度が過ぎるアピール行動とは。過度なアプローチは避けよう

最終更新日:2017年11月29日

気になる男性へのアピールは大切であり、いかにして自分を意識してもらうかは重要です。

しかし、度を過ぎたアピールは逆効果であり、嫌われてしまうことにもつながってしまうことでしょう。

では、このような過度なアピールとは、一体どのようなアピールが該当するのでしょうか。

今回は、度が過ぎていると思われる好きな男性へのアピールをご紹介します。

1.用がないのにメッセージを頻繁に送る

度が過ぎていると思われる男性へのアピールとしては、用がないのにメッセージを頻繁に送ることが挙げられます。

LINEなどでメッセージを送ることは、アピールの一つとして有効だと考える人も多いことでしょう。

確かに、会話の頻度を増やすことは重要であり、相手との距離を近づける第一歩です。

また、LINEなどで仲良くなってから、直接話をしだす人も多く、このようなアピールは有効だと考えられています。

しかし、度が過ぎるとアピールも逆効果になってしまい、相手に不信感を与えてしまいます。

例えば、用もないのに毎日メッセージを送っていては、男性側も困惑してしまうことでしょう。

そんなに親しくもないのに、特に話す内容があるわけではないのに、などと思われてしまい、メッセージを送ることが逆効果になってしまいます。

このように、用がないのにメッセージを送ることは印象を悪くし、アピールが失敗してしまいます。

2.ボディタッチなどのアクションが多い

度が過ぎていると思われる男性へのアピールとしては、ボディタッチなどのアクションが多い人です。

ボディタッチは男性へのアピールとして有効であると考える人も多くいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

あまりにもボディタッチが多ければ、誰にでもこのような行動をしてるのでは、と思われてしまいます。

また、頻繁にボディタッチを受ける男性側も疑問に感じ、怪しさを感じてしまいます。

このように、ボディタッチは男性が喜ぶと勘違いし、過度なアピールは嫌われてしまいます。

3.会話に強引に入り込もうとする

度が過ぎていると思われる男性へのアピールとしては、会話に強引に入り込もうとすることです。

男性が別の人と会話をしている時に、無理やり入り込んで話を勧めた経験のある人もいることでしょう。

このような行動は男性と話すチャンスを作ることには成功していますが、アピールという観点からは大失敗をしているといえます。

この状況を自分に置き換えて考えてみると、自分が友達と話している時に、あまり知らない人が会話に入ってきたのと同じであり、友達と話していたのに邪魔をしないでほしいと思われることでしょう。

会話に入っていくことが問題なわけではありませんが、自然な入り方というのは重要です。

無理やり入り込んで話題を変える、先に話していた人に遠慮させてしてしまうなどの行動は評価を下げることになるでしょう。

このように、会話に強引に入り込もうとすることは度が過ぎたアピールであり、男性からの評価を大きく下げるNG行動だと意識しておいたほうが良いでしょう。

4.いきなり食事や遊びにいくことに誘う

度が過ぎていると思われる男性へのアピールとしては、いきなり食事や遊びにいくことに誘う行動です。

遊びにいくことや食事にいくことは仲良くなるための行動ではありますが、やはり順序と言うものは存在しています。

仲良くなりたいからといっていきなり遊びに誘っても男性は困惑するだけであり、まだそこまで親しい関係ではないのに、と感じてしまうでしょう。

遊びにいくことや食事にいくことは悪いことではないのですが、男性との距離感を誤ったまま誘ってしまうと、男性側が少し引いてしまう可能性も意識して誘わなければなりません。

5.男性のいる場所にいつもいる

度が過ぎていると思われる男性へのアピールとしては、男性のいる場所にいつもいることです。

好きな男性のそばにいたいことは理解できますが、いつもそばにいると違和感でしかありません。

関係も無いのに一緒にいるとストーカーと間違われてしまう場合もあり、気をつけたほうが良いでしょう。

自分ではバレていないと感じていても気づかれている場合も多いので、過度な行動は慎みましょう。

どうしても一緒にいたいのであれば、共通の友人に仲介してもらうなどのように、できるだけ自然な方法を考えてアピールすることが大切だといえます。

度が過ぎるアプローチは避けよう

度が過ぎていると思われる男性へのアピールのほとんどは、好感度が足りないために起こることです。

彼女であれば当然な行動でも、他人であればおかしいと感じてしまうことはよくあるでしょう。

度が過ぎているアピールというものは、この距離感を誤っていることが多く、付き合ってもいないのに彼女が如く振る舞ってしまっているのです。

自分はまだ付き合っていないということを意識して、適度な距離感でアピールを続けることが、好きな男性と仲良くなる方法だといえるでしょう。