料理好きな人への効果的なアプローチ方法とは。料理話から盛り上がろう

恋愛アプローチ最終更新日:2018年4月28日

最近は、女性だけでなく男性も料理をする人が増えています。

そういう人を好きになったら、どうやって近づいていけばいいのでしょうか。

料理好きな人へのアプローチ方法は、実は色々なやり方があります。

1.「どんな料理が得意なんですか」と尋ねてみる

料理好きな人へのアプローチ方法に「どんな料理が得意なんですか」尋ねてみる方法があります。

料理と言うと、沢山の種類があって、何が得意なのか気になります。

和食やフレンチにイタリアンぜひ「お得意の料理」を教えてもらいましょう。

料理好きな人は、料理の話をするのが楽しいと思っています。

ですから「どんな料理が好きなんですか」とか「得意料理は何ですか」と聞かれたりすると「自分は○○が好きで」と、いそいそと会話に乗ってきたりします。

あれこれと料理の話をしているうちに、相手は「自分の好きなことを分かってくれる」という風に感じて、きっと好感を持つことっでしょう。

料理が好きな人は、その人の得意料理を聞き出して、どうしてその料理が好きで得意なのか、色々と二人で話してみましょう。

そうすれば、相手の気持ちをこちらに向けることができるようになるはずです。

2.「どうして料理が好きになったのか」を聞いてみる

料理好きな人へのアプローチ方法として「どうして料理が好きになったのか」を聞いてみるのがオススメです。

そういう話を通して、二人の仲を深めていくことができるでしょう。

「どうして料理好きになったのか」と聞かれたら、きっとその人なりの理由を説明してくれるはずです。

「料理を作っているとストレス発散ができる」とか「料理はクリエィティブで、芸術的である」などと、その人が感じていることを話してくれます。

そういう相手の気持ちを色々と聞くことで、その人の性格や興味があることを知ることができます。

そして相手も「自己開示」をすることによって、こちらに対して心を開いていくようになるでしょう。

どうして料理を好きになったのか、その理由は、色々なものがあるはずです。

そういうことを知っていくことによって、相手は「自分のことを分かってくれる」と思うようになりますし、こちらも相手の性格を知ることができて、双方にとってベストなアプローチ方法となるでしょう。

3.「オススメの調味料や味付け」を教えてもらう

料理好きな人へのアプローチをするには、相手の知っていることを教えてもらうというのも、ナイスなアプローチ方法となります。

その人が知っている「オススメの調味料」や「味付け」を教えてもらって、一気に二人の仲を近づけてしまいましょう。

料理好きな人というのは、自分なりのこだわりや知識を持っています。

そういうものを人から聞かれたりすると、つい知識を披露したくなって「オススメは○○で」と、あれこれと語りたくなります。

そしてそういう話をしている時に、相手が「へ~、そうなんですか」と感心してくれたり、じっくりと話を聞いてくれたりすると、人から認められたようで、心の中で嬉しくなってしまいます。

料理好きな人なら、きっとオススメの調味料やこだわりのある味付けがあるはずです。

それらを聞き出しながら、二人の間柄をグッと近づけてしまいましょう。

4.「簡単にできるオススメ料理」をレッスンしてもらう

料理好きな人へのアプローチ方法で、二人が親しくなるには、料理のレッスンをしてもらうことです。

「簡単にできるオススメ料理」を教えてもらいたいそう言って、その人から料理を習ってしまいましょう。

料理好きな人というのは、料理を教えてと言われると、つい張り切ってしまうことがあります。

自分が頼りにされているようで、あれもこれも教えたくなります。

ただあまりに難しくて本格的な料理だと、作る自分も大変ですし、相手も色々と準備をしなくてはならず、面倒です。

相手に負担をかけないような「簡単な料理」をレッスンしてもらって、二人で楽しい時間を過ごしてみましょう。

そういう時、料理のレッスンにかかる費用は、当然ですが自分で出すようにsましょう。

そうでないと、相手はもしかしたらちょっと不満に感じてしまうかもしれないからです。

5.「今まで作った料理」の写真を見せてもらって褒める

料理好きな人というのは「今まで作った料理」を、写真に撮っていることがあります。

そういう写真を見せてもらい、色々と感想を述べてみるのです。

「すごいですね」とか「おいしそう」と言われているうちに、相手はきっと良い気分になることでしょう。

料理好きな人がわざわざ写真を撮っているのは「上手にできた料理」だからです。

「今回の料理はイマイチの出来だ」と思ったら、わざわざ写真を残していたりしません。

その人の作った料理は、本人にとっては「作品」とも言えます。

そういう料理を思い切って褒めてみることで、その人はとても嬉しく思うはずです。

「わあ、本当においしそう~」という風に、少し大げさでもいいので、思いっきり褒めてみましょう。

「大した料理ではないよ」と言いながら、きっと他の料理の写真も見せてくれるようになります。

「こんなのも作ったことがある」と、何枚も写真を見せてくるようになったら、それは間違いなくこちらに対して気持ちを開いてきたということです。

料理好きな人へアプローチしていこう

料理好きな人へのアプローチ方法は、ともかく料理のことについてあれこれと聞いてみることです。

好きなことなら、誰でも色々話したいし、持っている知識を披露したいと思うはずです。

上手に料理好きな人の「ツボ」を上手に押さえるようにして、相手の気持ちを惹きつけるようにしましょう。

 

    「料理好きな人への効果的なアプローチ方法とは。料理話から盛り上がろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く