日常の中でセンスを磨く方法7つ。センスが良いねと言われよう

最終更新日:2015年10月19日

あなたは、よく服装がダサいと周りに言われたりしませんか?冗談で言われたとしても、自信をなくしてしまいますよね。

できれば「◯◯ちゃんってセンスが良いよね」と友達や恋人に褒めてもらいたいところかと思います。

そのためには、センスを磨く必要があります。

そこで今回は、日常の中で簡単にファッションのセンスを磨く方法をご紹介します。

1.雑誌や本、テレビ番組をチェックする

雑誌や本などには、日常でのオシャレなファッションの情報がいっぱい詰まっています。

まずは、図書館で借りたり、書店で購入した雑誌や本をたくさん見比べて目を肥やすことから、始めてみましょう。

雑誌や本を読むことで、流行のファッションや色の組み合わせ、柄の合わせ方など非常に参考になります。

その他には、テレビ番組をみていて自分に見た目が似ていたり、体型が似ている方で、似合いそうなファッションがあったら参考にしてみるのも良いでしょう。

やはり、オシャレな人は、日常から雑誌や本をチェックしていたり、ファッションに対する興味が非常にあります。

その中で、無意識にセンスが磨かれたのです。

雑誌や本、テレビ番組をチェックすることは、日常の中でファッションセンスを磨く最も簡単な方法です。


2.実際にオシャレなお店に行ってみる

お店には、色々なブランドがあり種類が豊富です。

店頭に飾られたディスプレーには、今年の流行をしっかり掴んだセンスがあります。

そのほかには、独特なセンスが光るオリジナルなお店もあります。

有名なお店には、オシャレなファッションリーダー的な方も大勢います。

店員さんに直接、どんな組み合わせがセンスよく簡単に着こなせるのかを聞いてみたりすると、参考になるでしょう。

買い物ついでに寄ってみるのも良いでしょう。


3.センスを真似する

身近や、周辺を歩いてる人の中に、オシャレだなぁと思う方がいましたら、そのファッションのセンスを真似してみてください。

全く一緒でなくても、似た服装でも構いません。

是非、それを実際に着て真似してみてください。

日常の中でセンスを磨くには、真似することが必要です。

真似して、評判が良かったもののセンス感覚を掴んでください。

失敗しながらも、真似していると次第に、センスが磨かれてきます。


4.周りの様々な人に聞く

最近の流行について友達同士や周りの様々な人に聞いて語り合うのも日常の中でセンスを磨く方法です。

主に恋人や友人、身内や身近な人が、あなたの評価対象になります。

なので、周りの様々な人に自分に似合うファッションを聞いてみたりすると良いアドバイスを貰えるかもしれません。

そういった日常のコミュニケーションからセンスを磨く方法があります。


5.日頃の服装を写真に撮ってみる

携帯でも、デジカメでも良いので、日頃の服装を写真に撮ってみてください。

それにより、主観的に自分の服装を認識することが出来ます。

色々なパターンを撮る中で、オシャレな組み合わせを見つけたり出来ます。

偶然の中から、まずは素敵なファッションを探しましょう。

それは、主観的にみれる目を持て日常の中でセンスを磨く方法になるでしょう。


6.好奇心旺盛にオリジナルの服装に挑戦

色々なことを試して、センスが磨かれてきたら、好奇心旺盛にオリジナルの服装に挑戦してみると楽しいです。

情報などの知識を活かすチャンスです。

日常の中でセンスを磨く方法としては、レベルが高くなりますが自分の個性を好奇心旺盛にオリジナルの服装に挑戦することで、更にファッションセンスを磨けるでしょう。


7.趣味の洋服を作って販売してみる

器用さに自信がある方は、自分の得意分野でセンスを磨くことが出来ます。

趣味を兼ねて洋服を作って販売してみるのも日常の中でセンスを磨く方法になるでしょう。

作るのが趣味から、流行やセンスを意識しての洋服作りをイメージして作ってみてください。

そうした洋服を手作りして、インターネットや手作りのイベントで販売して人気があるものを探ってみましょう。

それは、作るのが趣味の方でしたら、楽しみながらできるはずです。

作るのに時間がかかりますが、作り、販売することで、徐々に売れる洋服の傾向が分かってきます。

そして、売れる事で、センスに対しての自信も出てきますし、しかも、収入も増えるなど一石二鳥でやり甲斐もあるでしょう。

まとめ日常の中でセンスを磨く方法は、色々な日常に転がっています。

やってみるとそんなに難しいことではありません。

センスを磨きたい気持ちさえあれば、むしろ楽しめるでしょう。

日常の中でセンスを磨いていこう

このように、努力次第で日常からセンスを磨くことが出来ます。

こうしたセンスを磨く努力をしていると自然といつの間にか、◯◯ちゃんってオシャレだねときっと言われ始めるはずです。