酒癖を良くする方法とは。お酒を飲んでも暴れない様になろう

日々の生活最終更新日:2018年4月27日

酒癖が悪く、つい飲みすぎてしまうという人はいませんか?酒癖が悪いと自己嫌悪に陥りやすくなってしまいます。

ここでは、そうならないために酒癖を良くする方法についてご紹介します。

1.ストレスを溜めない

酒癖が悪い人の多くがストレスに悩まされています。

ストレスが溜まり、お酒に逃げてしまいます。

ですので、ストレスが原因で酒癖が悪くなってしまうなら、ストレスを溜めないようにする事が一番です。

ストレスから解放される事でお酒に逃げなくても精神を安定させる事ができます。

ストレスを溜めない方法は人それぞれです。

自分に合った解消法が見つかっていないという人は、お酒を飲む前にストレスを解消する方法を見つけるようにしましょう。

ストレスを解消する方法ですが、人によって答えが違います。

ですので、答えを見つけるために酒を飲みたい気持ちを我慢して自分なりの解消法を模索しましょう。

これまでストレスを解消する事を意識した事が無く自分でも何が効果があるのか全く分からないという人は、インターネット等にストレス発散法が色々と紹介されているので、自分に合いそうなものから試してみましょう。

手っ取り早くストレスを解消したい場合は、アロマがオススメです。

ラベンダー等のアロマには気持ちを落ち着け、リラックスさせる効果があるからです。

自分なりにストレスを上手く発散できる事でお酒を飲まなくても良くなるので、上手くストレス解消ができないという人は是非積極的に解消法を探して下さいね。

2.夢中になる事ができる趣味を見つける

酒癖を良くするにはまずお酒に逃げなくてもいい状況を作る事が大切です。

そのためにオススメしたいのが、夢中になれる趣味を見つける事です。

趣味に夢中になる事でお酒を飲むよりも趣味の時間の方が楽しくなるので、あまりお酒を飲まなくても良くなります。

また、趣味を見つける事で人生が充実します。

人生が楽しくなる事でお酒を飲んでも他の人に愚痴を言ったり、泣いたり等しなくてもよくなるので、自然と酒癖が良くなります。

ですので、無趣味の人はこれを機会に趣味を見つけるようにしましょう。

どんな人にも必ず好きになる事ができる趣味があります。

そして、今趣味の数は驚くほど増えています。

それを探すのも楽しいです。

また、趣味は一つに絞る必要はありません。

好きな事や興味のある事ならどんどんチャレンジしてみましょう。

チャレンジする事は緊張する事でもありますが、同時にとても楽しい事でもあります。

お酒に逃げずに、趣味を見つけて自分の可能性をどんどん広げるようにしましょう。

3.飲み会の時は事前にしっかりと対策をする

飲み会で酒癖が悪くて失敗をしてしまったという経験を一回でもした事がある人は、飲み会の前にしっかりと対策をしておきましょう。

飲み会で酒癖が悪い事が知られてしまうと、場合によっては二度と誘ってもらえなくなる可能性があります。

一番良いのは飲まないようにする事です。

「今日は飲むよりも食べる事に専念する」「明日用事があるからお酒は控える」等周りに宣言しましょう。

どうしても一杯だけでも飲みたいという時は、酔わないように事前に対策をしっかりとしておきましょう。

アルコール度数の低いお酒しか飲まないようにする、事前にウコンが入っている飲み物を飲むようにする、酔いにくいおつまみや料理を食べる等酔いにくくする方法はたくさんあります。

自分できちんと自分の事を知り、対策を取る事で酒癖が悪い自分の姿を見られずにすむようになります。

4.お酒との上手な付き合い方を覚える

酒癖が悪いという事は、お酒と上手に付き合う事ができていないという事です。

ですので、上手なお酒との付き合い方を身につけるようにしましょう。

毎日飲まずに休肝日を作るようにする、自分がどのお酒が合うのかを知る、人と合う時は飲まないようにする、一人の時でも飲む時はビール缶一本だけにする等お酒との付き合い方を身につける事で徐々に酒癖を良くする事ができます。

5.あまりに悩んでいる場合は病院へいく事も考える

酒癖が悪くて悩んでいるという人や、酒癖が悪いのを分かっているのにそれでもお酒を飲んでしまうという事に悩んでいる場合は、それ以上お酒を飲んでしまうとアルコール依存症になってしまう可能性があります。

ですので、あまりに酒癖の悪さに悩んでいる時は病院へいくようにしましょう。

アルコールについての悩みを相談できる病院は全国各地にあります。

きちんと病院へいき、医師に診てもらう事で症状が改善されます。

また、相談できる場所がある事で大きな安心感を得られます。

酒癖を良くしよう

酒癖を良くする方法についてご紹介しました。

酒癖が悪くて悩んでいる人は、他の人に迷惑をかけたり、嫌われてしまったりする前に早く対策をしておきましょう。

特にお酒を飲むのが止められなくなっている場合は、それ以上進むと酒癖が悪いどころかアルコール依存症になる事も考えられます。

自分で事前にきちんと対処をする事でお酒と上手に付き合えるようになります。

また、あまりに酒癖が悪い場合は病院へいく事も考えましょう。

 

    「酒癖を良くする方法とは。お酒を飲んでも暴れない様になろう」への感想コメント一覧

  1. 1. はな2018/05/09(水) 12:40

    酒癖の悪い人とは一緒に飲みたく無いです。本人が自覚しない限り、いくら他人が言っても治らないですよね。そういう人とは距離をとるしかないです。