同僚の送別会に行きたくない時に上手に回避する方法4つ

最終更新日:2017年2月14日

同僚の送別会にいきたくない時、どう断れば角が立たないでしょうか。

本来ならいくべきかもしれませんが、中には「どうしてもいきたくない」と思う時もあります。

同僚の送別会にいきたくない時の対処法を知っていれば、人間関係を円滑にキープすることができるでしょう。

1.家族の都合を理由にする

同僚の送別会にいきたくない時の対処法として、家族の都合を理由にするのがオススメです。

「家族に体調を崩している人がいる」とか「どうしても子供を保育園にお迎えに行かなくてはならない」ということを話せば、無理して送別会にでなくてもすむはずです。

同僚の送別会があることが前々から分かっているなら、できるだけ早めに断る方がベターです。

ぎりぎりになって送別会に参加しないということを言うと、人数の調整などが難しくなることがあります。

しかし、ただ「行かない」と意思表示をしてしまうと、冷たい人と思われる可能性があります。

その人のことを嫌いだったのかと、あらぬ誤解を受けることもあるでしょう。

あらかじめ送別会に参加しないつもりなら、家族を理由に断りましょう。

「実は介護をしていて、家に早く帰らなくてはならない」というような理由なら、決して無理に出ろとは言われません。

子供がいる家庭なら、子供の面倒を見るために、夜は難しいと話してみましょう。

家庭の事情を理由にすれば、余り角が立たずに送別会に出なくてすみます。

相手も「仕方ないね」と言ってくれて、人間関係を壊すこともないでしょう。

2.体調不良だと言う

同僚の送別会にいきたくない時の対処法の一つとして、体調不良を理由にしてみましょう。

何となく風邪っぽい、万が一に皆に風邪をうつしたら大変だからそう言えば、スムーズに送別会をキャンセルできます。

同僚の送別会ですから、集まる人は会社関係の人達です。

そういう場に、体調不良で出向いて、皆に病気を移したりしたら、職場全体がダメージを受けることとなります。

そういう場合は、仮に送別会に出たくとも遠慮するべきです。

体調が悪い、皆にうつすかもしれないと説明することで、周りの人は送別会に不参加なことを納得してくれるでしょう。

もともといくつもりだったけれど、やっぱりどうしてもいきたくないという時は、体調不良だと言うのがオススメです。

誰もが納得して、理解を示してくれる理由だからです。

3.急に工事の人が来ることになったと説明する

同僚の送別会にいきたくない時には、急に工事の人が来ることになったと説明してみましょう。

家が水漏れしたなどということにすれば、送別会に出なくてもすむでしょう。

同僚の送別会は、本来は参加した方がいいと言えます。

しかし、どうしても出たくないなら「出たくても出れない」というようなことを、理由にしてみるのです。

「急に水漏れがしてしまった」とか「ガスの調子がおかしくて、急にチェックに来ることになった」という理由なら、きっと誰でもそちらを優先して、と、言うはずです。

水漏れやガス漏れをほっておいたら、近所の人にも迷惑をかけますし、万が一の時に事故になってしまうかもしれません。

そちらを対応する方が、当然優先順位は高くなりますから、無理に同僚の送別会に出ろとは言われないはずです。

工事の人が来ることになったことにすれば、上手に同僚の送別会を断ることができます。

その際には「本当に残念ですが」と、一言添えるようにしましょう。

そうすれば、快く不参加を認めてもらえるでしょう。

4.最初だけ参加して早めに失礼する

同僚の送別会にいきたくない時の対処法にあるのが、最初だけ参加するというものです。

どうしても断れないなら、初めの方だけ顔を出して、すぐに失礼してしまいましょう。

送別会は、最初の方に関係者からの挨拶などがあります。

同僚本人や上司などが、交代でスピーチをしたリすることでしょう。

その部分だけ顔を出しておいて、そういう挨拶が終わったら、そっと失礼してしまいます。

最初の部分だけ顔を出せば、周囲の人にも「出席した」という印象を与えることができます。

後から「不参加だった」とあれこれ言われたくない時には、最初の部分だけ頑張って顔を出すようにしましょう。

社会人となるト、どうしても避けて通れないこともあります。

だからと言って、全部それを受け入れていると、自分自身が疲れてしまいます。

いきたくない同僚の送別会は、最初だけ顔を出して、早めに失礼してしまいましょう。

上手に手抜きをしながら、あまり自分の負担を増やさないように心がけるのが、社会人としてうまく立ち回るためには必要なことです。

同僚の送別会を上手に欠席しよう

同僚の送別会に行かないと、周りからどう思われるかが気になることもあります。

しかし「仕方がない」と周りの人に思われるような理由というのもあるはずです。

上手に周りに説明することで、人間関係やあなた自身の評判に傷をつけずにすみます。

また、送別会の主役の同僚には、いけないことを伝えたうえで、きちんと挨拶をしておけば、決して送別会に出ないことを責められたリはしないでしょう。