センシュアルになる方法とは。本能を呼び覚まして官能的になろう

自分磨き最終更新日:2018年1月2日

「センシュアル」とは「官能的であること」です。

センシュアルな人は、ただそこにいるだけでも独特の色気と存在感が漂い、多くの異性を虜にしてしまいます。

ではセンシュアルになるためには、どうしたら良いのでしょうか。

その具体的な方法をご紹介します。

1.生活の中に、芸術や美を取り入れる

センシュアルになるためには、人間が持つ本能を目覚めさせなければなりません。

そのために必要なことは「五感で感じる」という感性を活性化させることです。

現代人は、テクノロジーや日々の忙しさに振り回され「五感で感じる」というこ戸を疎かにしてしまいがちです。

その結果、人間の本能がどんどん鈍くなり、人としての色気や存在感がなくなっていってしまいます。

これを打破するためには、日常生活の中に、芸術や美を上手に取り入れることをオススメします。

例えば、質の良い音楽を聴けば、聴覚が心地良く刺激されます。

例えば、ゆったりとアロマテラピーなどを行えば、嗅覚が優しく刺激される上にリラクゼーション効果もあり、心の余裕を取り戻すことができます。

更に、質の良い映画や美術作品を見れば、資格も心地良く刺激されます。

このように、生活の中に芸術や美を取り入れることで、感性が活性化され、少しずつ本能を取り戻すことができます。

これが、センシュアルな雰囲気を作り出す第一歩です。

2.ただ着るだけでなく「装う」という意識でファッションを楽しむ

洋服を着る時、どの辺にあるものを適当に着るだけでは、センシュアルな雰囲気を醸し出すことはできません。

たとえ、元々の容姿が優れていても、洋服を「ただ着ている」というだけでは不十分です。

そこで行いたいことは「装う」という意識でファッションを楽しむということです。

「装う」とは「よそいきの気持ちで洋服を選び、身にまとう」ということです。

言い換えれば「自分をより美しく演出するために、洋服を上手に活用する」ということです。

このような意識でファッションを楽しみ始めると、選ぶ洋服も、着こなし方も大きく変わり始めます。

そして「より美しい自分であろう」という意識が活性化するようになり、独自の存在感が出てくるようになります。

「近所に出掛けるだけだから、適当な洋服でいい」という人は、センシュアルな雰囲気を醸し出すことはできません。

適当な洋服ではなく「今私はこれが着たいのだ」という強い意図を持って、日々のファッションを楽しんでみてください。

3.動作や話し方をゆったりさせてみる

早口でまくし立てたり、セカセカ動き回ったりする人からは、焦りや余裕のなさばかりが漂います。

これでは、センシュアルとは対極にあると言えるでしょう。

そこで行いたいことは、動作や話し方を、あえてゆったりさせてみるということです。

例えば、いつもの4分の3くらいのスピードで動くだけでも、心の余裕の度合いは変わってくるでしょう。

例えば「一言二言話すたびに、必ずひと呼吸つくようにする」と意識すれば、ついつい早口でしゃべってしまう癖を直すための第一歩となります。

このように、動作や話し方をゆったりさせるために、今できる小さなことを始めてみてください。

最初はつらいと感じるかもしれません。

でも、数か月続けるうちに、それが習慣となり、自分自身の内面に余裕が生まれ始めるのがわかります。

そして、それが自然に態度に表れるため、センシュアルな雰囲気が少しずつ醸し出されるようになっていきます。

4.自分に自信を持ちつつ、自分の思いに素直になる

センシュアルになるためには、大人の成熟を身に付ける必要があります。

そのために行いたいことは、自分に自信を持つということです。

「何事も自分の責任において考え、行動していく」と腹を決め、自分を信じて前向きに進んでいきましょう。

このような生き方をする人からは、大人としての余裕が感じられ、大きな存在感が醸し出されます。

しかし、それだけでは不十分です。

凛とした前向きな人からは、確かに強いオーラが放たれます。

でも、強いだけでは、異性からは敬遠されてしまいます。

そのような状態にならないためには「自分の思いに素直になり、人間としての弱さを認めること」が大切です。

どんな強い人でも、誰もが人間であることには変わりません。

時には大人であることを忘れて、怒ったり泣いたりしても良いでしょう。

今の自分の思いを大切にし、恥ずかしがらずに表現してみましょう。

自分の思いを抑圧すると、人間の本能が鈍くなってしまいます。

なので、自分の今の思いをそのまま受け止め、素直に表現する週間をつけて見てください。

そうすることによって、人間としての本能が再び目を覚まし、センシュアルな雰囲気が放たれ始めます。

センシュアルになろう

センシュアルになるためには「人間としての本能を目覚めさせること」と「心に余裕を持つこと」が不可欠です。

それにより、ゆったりした雰囲気と野性的な雰囲気が同居することに繋がり、独自の色香と存在感を作り上げます。

しかし、これは1日2日で成し遂げられることではありません。

できることから始めて、毎日コツコツと習慣化していきましょう。

それにより、少しずつではあっても、確実に自分の内側が変わり始めます。

そして、気づいた時には、自分にしか醸し出せない、独自のセンシュアルな雰囲気が放たれ始めていることでしょう。

 

    「センシュアルになる方法とは。本能を呼び覚まして官能的になろう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。