器用貧乏な人が向いている仕事とは。自分のペースで出来る職種が向いている

仕事/ビジネス最終更新日:2018年4月27日

器用貧乏とは、器用に何でも出来てしまうので、多くの事に手を出して1つも成功を収められない人や、器用さを他人に利用されて、自分が認めてもらえない人のことです。

器用な事は良い事なはずなのに、何故か損をしてしまう器用貧乏な人に向いている仕事をご紹介します。

1.作曲家

どんな分野でも器用にこなせる器用貧乏な人は、絶対に成し遂げるというハングリー精神が足りない為、実力はあってもなかなか、評価があがりません。

そんな器用貧乏は、音楽の分野に興味があるならば、作曲家がオススメです。

アーティストに楽曲を提供する作曲家は、良い曲が作れる器用さがあれば、アーティストやプロデューサーなど、様々な人が作品を彩って、より良い形で世に送り出す事が出来ます。

また、カラオケや、公の場で楽曲を使用された時の楽曲使用料や曲の印税のほとんどが、アーティストではなく、楽曲を作った人に支払われる仕組みになっています。

万が一他の分野への興味がいっぱいになって、作曲が手に付かなくても、名曲を持っていれば、曲が使われる度に収入が得られるのです。

2.経営コンサルタント

器用貧乏なひとには、経営コンサルタントという職業も向いているのでしょう。

幅広い知識を蓄える事が出来るので、様々な仕事の知識や経営に関するスキルを身につけておけば、器用貧乏の性質を存分に発揮した良い仕事が出来るでしょう。

1つの会社という組織を懸命に守る事よりも、組織を守りたい多くの会社に知識を提供するというのは、器用貧乏な人にとって天職になり得ます。

色々な事に関心があるからこそ、知識が豊富になり、アドバイスという形の仕事で周囲からの高い信頼を得られます。

各企業を冷静に分析して、それぞれに合った、的なアドバイスをする事が出来るでしょう。

3.心理カウンセラー

多方面から物事を捉え、柔軟な発想が出来るのが、器用貧乏の良いところです。

そして、その柔軟さは、人の心を癒し、解きほぐします。

思えば昔から、よく悩みを相談されるタイプだったという人も多いはずです。

器用貧乏な人は、コミニケーション能力が高く、色々な人と満遍なく良い関係を築く事ができるでしょう。

接しているうちに、自然と本音を漏らしたくなるような居心地の良さを与えますが、悩みを相談されても、自分のプライペートにまで持ち込む事なく、上手に対処出来る、器用貧乏な人には、心理カウンセラーがとても適しています。

4.プロデューサー

一言にプロデューサーと言っても、様々な種類がありますが、器用貧乏な人は、興味のあるジャンルをプロデュースする事で、大きなやり甲斐と、高い評価を得られる資質があります。

そもそもセンスが良いので何事もソツなくこなす事が出来るのです。

ただ、今ひとつ足りない何かが成功を阻んでいるとすれば、見極めるセンスの良さを活かして、第三者を通して反映させると、思い描いていた理想が完成するでしょう。

直感的に良いと思った物や、人物に1番似合うものを見つけ、プロデュースする力を誰よりも持った人です。

5.PAエンジニア

PAエンジニアは、アーティストのコンサートや舞台、ライブなどのイベントで、PA(音響設備)を駆使して、音の調整をする仕事です。

PAエンジニアは、あくまでもイベントを支える裏方で、観客の注目を浴びる事はありませんが、音と機械のスペシャリストとして、音響機材の選定から配置、撤収、時には配線図の作成も行います。

華やかな表舞台の裏には、PAのマニアックな知識と技術が欠かせません。

自分の得た音や工学の知識を使って、アーティストの演出を最大限に引き立てる仕事の魅力は、分かる人にしか分からない特殊な面白さがあります。

少々飽きっぽい所がある器用貧乏な人の、好奇心も満たしながらキャリアを積む事が出来る仕事です。

6.自営業

器用貧乏な人には、自分のペースで出来る仕事が向いています。

思い切って自分の店を持つという選択を視野に入れるのも良いでしょう。

良くも悪くも、あらゆる事を幅広くこなせるので、仕入れから接客、営業、経理と、1人でもそこそこ会社を回していけるだけの能力があります。

また、売れるものを見極める着眼点は目を見張るものがあるので、あとは人を見る目を養って、会社を一緒に盛り上げてくれる適任者を見つけられれば、商売が繁昌する事、間違いなしです。

器用貧乏な自分に適した仕事をしよう

器用貧乏な人は、止まらぬ知的好奇心を満たしてくれるような面白みのある仕事でないと、すぐに飽きが来てしまいます。

その中でも、自分のペースで出来る仕事や、自分以外の誰かを影で支え、輝かせる仕事では、器用貧乏の強みを存分に発揮出来るでしょう。

あと一歩のところで成功を逃してしまうなら、自分と共に表現者となってくれるパートナーを探しましょう。

そして、知り得た多くの知識をもったいぶらずに、どんどん発信する事がやり甲斐のある仕事に繋がります。

 

    「器用貧乏な人が向いている仕事とは。自分のペースで出来る職種が向いている」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く