楽観的な性格の人が共通してもつ特徴とは

最終更新日:2017年4月20日

楽観的な性格と聞くと、明るいイメージを想像する人が多いのではないでしょうか。

楽観的と一言で言っても、性格には様々な特徴が見られます。

楽観的な性格にはどんな特徴があるのか把握すると、明るい自分をこれから作っていけるかもしれません。

1.ポジティブ思考で前向き

楽観的な性格の人に見られる特徴で代表的なのが、ポジティブ思考で前向きという特徴でしょう。

普通の人が悩みに感じること、困難に感じることでも「どうにかなるさ」という思いを持て、前向きに捉えることができる人は楽観的な性格と言えます。

こうした楽観的な捉え方ができる人は、毎日の生活を楽しく感じたり悩みに感じる点が少ないため、人よりも明るい日々を送っていると言えます。

しかし中には「ちゃんと考えていない」「真剣になってくれない」と捉えてしまう人もいるため、表に出す言葉や表情には多少注意が必要です。

困難、トラブルといった問題に立ち向かうことができる人が多く見受けられます。

2.自分は自分、他人は他人の差別化がハッキリしている

楽観的な性格の人は、自分のことと他人のことを比較して捉えるということが少ない傾向にあります。

悪い言い方をしてしまえば、周りのことは「他人事」で、自分のことのように真剣になったりということが少ないという面も特徴の一つでしょう。

友人が「ちょっと相談したいことがあって」と悩みを打ち明けてきても「そんなことで悩んでるの」「大丈夫だよ、なんとかなる」と、的確なアドバイスができないこともあります。

所詮、周りのことは自分には関係ないという捉え方が多くなるため、親身になるということが少なく感じられます。

こうした点から、真剣な悩み、重い話は、楽観的な性格の人には話しにくいと思う人も。

どこかクールにも見えてしまう点があるため、言葉を選んで接するよう心掛けましょう。

3.焦ることがない

例えば待ち合わせの時間に遅刻しそうになった時、大抵の人は「大変、急がないと」と焦って行動しますよね。

楽観的な性格の人は、この時に焦りを持つより「諦め」を持つことが多いのも特徴の一つです。

「今急いでもどうせ間に合わない」「相手が怒っているとしてももう謝るしか方法はない」と、冷静で落ち着いた考えを見せることが多いのです。

待っている側はこんな考えにイライラしてしまうかもしれませんが、実際に遅刻が確定となってしまえば、急いでも遅刻は遅刻。

焦ってバタバタすることよりも「もういいや」という諦めることを先に覚悟する人が多いのです。

4.交友関係が広い

楽観的な性格の人とは付き合いやすいと思う人は多いです。

あまり気を遣わなくて良い、適当でも構わない、細かいことを気にしなくて良いといった楽さが、人を寄せ付ける魅力になっているのかもしれませんね。

人間関係においては、どろどろした関係があったり、トラブルがあったりと、何かと問題が発生しやすいものです。

こうしたことを避けるために、交友関係を狭くしているという人もいるでしょう。

ただ相手が楽観的な性格の人となれば、自分もそこまで壁を置く必要がなく、気兼ねなく接することができるため、付き合いやすいと感じる人が多くなります。

その結果、交友関係が広くなり、様々なタイプの人、年代、性別問わず、仲良くすることができるのでしょう。

フラットな関係、浅い付き合いを好む人から、楽観的な性格の人は好かれやすいです。

5.不安や恐れを抱かない

ある程度大人になると、様々な経験から「怖い」「不安」「警戒」といった感情を持ちやすくなりますよね。

「また失敗したらどうしよう」だとか「違うかもしれない」と不安に思うことで、ためらったり避けたりすることが多くなります。

一方、楽観的な性格の人は、失敗も一つの思い出くらいにしか受け止めておらず、先のことに不安を感じたり恐れるということが少ない傾向にあります。

「こうなったらどうしよう」とは思わず「そうなった時に考えればいいか」という考え方ができます。

確かに、現状何も起きていない段階で悩んだり不安に思うことは無駄かもしれません。

楽観的な性格の人のように、何か問題が起きた時に立ち止まって考えれば解消されるもので、今考えたからといって不安を完全には消せませんよね。

この挑戦し続ける姿勢や前向きな姿勢には、憧れや尊敬の思いを持つ人も多いのではないでしょうか。

不安や恐れを抱かず、前に突き進むことで、あらゆる経験をしていると捉えてみれば、人一倍多くの経験をしているかもしれませんね。

楽観的な性格の人の特徴を知ろう

楽観的な性格の人は、細かいことは気にせず、ざっくりとした考え方、捉え方をしているものです。

それによって明るい人生を送れているとしたら、その性格を変える必要はないでしょう。

ただ、人との関係の中で、自分の楽観的な部分を「適当」と捉える人もいます。

相手に対して発する言葉や行動を予め注意することで、こうした問題は回避できるでしょう。