腸の調子を整える整腸食べ物3選!ポイントは食べ方と時間帯にアリ!

自分磨き最終更新日:2014年9月20日
女性のお腹

どうも胃がもたれるとか、妙に食欲がわかないと感じられたら、
それは整腸を行う必要アリのサインです。

そんな時にオススメなのが腸を整えると言われている食べ物なのですが、
肝心なのはその食べ方と食べる時間帯にあります。

折角整腸作用のある食材であっても、
調理法等を間違えると整腸を望む事は難しいので、
最適な食べ方と時間帯で腸を整えましょう。

1.スムージーは簡単に作り、ゆっくり噛むように飲む

近年ダイエット食として脚光を浴びているスムージーですが、
このスムージーは整腸にはもってこいの食品です。

整腸を目的にした場合は、
青物の野菜類はあればあった方が良いのですが、
無ければ特に買いに走るほどの意識をする必要はありません。

一番簡単な整腸を助けるスムージーは、
リンゴと牛乳だけでも十分でミキサーにリンゴを皮ごと乱切りにした物を入れ、
そのリンゴの頭の部分が少し顔を出す程度の分量の牛乳を投入して、ミキサーにかけるだけです。

この時リンゴが全て粉状態にする必要もありません。
ほんの少しリンゴのシャリシャリ感があるトロリ状態のスムージーを、
ゆっくり噛むようにして180ccのカップに一杯程度、食べてみて下さい。

しばらくは満腹感がありますが、
時間の経過と共に整腸の兆しとして胃もすっきりして重たさが消えるはずです。

2.ヨーグルトは上澄みの乳清もきちんと摂取

プレーンヨーグルトをコップ8分目ほどの量を、
キウイやバナナをいれて食べる事も整腸作用があると言われています。

この時に気をつけて欲しいのが、ヨーグルトの上澄み液の乳清です。
この乳清を必ずヨーグルトに混ぜてから、食べる事がポイントです。

よく捨てる人がいますがこの乳清が腸やお肌には、
大変な効果を持っていると言われれいますので、忘れずに摂取するようにしましょう。

3.お粥は白米で作って食べる

整腸薬のまだ無い頃から整腸を助けて来たお粥は、
今もなお整腸には欠かせない食品の代表です。

最近の家庭では五穀米を美容の為に3食とりいれていたり、
麦御飯を好む人も少しずつ増えているようですが
整腸を目的にする場合は、出来る限り白米のお粥にすることが良いでしょう。

なぜなら五穀米等は栄養価はあっても、
消化されにくい食品の一つでダイエットには効果があっても、
整腸には不向きの部分があるのです。

白米のお粥の味付けですが出来る限り薄味か茶がゆがオススメです。
お茶の効用はいうまでも無くカテキンと殺菌能力もあって、
整腸効果を高めます。

整腸に効果を表す食品は多くありますが、
これらの食べる時間帯も注意が必要で、極力就寝時刻の4時間前までに食べた方が良いと言われています。
これも、胃の調子と整腸の為には守っていきたいところです。

 

    「腸の調子を整える整腸食べ物3選!ポイントは食べ方と時間帯にアリ!」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。