凛とした人の特徴とは

最終更新日:2017年4月9日

凛とした人は、どんな時でも落ち着いて堂々と振る舞うため、存在感が非常に大きい人です。

その姿に一目置いてしまう人や「自分もそのようになりたい」と憧れてしまう人も多いでしょう。

では、凛とした人とは、具体的にどのような人のことを言うのでしょうか。

その特徴についてご紹介します。

1.姿勢が良く、いつもテキパキ動く

凛としている人は、いつも姿勢が良いということが大きな特徴です。

どんなに疲れている時でもまっすぐ背筋を伸ばし、決してだらしない立ち居振る舞いはしません。

その姿が、彼らの姿を非常に大きく見せることに繋がり、堂々とした存在感を作り上げています。

凛とした人は、いつでもテキパキ動くということも特徴です。

ダラダラ動いたりせず、常に一定のリズムをキープしながら動くということを意識しています。

その姿は健康的で若々しく、どっしりした落ち着きを醸し出します。

凛とした人は、その立ち居振る舞いが、彼らの存在を大きく見せています。

そのため、たとえ小柄であっても、大きな存在であると感じられてしまいます。

2.感情をコントロールすることができ、決して取り乱したりしない

凛とした人は、自分の感情全てを、自分できちんとコントロールすることができます。

どんなにつらいことがあっても、決して感情を暴走させたりすることはありません。

そのため、彼らはどんな状況に立たされても、いつも冷静であるということが特徴です。

彼らは常に「感情は人前で暴走させるべきものではない」ということを自分に言い聞かせながら生きています。

もしつらい状況に立たされるようなことがあった場合は「ここが自分の正念場である」「これを乗り越えることが、今の自分の課題である」と前向きに考え、一生懸命自分を律する努力をします。

そのような経験を積み重ねているため、彼らは、多少のことでは動じません。

日々自分の精神を鍛えているため、感情に振り回されるということがほとんどないのです。

3.自分の意見をしっかりと持っており、それをきちんと言葉で伝えることができる

凛とした人は、自分の意見をしっかりと持っています。

彼らは、何かを目にしたり耳にしたりした時「このような場合、自分だったらどうするだろうか」と、必ず自分に置き換えて考える習慣が身に付いています。

その積み重ねが、彼らの内面を作り上げているのです。

彼らは、自分の意見を心の中だけに押し留めておかず、必要な時には、それをきちんと言葉にして相手に伝えるように心掛けています。

そのため、周りの人からの理解を得やすく、話をスムーズに進めることができます。

4.自分に非があった時は、潔く認めることができる

どんなに凛とした人であっても、やはり人間です。

時には、間違った行動や言動をしてしまうこともあります。

そのような時、彼らは、潔く自分の間違いを認めて謝罪し、引き下がることができます。

自分が間違ったことをした時、人はどうしても「このままでは引っ込みがつかない」と意地を張り、なかなか引き下がろうとはしないものです。

しかし、凛とした人は「自分が間違っていた時に謝罪できなかったり、引き下がることができないことは恥ずかしいことである」と考えています。

そのため、抵抗なく頭を下げることができます。

自分が責任を取らなければならなくなった時も、逃げることなく、潔く責任を取ります。

この姿が多くの人の心を動かし、尊敬を集める結果になります。

5.いつも前向きに生きており、表情が生き生きしている

凛とした人は、いつも前向きに、人生を楽しみながら生きています。

彼らは「人生は面白い冒険である」と考えて生きているので、どんな経験も前向きに受け入れ、どんどん新しいことに挑戦していきます。

時にはピンチに見舞われることもありますが、それすらも「貴重な人生経験の1つ」と考え、前向きにチャレンジしていくことを決してやめません。

そのため、他の人よりも経験値が高いということも大きな特徴です。

彼らは、そんな自分の生き方に誇りを持っています。

そのような生き方が表情に表れるため、凛とした人は皆、表情が豊かで生き生きしています。

そのため、彼らからは、太陽のような明るいオーラがいつも醸し出されています。

その魅力的な姿に惹かれてしまう人も多く、彼らの周りには、彼らに憧れる人たちがいつもたくさん集まってきます。