謝罪時の菓子折りに持っていくと良い物6選

最終更新日:2016年6月24日

菓子折りを持って謝罪にいく場合は、相手の方に許していただくために用意しておくものですから、間違いや失敗があっては絶対にいけません。

いざそんな場面に遭遇したときに、どんな菓子折りを買えばいいかいくつかまとめました。

しっかりと準備して臨みましょう。

1.誰もが知っている老舗虎屋の羊羹

400年以上続く老舗の虎屋。

知名度も味も見た目も心配がありません。

老若男女誰もが知っているお菓子なのではないでしょうか。

菓子折りにできるものはたくさんありますが、中でもオススメは羊羹です。

予算によって、種類がたくさんありますので、用途に合わせてセレクトできるのも便利ですね。

菓子折りで重要なポイントは、見た目にもあります。

”謝罪”という気持ちを表すので、誠実さも必要です。

虎屋の紙袋はとてもシンプルで重厚感もあるので、見た目も安心です。

羊羹は一人前ずつ個包装されており、賞味期限も1年なので、貰った方も気が楽なのではないでしょうか。


2.数と味で勝負するならヨックモック

洋菓子でオススメなのがヨックモックです。

特にシガールが入った菓子折りは有名です。

ヨックモックといえば、どこのデパートにもあるので、買いやすく美味しいので、すぐに用意できます。

デパートに売っているお菓子の中では比較的お手頃価格で、急な菓子折りが必要な時にも便利です。

なんといっても、数がたくさん入っているので、ボリューム感があります。

大人数の相手の場合にも多様に使えます。

ヨックモックで人気のシガールはバター生地をクルクル巻いた筒状のクッキーのお菓子で、味も見た目もとても上品です。

それぞれ個包装されているので、貰った方も食べやすいですね。


3.デパートで変えるバウムクーヘンユーハイム

バウムクーヘンはドイツで生まれたお菓子ですが、縁起物でもあり、長寿や繁栄という意味合いもあります。

大人数には向きませんが、謝罪の菓子折りにはピッタリですね。

ユーハイムは全国に店舗があるので購入にも困りません。

バウムクーヘンは100年以上愛されており、資格のあるマイスターがいるほど。

そんなこだわりのお菓子なので、先方にも誠意が伝わるのではないでしょうか。

さらに、バウムクーヘンは丸いかたちをしているので「丸く収まる」という意味で選ぶかたもいます。

どんな理由があるにしろ、謝罪の誠意が伝わり、丸く収まるといいですね。


4.カステラといえば福砂屋

カステラと言えばポルトガルと思う方も多いかと思いますが、スペインの王国のお菓子でした。

カステラは室町時代に日本に伝わったと言われています。

そんな日本にとてもなじみ深いカステラは菓子折りにもピッタリではないでしょうか。

中でも福砂屋のカステラはとても有名です。

生菓子ですが1週間程度日持ちするのも良いですね。

カステラといえば、底に粗目のお砂糖がついているのが楽しみだったりしませんか?福砂屋は粗目付きで切れ目も入っていますので、手間がかからずすぐに食べられるのも便利ですね。

各地のデパートでも販売していますが、本場長崎からも1〜2日でお取り寄せできますので、少し時間に余裕があるときは、取り寄せしてみてはいかがでしょうか。


5.美味しいせんべいおかきなら小倉山荘

京都の老舗お菓子の小倉山荘。

菓子折りといえば定番のお菓子です。

各地方に出店もしておりデパートでも販売していますが、店舗がない地域もありますので、通信販売がオススメめです。

こちらのおせんべいは京都ということもあり、とても上品な味で美味。

特にオススメなのが8粒で1包装になった、をぐら山春秋。

小倉山荘の人気ナンバー1商品で、1人前で8種類のミニおせんべいが楽しめるお菓子です。

5袋入り〜56袋入りまで、レパートリーも多いのがとても便利です。

さらに通信販売では土日祝日も出荷しており、1〜3日で届くので利用しやすいですね。


6.地方によって地域のお菓子

どこでも買えるものを紹介しましたが、地域ごとに有名なお菓子を買うのはいかがでしょうか。

例えば北は北海道なら有名な「ルタオのチーズケーキ」や「マルセイのバターサンド」、東京であれば「舟和の芋ようかん」や「ねんりん家のバームクーヘン」、福岡なら「明月堂の博多通りもん」や「筑紫路の黒棒」などなど、地域で生産されたものをその地域で消費する地産地消の意味をこめて送るのも気持ちが伝わるのではないでしょうか。

地元の商品というのはどの地域であっても嬉しいもの。

謝罪する相手の方の地元が分かれば、それに合うようなお菓子を用意するのも、誠意が伝わるのではないでしょうか。

謝罪の際に最適な菓子折りを持参しよう

相場は謝罪の状況にもよりますが、5,000円〜10,000円と言われています。

注意するのが、高すぎると失礼にあたるという事です。

高級なお菓子を送る事で機嫌をとろうとしているかと勘違いされる場合もあります。

菓子折りはあくまでも気持ちのものですので、あまり主張せずに、許してもらえたら、さっと渡すようにしましょう。

間違って最初に渡してしまってさらに怒らせることのないように、気をつけてください。