両家顔合わせに最適な手土産5選。相手方に喜ばれる手土産を持参しよう

最終更新日:2016年1月24日

初めての両家同士の顔合わせ。

何度か彼のご自宅にお邪魔したり、時には自分の実家へ招いたりしたことはあっても、「両家の顔合わせ」ともなると、いつもとは状況も雰囲気も全く違うもの。

気の利いた手土産で彼のご両親の心をキュッとつかみましょう。

1.カフェ・オウザンのクロワッサンラスク

日本初のクロワッサンをラスクにしたこちらのお店。

箱を開けた瞬間、「わ~っ、キレイ」と思わず声を上げてしまいそうな、女子力のかなり高い手土産です。

相手のお母様が若く、可愛い物や新しい物が大好きならば、ウケの良いこと間違いありません。

インターネットでも購入可能なので、地方に住んでいて「なかなか気の利いたお土産が買えない」と悩んでいる方にもオススメです。


2.ぎんざ空也空いろの詰め合わせ

和菓子好きのご両親には、こちらがオススメ。

「なかなか買えない和菓子」の代表、銀座にある空也もなかの5代目が、現代版にアレンジして新たなコンセプトで作ったのがコチラのお店です。

定番のどら焼きをミニサイズにしたものや、こだわりの粒あんをまあるいクッキーで挟んだものなど、見た目にも可愛らしい物ばかり。

味はもちろんのこと、その食べやすさも魅力です。

詰め合わせのギフト用BOXは淡いピンクやブルーで、女性らしい優しさも一緒に伝わりそうな柔らかなカラー。

こちらもインターネットでのお取り寄せが可能です。


3.オーボンヴュータンプティのプティフールセック

代官山から尾山台へ移転した、洋菓子業界では有名なこちらのお店。

老若男女問わず、誰からも愛されている老舗洋菓子店のひとつです。

このプティフールセック、一見、普通の小さなクッキーの詰め合わせですが、ひとつ食べるとそのクオリティの高さには誰もが納得。

口の肥えた彼のご両親やご家族にも、きっと気に入られること間違いなしです。

電話やFAXでお取り寄せも可能で、約一週間ほどで受け取れます。

都内または東京近郊の方は、日本橋高島屋にある支店で購入することも可能です。


4.銀座千疋屋の苺あまおう

手土産には「日持ちするもの」が鉄則ですが、ココはちょっとイレギュラー。

「なかなか自分では買えないけれど、もらったらすごく嬉しいもの」のひとつ、旬の高級フルーツはいかがでしょう。

健康志向の強いご両親や、甘いものが苦手なご両親にも、季節の果物はきっと喜ばれるはず。

フルーツを取り扱うお店はたくさんありますが、顔合わせなどかしこまった席では、やはり「高級店」へ。

品質とラッピングにもきちんと気を配ってくれる、失敗のないお店をセレクトすることが重要なポイントです。


5.とらやの最中詰め合わせ

「絶対失敗したくない」という人には、やはり長く定番として愛されているコチラがオススメです。

中身は紅白の桜を型どった、可愛らしい皮で包まれた白あん・こしあん・粒あんの3種の最中。

おめでたい席の定番として長く愛されてきた逸品です。

相手のご両親がご年配の場合や、地方に住むご両親など、しきたりにウルサイご両親にも失敗のない手土産のひとつです。

落ち着きと、思いやりの気持ちも一緒に伝えられる、ちょっぴり大人なセレクトです。

両家顔合わせに最適な手土産を渡そう

昔は顔合わせというと、「日持ちのする物」、「縁起のいい物」、「長く使える物」として、「紅白饅頭」・「昆布」などが定番として挙げられていました。

ところが最近では、ご両親の年齢がどんどん若くなってきていることを背景に、以前ほどさほどこだわらない家庭も増えてきました。

とはいえ地方によっては未だに定番の品を大切に考えている地域もあります。

彼の出身地なども考慮したうえで、事前に彼としっかり相談することもお忘れなく。