仕事で嫉妬してくる相手への対処法。女性なのにと周囲が言っても気にしないこと

最終更新日:2015年4月22日

仕事場において人間関係の構築は、仕事のこなし方と並ぶ重要なポイントです。
しかし時には自分に非が無いのにも関わらず、周囲から嫉妬を向けられてしまうこともあります。
もし仕事上で嫉妬されてしまったら、どう対処をすればよいのでしょうか。

1.仕事一筋になる

自分に原因が無いのに周囲の人間から理不尽な嫉妬を受けてしまった時、まず一番大切なのはその悪い感情に引きずられてはいけないということです。
ひがみや妬みを向けてくる人間のせいで体調を崩したり、仕事をミスするようになっては馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

むしろ、嫉妬してくる人間というのはそれでこちらが不利な立場になればなるほど喜びます。
そんな人達のために精神をすり減らすのはやめましょう。

最初は難しいかもしれませんが、陰口に耳を塞いで仕事一筋になって下さい。
周りに流されずにきちんと仕事をこなしていけば、嫉妬してくる人間よりも上の立場の人が目をかけてくれるようになります。

逆に嫉妬ばかりしている人はこちらばかり気にして集中できませんので、仕事でのミスが増えてくるでしょう。
悪い状況は決して永遠に続きません。

気にせず仕事に集中し続けることが、この状況を打開する道となるのです。

2.目立たないようにする

仕事ができる人間というのは、必ず誰かしらの嫉妬を受けます。
そんな時に仕事に関してだけならともかく、容姿やファッションセンスにまで嫉妬されては状況はひどくなるばかりです。

よって嫉妬を受けている時には、仕事以外ではなるべく目立たず静かにしているのが無難。
プライベートの時間はどんなに可愛い格好をしようが関係ありません。

しかし、会社に着ていく服はなるべくシンプルなものに、化粧もナチュラルメイクにとどめておきましょう。
人間、嫉妬している時は相手に少しでもいいところがあれば、嫉妬内容に直接関係がなくても一緒に妬んでしまいます。

つまり仕事ができるということに嫉妬していても、加えて容姿やファッションセンスが優れている人相手ならば、それに対しても一緒に嫉妬してしまうということ。
自分に嫉妬している人の精神を極力刺激しないようになるべく目立たないようにしておくのが、状況を悪化させないために必要だといえるでしょう。

3.事務的な対応をする

嫉妬してくる人というのは羨ましいという気持ちが強すぎて。自分をコントロールできていない状態です。
確実に自分に非がないのなら、理不尽に攻撃的な人の機嫌をとる必要はありません。

あくまで仕事上の付き合いだと割り切り、事務的に対応するようにしましょう。
こちらに嫉妬を向けてくる人間は、その相手が精神的にバランスを崩すことを望んでいます。

どんなに陰口を叩かれてもまったく動じずに仕事をこなす姿を見ることが、相手への一番の仕返し。
「あなたたちのレベルの低い嫉妬なんかじゃこっちのペースは崩れない」という姿を見せつけるのです。

淡々と対応しているうちに向こうは嫉妬していること自体が馬鹿らしくなり、次第にフェードアウトしていくでしょう。
仕事上で嫉妬してくる相手は、あくまで会社だけでの付き合い。

動じず、必要なことだけを事務的に話しているうちに、嫉妬は次第に消えていきます。

4.嫉妬してくる相手を同情してあげる

理不尽な嫉妬が原因で冷たくされていることが続くと、耐え切れずにイライラしてくる人もいるかと思います。
しかし、ここでその感情を表に出してはいけません。

こちらがきつい態度をとることで相手が上司にかけあったりしたら、状況はますます悪くなるでしょう。
イラつきを口に出したくなっても我慢。

嫉妬してくる面倒くさい人には、同情の心を持って接してあげて下さい。
仕事上で嫉妬するということは、自分が思うように仕事をこなせていないことが理由です。

「自分の仕事のできなさを棚に上げて人に嫉妬なんて、なんてかわいそうなんだ」と考えることで、気分がスッとし、余裕が持てるようになるでしょう。

相手のペースに巻き込まれず、少し上から物事を見つめることで、つまらない嫉妬に対してイライラすることがなくなりますよ。

5.自分に自信を持つ

周囲の人間から妬まれているというのは辛いものですが、逆に考えると嫉妬されるほど自分は優れた人間だということです。
今の状況を暗く考えず、時にはポジティブにとらえることも大切。

もし仕事がきちんとこなせていなければ、周囲の人間が自分に嫉妬することはなかったでしょう。
でもその代わり、仕事ができないことを馬鹿にされていたかもしれませんよね。

それならば、仕事ができることを羨ましいと思われた方がマシとだと思いませんか?
自分は周りの人に羨ましがられるくらいによくできた人間なんだと開き直り、嫉妬を羨望の眼差しだと思い込みましょう。

どうせ嫉妬されるなら、その感情をプラスに受け取った方が得です。
いちいち相手の嫉妬を気にして悩むよりも、嫉妬してくれてありがとうくらいに考えることで随分と気が楽になりますよ。

一番の解決方法は気にしないこと

嫉妬というのは一時的なもので、多くの場合長い間は続きません。
ありきたりですが、やはり一番の解決法は気にしないこと。

そもそも、自分は悪くないことで気に病む必要はないのです。
仕事上で嫉妬されたとしても自分のペースを乱さず、いつも通りに仕事をこなしていけば、いずれ醜い妬みの感情は向けられなくなるでしょう。