社交辞令を真に受けない様にする方法

最終更新日:2016年7月28日

社交辞令を言われたとき、それがお世辞であっても、ちょっと嬉しくなってしまいます。

ただ、社交辞令を真に受けてしまうと、後から痛い目を見ることもあります。

そんなことにならないように、社交辞令を真に受けてしまうのをやめる方法をご紹介します。

1.相手の真意を探る

社交辞令を真に受けてしまうのをやめる方法に、相手の真意を探るというものがあります。

社交辞令を言ってくるのは、何らかの意図があるからです。

相手の本当の気持ちを想像することで、社交辞令を真に受けないですむのです。

社交辞令を言ってくるのは、相手の心の中に、何か思うところがあるからです。

例えば取引先の人が「ぜひ今度飲みにいきましょう。

一度○○さんとはじっくり話してみたかったんですよ」なんて言ってきたら、話半分に聞いておく方が無難です。

そういう言葉を言ってくるのは、相手が取引に関係している人間だからです。

できるだけ良好な関係を築いておけば、仕事にも良い影響があると思って、社交辞令を言ってしまいます。

そういうとき、こちらが真に受けて「いいですね、いつにしますか?」なんて返答してしまうと、相手はちょっと慌ててしまったりします。

こちらも「そのうちぜひ」なんて感じで、曖昧に返しておきましょう。

相手の真意を探ることが、社交辞令を真に受けないための方法です。


2.自分にそれだけの実力があるか考える

社交辞令を真に受けてしまうのをやめる方法の一つに、自分にはそれだけの実力があるかを考えてみるという方法があります。

相手が社交辞令で言ってくれた褒め言葉が、本当に自分に相応しいか、それをじっくりと考えてみれば、社交辞令を真に受けたりすることはなくなります。

「○○さんは、本当に仕事を頑張っていて、素晴らしいですね」なんて言われたら、誰でもこそばゆいような気持ちになって、嬉しくなってしまいます。

「今度ぜひ一緒にチームを組んで仕事をしましょう」という言葉を本気でとらえて、一人で準備してしまったりするでしょう。

しかし、そんな言葉を言われるほど、自分は仕事に頑張っているでしょうか。

その言葉に見合うほど成果を上げているか、それを思い出せば、相手が社交辞令で言っているかどうか、すぐに分かるはずです。

自分に対して社交辞令を言ってもらえると、嬉しくなってちょっと舞い上がってしまいます。

しかし、自分自身の実力を冷静に見つめなおせば、社交辞令を真に受けないでスルーすることができるでしょう。


3.そのときの状況で判断する

社交辞令を真に受けてしまうのをやめるには、そのときの状況をチェックするという方法があります。

人が社交辞令を言うときというのは、大体シチュエーションが決まっているからです。

久しぶりに誰かと会ったときには「いや~、久しぶり」と挨拶するでしょう。

そしてその後「ぜひ今度食事にでもいきましょう」と、言葉を続けたりします。

久しぶりにあえて嬉しい、そしてあなたのことをリスペクトしているという気持ちを伝えるために、そのように社交辞令を言ってしまいます。

普段から顔をあわせている相手には、わざわざ社交辞令で「食事にいきましょう」なんて言ったりしません。

社交辞令を言うときは、大体決まっていますから、そのときの状況で相手が社交辞令を言っているかどうかを見極めましょう。

子供の写真を見せられたとき、きっと誰もが「可愛いですね」と言うはずです。

その言葉は社交辞令ではありますが、相手を気遣う言葉でもあります。

また、写真を見せられたときには、他に言いようがないというのもあります。

それを真に受けてしまって「うちの子可愛いんだって」と言ってしまうと、ちょっと残念な人になってしまうでしょう。

そのときの状況を考えて、相手が社交辞令を言っているのかどうかを判断しましょう。

そうすれば、社交辞令の言葉を真剣に受け止めたりすることはなくなります。


4.型にはまった言い方をしていないかチェックする

社交辞令を真に受けてしまうのをやめる方法には、相手が「型にはまった言い方」をしていないかチェックしてみましょう。

社交辞令の言葉というのは、パターンが決まっています。

お決まりの言い方をしているかどうか、それをチェックしてみるのです。

社交辞令の言葉でよくあるのは「今度ぜひお食事でも」という言葉です。

仕事の関係者やたまたま出会った知り合いに、ついそういう社交辞令の言葉を言いがちです。

他には何かお土産を持って行ったりしたときなど「とてもおいしかった」なんて言ってくれたりします。

おいしくてもおいしくなくても、お土産をくれた人に対しては、だれでもそういう社交辞令を言ってしまいます。

社交辞令の言葉は、相手との関係を良くしようと思って発することが多いので、大体型にはまった言い方になってしまいます。

そのパターンに気がつけば、社交辞令かどうかを見抜くことができるでしょう。

社交辞令を真に受けないようにしよう

社交辞令というのは、人と人との間をできるだけ良い関係に保とうとする気持ちから生まれた言葉です。

時にはおべっかのように聞こえますが、嫌われたくて社交辞令を言う人はいません。

相手のそういう気持ちを受け止めつつ、かといって真に受けたりしないように、しっかりと社交辞令かどうかを見抜くことが大切だと言えるでしょう。