは男性を深く傷つけてしまいます。

男性からすると、一緒に落ち着いていられる女性というのは、とても大事な存在です。

男性は仕事に対する比重がどうしても女性より多くなりがちですので、いつも情熱的に彼女に接するのが難しくなってきますし、やはり女性には癒やされたいでしょう。

そういった時に彼を情熱的にさせようと無理に嫉妬を煽るのは逆効果で、下手をすると何をするにしても「じゃあ男友達に聞けば?」と言われるようになってしまいます。

無理に嫉妬を煽ろうとせず、普段の苦労を労いながら、上手に甘えるようにしましょう。


4.頑張って

男性を鼓舞しようとして「頑張って」と言ったら「そんなことわかってるよ」と怒られたことはありませんか。

実は、頑張ってという言葉は、場合によっては相手を追い詰める言葉になってしまうので注意が必要です。

ある程度物事がうまくいっている時に頑張ってと言うのは、男性にとってとても励みになります。

しかし落ち込んでいる時に元気づけようとして頑張ってと言うと、更に落ち込ませることになることがあります。

男性というのは、問題を抱えるとそれを解決しようと一人で考える傾向があります。

そういった時は根拠のない言葉で励まされると、かえって相手を深みにはまらせることがあります。

もし何かに悩んでいるようだったら、さりげなく温かい飲み物を出してあげたり「何か手伝えることがあったら言ってね」とサポートに徹して、相手の自主性を引き出せるようにしてあげるといいですよ。


5.何でもいいよ

女性の中には、食事に行った時になかなかメニューが決められなかったり、どこか出かけるのにいき先をなかなか決められない人もいるでしょう。

いつも彼がエスコートしてくれることに甘えて「何でもいいよ」「適当に決めて」なんて言ってしまうこともあるのではないでしょうか。

これは付き合う前から付き合い始めくらいまではいいのですが、付き合ってかなり経ってからもこの調子だと、男性は滅入ってきます。

男性は基本的に女性をエスコートしたいと思っています。

しかし、あまりにも自主性に欠けると、取り付く島もなくてうんざりしてしまいます。

何もかも決める必要はありませんが、せめて大雑把にどんな系統のものがいいか、どんなことがしたいかなどを伝えることが大事です。


6.気持ち悪い

どんなに良い関係で、憎まれ口を叩いても笑い合える仲でも、言ってはいけない言葉というのはあります。

その筆頭が「気持ち悪い」「キモイ」です。

実は男性同士というのは、結構友人同士でこれらの言葉を使いますが、仲が悪くなるということはありません。

男性というのは表面上の悪口で笑い合える関係を作ります。

ところがこれが男女の関係となると違ってきて「バカ」などは状況によっては可愛げがあるので好きな男性も多いのですが「気持ち悪い」と言われるのは、たとえ冗談でも嫌だという人が多いです。

男性は女性には、異性として頼って欲しい、笑って楽しんで欲しいと思っているので、生理的嫌悪を示す「気持ち悪い」という言葉を使われると、傷ついている場合が多いのです。

男性のプライドを逆なでしないように気をつけよう

男性のプライドを逆なでしてしまうフレーズをご紹介しました。

男性のプライドは、女性にはなかなか理解しにくい面もあり、扱いに困る場面もあるでしょう。

とにかく男性は、女性から頼りにされたいものなので、誰かと比較したり、回りくどいことはせずに、素直に接してみてください。