彼氏が甘えたい時に見せるサイン。彼女に甘えたい気持ちを見抜こう

最終更新日:2015年8月9日

男性は不器用な人が多いため、彼女に対して素直に「甘えたい」と口にすることが少ないものです。

しかし、女性と同じように男性でも甘えたい感情は湧くもの。

彼氏が甘えたいという気持ちをそのような仕草や行動から判断することが出来るのでしょうか。

1.ベタベタと寄り添ってくる

彼女に急に寄り添ってきたり、ベタベタとくっついてくることが増えた時は、甘えたいサインです。

彼女に「甘えたい」と言葉にすることが照れくさいけど、その気持ちを抑えることが出来ない時に、男性は彼女を直に感じたいとこうした行動に出ることがあります。

それが手をつなぐ行動だったり、膝枕をして欲しがったり、隣に座って体を密着させる行動だったりと、人それぞれ表現の仕方は異なるでしょう。

言葉に出来ないもどかしさを、こうした表現方法で彼女にアピールしているのです。

もし彼氏がこうしたサインを出している時は、甘えたいという気持ちを察して、答えてあげるようにすると、彼氏も満足できるでしょう。

また、こうした行動を普段しない人でも、二人きりになった途端に甘えてくることも多いです。

プライドや周りの目が気になる男性にとっては、こうした行動に出るのは二人の空間だけでしか出来ないため、意外と勇気を出して甘えていることが考えられます。

出来るだけ、その思いをくみ取って、十分甘えさせてあげると良いでしょう。


2.すぐに会いたがる

彼氏とデートが終わった後にお別れして、その直後に電話やメール、LINEをしてくる彼氏。

会っていてさっき別れたばかりなのに「声が聞きたい」「また会いたくなっちゃった」とすぐに連絡をよこす人も、甘えのサインと言えるでしょう。

「別れ際に言えばいいものを」と女性は感じてしまうかもしれませんが、こうした甘えた発言は男性にとっては恥ずかしいと感じる人が多いのです。

電話などで、その時言えなかった感情を口に出して、スッキリすると同時に、やっぱりすぐにでもまた会いたいと思ってしまうのです。

こうした彼氏には、電話で良いのであれば少し付き合ってあげたり、もしくは別れて間もなく時間も余裕があるのであれば、もう一度会ってあげることも良いでしょう。

まだ一緒に居たかったという彼氏なりの表現なので、応えられる範囲で対応してあげると良いでしょう。

3.時間になっても帰らない

お互いにあらかじめ何時までデートする、またはどちらかの用事の都合で時間が決まっているのにも関わらず、帰ろうとしない男性の場合も、無言の表現であると言えます。

言葉にも行動にも表さない、でも帰ろうとしないという男性も、甘えたいというサインの一つでしょう。

こうした無言の表現で、要は子供のような拒否反応のようにも捉えられますが、彼氏にとっては結構頑張って表現していることが多いのです。

照れくさいのもあり、だからといって自分の気持ちを抑えられない時、帰らないという行動に出ることによって、彼女に気付いてもらおうとしています。

このような表現方法をとる男性の多くは、口下手だったり、不器用であることが考えられます。

彼女に対してなんていったらいいのか分からない、抱きしめたりという行動をすることが出来ない、秘めた思いを表現しているのでしょう。

彼氏の中ではまだ一緒にいたいという感情を、必死で隠しながらも、でもその感情を抑えられない時に、結果帰らないということに繋がります。

こうした彼氏の場合には、時間の許す限り近くにいてあげたり、時に優しい言葉をかけたりして、「気持ちは同じだよ」ということを伝えてあげると良いでしょう。

「別にそんなんじゃない」と突っぱねることもあるかもしれませんが、内心は嬉しくて喜んでいる男性は多いものです。


4.独占しようとする

彼女に甘えたい時、出来れば他の人に邪魔されたくないと感じる人は多いでしょう。

そのために、彼女を自分の元に置いておきたい、彼女の時間を自分だけのものにしたいと感じ、つい束縛して独占しようとする気持ちが高まります。

独占することによって、一緒にいる時間が持てる事、そして何より甘えることが出来るようになります。

常日頃から束縛するようなタイプの彼氏は、甘えたい表現という訳ではないですが、普段は束縛などしないタイプの人が急にこうした行動、発言をし出したら、それは甘えたいという彼氏の表現であることを分かってあげましょう。

誰かに二人の邪魔をされたり、甘えている時に空気を壊されたくないと思っているために、こうした方法で表現していると考えられます。

こういう男性は滅多に独占したいと束縛することが少ないため、本当に心の底から彼女に甘えたいタイミングであることを察知してあげるべきでしょう。

一緒の空間を楽しんだり、彼氏だけを見る時間を作ってあげることで、彼氏も満足してくれることでしょう。

甘えたい彼氏のサインを見抜こう

「甘えたい」と思う時、何か他のことで寂しい感情になっていたり、嫌なことがあって忘れたいなど、様々な感情が入り混じった時に現れるものです。

また男性はあまり表現することが得意ではないために、彼女が察知してあげるべきことが多くなるでしょう。

もしかしたら甘えのサインなのかなと感じたら、出来る限り応えてあげるようにすることで、彼氏の心も満たされることでしょう。