誠意を見せろと言われたらどうすればよいのか。きちんと誠意を示す行動をしよう

仕事/ビジネス 日々の生活最終更新日:2018年4月27日

誠意を見せるということはどういうことか、それを理解していないと、もしかしたら取り返しがつかなくなってしまうかもしれません。

何か失敗してしまったり、誰かに迷惑をかけた時、もうこれ以上泥沼化しないためにも、きちんと誠意を見せておくことはとても重要です。

1.はっきりと「申し訳ありませんでした」言葉を口にして謝る

誠意を見せるということはどういうことか、それは相手に対してきちんと謝罪をすることです。

心で思っているだけではなく、はっきりと「申し訳ありませんでした」と口に出して謝ることで、相手も怒りの矛先を収めてくれるでしょう。

何か悪いことをしてしまって、こちらも心の中では「本当に申し訳ない」と思っていることもあります。

しかし、いくらそう思っていても、相手にきちんと謝罪の意思が伝わらないと、それは結局謝っていないも同然となります。

悪いと思っていることを言葉にして伝えないと、いつまでたっても相手はこちらが悪いと思っていることは分からないでしょう。

そしてその人の前で、きちんと頭を下げて謝罪すること、そうやって態度で示すことこそ、誠意を示すことになります。

2.相手が納得するようにしっかりと説明する

誠意を見せるとはどういうことかというと、それは相手が納得するようにしっかりと説明することです。

「すまなかった」と謝るだけで、きちんと弁明をしないようでは、きっと相手はいつまでたってもモヤモヤとした気持ちを抱えたままでいるはずです。

先方に不利益が生じた時、きちんとお詫びをすることは当然のことです。

それだけでなく「どうしてこうなってしまったのか」ということを、相手は知りたがっていることを忘れてはいけません。

詳しい事情を知ることで、苛立っていた気持ちを落ち着かせることができますし、場合によっては「そういう事情なら仕方がない」と理解を示してくれるかもしれません。

誠意を見せるということは、相手が納得するように、経緯や諸々のことを説明することです。

その手間を省いてしまうと、決して「誠意を見せている」とは言えないでしょう。

3.被害が生じた場合は弁償する

誠意を見せるということはどういうことなのでしょうか。

それは、時と場合によっては金銭面も関係してくることがあります。

自分が欠けてしまった迷惑のせいで、相手に被害や不利益が生じてしまった場合は、弁償を視野に入れて考える必要があります。

こちらは悪気がなくても、思わぬ形で人に惑をかけてしまうことがあります。

電車や飛行機の格安切符を取る担当だったのに、その手続きに不備があって、予定外の費用がかかってしまうこともあるでしょう。

そういう時、先方は何も言わなくても、心の中で「本当はこんな出費はなかったはずなのに」とがっかりしてしまっているはずです。

そういう時、余計な出費が生じたとしたら「自分も少し出します」と申し出てもいいのではないでしょうか。

他にも「車に傷つけてしまった時」とか「相手の持ち物を壊してしまった時」など、弁償する気持ちを見せた方が無難です。

その一言を言うだけで、相手の気持ちもおさまるということはよくあることです。

誠意を見せるということは、相手の金銭面での被害をしっかりと弁償することでもあります。

そこをおろそかにしてしまうと、きっと相手はなかなか気持ちが落ち着くことはないでしょう。

4.相手が納得して気持ちが落ち着くまでとことん付き合う

誠意を見せるということはどういうことか、それは色々な形や方法があります。

その中でも「相手が納得するまでとことん付き合う」ということは、とても大切なことだと言えるでしょう。

相手が受けたダメージやショックが意外と大きい場合、何回か「すみませんでした」と言っても、なかなか許してもらえないということがあります。

いくら誤ってもらっても状況は変わらない、だからこそ許せないそういう気持ちになっているのです。

「状況が変わらないなら、やるべきことはないのではないか」とか「もうこれ以上こちらからアクションを起こす必要はないのではないか」と思ってしまいがちですが、そうではありません。

そういう時こそ、相手の愚痴をとことん聞く、そして相手が気持ちを立て直すのに付き合うようにするということが大切です。

相手がずっと文句や愚痴を言い続けていても、黙ってその言葉を聞いて気持ちを寄り添うようにしてみましょう。

そうするうちに、段々と落ち着きを取り戻して、こちらの誠意を感じ取ってくれて、何とか納得してくれます。

誠意を見せろと言われても慌てないこと

誠意を見せるということはどういうことか、それは相手の立場でとことん考えてみることです。

そうすれば、どうしたらいいのかがきっと分かるはずです。

何か迷惑をかけてしまった時ほど心苦しいですが、目をそらさないで相手の気持ちに寄り添うようにしましょう。

そのように対応することで、こちらのお詫びを受け入れてくれるはずです。

そして人間関係を良くしていき、信頼をもう一度取り戻せるようになるかもしれないのです。

 

    「誠意を見せろと言われたらどうすればよいのか。きちんと誠意を示す行動をしよう」への感想コメント一覧

  1. 1. ろこさん2018/05/04(金) 23:44

    たしかに誠意をみせるというのは簡単ではない。しかし謝罪、説明、時間を惜しまず丁寧に対応し、気持ちを伝えるということは基本であり、いいわけがましくすることで、誠意が濁ることに繋がるのだなぁと感じた。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/18(金) 11:03

    こうして読んでみると、1番目から4番目まで順番になっていることがわかります。
    謝罪の言葉、これが誠意の基本であることを改めて考えさせてくれます。

この記事への感想を書く