気になる彼へさりげない脈ありアピールをする方法とは

最終更新日:2017年11月29日

気になっている人にアプローチをかける際に、どのような方法を取るでしょうか。

真正面からアピールするという人もいれば、さりげなくわからないようにアピールする人もいることでしょう。

では、さりげなくアピールをするためには、どのような方法を取ると良いのでしょうか。

今回は、気になる彼にさり気なく脈ありを伝える方法をご紹介します。

1.LINEを長引かせる

気になる彼にさり気なく脈ありを伝える方法として、LINEを長引かせる方法があります。

LINEをするときには個性がでる事が多く、要件だけ伝える人、特に関係のない出来事もついでに話す人など、人によってLINEの使い方は異なります。

また、相手によっても変わることも多く、親しい人とは長くLINEを続け、そこまで親しくなければ要件だけ伝えて終わりということも多いでしょう。

このような人が持つ性格を利用したアピールとして、LINEを長引かせる方法があります。

LINEを長引かせるということは、あなたともっと話したいというアピールであり、察しのいい男性であれば、要件は終わったのにLINEが終わらないことに対して注目することでしょう。

たとえ気づいてもらえない場合にも話を続けることができるので、アピールとしては問題ありません。

このように、LINEを長引かせるのは有効な方法であり、さり気なく脈ありを伝えることができます。

2.ハートマークを使う

気になる彼にさり気なく脈ありを伝える方法として、ハートマークを使う方法があります。

ハートマークを使う女性は多いですが、興味のない男性に使うことは避けることでしょう。

ハートマークで誤解してしまう男性も少なくないので、興味が無いのであれば、当たり障りのない顔文字や絵文字でやり過ごす女性がほとんどです。

そのため、わざわざハートマークを使うことは男性へのアピールへとつながり、直接的ではないものの、男性に気持ちを伝えるには良い方法だといえるでしょう。

また、ハートマークを使われた男性としても、もしかして気があるのかなと意識します。

男性としても、誰にでもハートマークを使うことはないだろうと考えているので、自分に対してハートマークを使うことはもしかしたらと想像をします。

このように、直接的ではなくても好意を伝える方法はあり、ハートマークは簡単に好意を伝えることができる便利なマークです。

3.積極的に話しかけてみる

気になる彼にさり気なく脈ありを伝える方法として、積極的に話しかけてみる方法があります。

自分から話しかけるということは少なくとも興味がある、仲良くなりたいというサインです。

男性としても受け入れないことはなく、むしろ話しかけてもらえて嬉しいと感じることでしょう。

そのため、積極的に話しかけてみることは有効であり、さりげなく好意を示すことができます。

また、話す内容はなんでもよく、話す頻度が大切だといえるでしょう。

しかしながら気をつけるべき点もあり、あまり業務的な内容にしないことが大切です。

なにかと用事を作って会話をしてしまうと、業務的な会話にしかならず、好意があることを十分に伝えきることが出来ません。

そのため、どちらかといえば他愛のない会話をすることが大切であり、どうせ話をするのであれば、用事などの堅い話ではなく、趣味などのプライベートな話のほうが良いでしょう。

4.さりげなく隣りに座る

気になる彼にさり気なく脈ありを伝える方法として、さりげなく隣りに座る方法があります。

気になる彼と一緒に行動をする機会が多いのであれば、座る機会も当然多いでしょう。

例えば、サークルでの活動、飲み会などのような場面において、彼の隣を確保します。

大抵は自由に決められているものなので、意図的に隣に座ることによって、気になる彼に好意をアピールすることができるでしょう。

あまり直接的なことが苦手なのであれば、色々なところを回るついでに彼のところにいき、軽く話をするのも良いでしょう。

このような行動が大切な理由として、自分から近づいていっているという過程があるからです。

当然のことではありますが、興味のない人や嫌いな人とは近づくわけもなく、一緒にもいません。

しかし、相手から近づいてきてくれるのであれば、その人は自分に好意的なのだと解釈することができます。

また、男性としては女性に自分から近づいていくことを遠慮することも多く、男性同士で固まりがちです。

このような時に女性から近づいてきてくれることは嬉しいことであり、興味を持ってくれているのだろうかと察する要因にもなります。

さりげなく脈ありアピールをしよう

気になる彼にさり気なく脈ありを伝える方法としては、他の男性と区別をすることです。

誰にでもするのではなく、気になる彼だからこそ行う行動をしましょう。

この時に注意するのはあくまでもさり気なくであり、明らかに態度が違うなどの行動は嫌われやすいので、特別扱いをするなどのプラスな行動を取るといいでしょう。