仕事を辞める夢の意味とは。予知夢か新たな人生の門出かも

最終更新日:2015年6月28日

目が覚めても、ぼんやりと頭の片隅に残っている夢の意味について考えてしまったことはありませんか。

楽しい夢だったら、前向きな気持ちになれますが、苦しい夢やつらい夢だった場合は、目覚めが悪いものです。

仕事を辞める夢を見たときには、どんな意味があるのでしょうか。

1.予知夢の可能性あり

夢に見たことが、現実のことになるのが予知夢です。

仕事を辞めるという具体的な夢を見たときには、予知夢の可能性があります。

近い将来、いまの仕事を辞めて、新たな仕事を始めるのかもしれません。

こころのどこかで、いまの仕事は自分に合っていないのではないだろうかと、不満を抱えていませんか。

その不満が夢にあらわれてきたものかもしれません。

いまの仕事と自分の相性をもう一度、見つめなおしてみるいい機会かもしれません。

また、仕事に対する自分の理想と現実のギャップが大きいと感じているときにも、仕事を辞める夢を見がちです。

いまの仕事を続けていこうと考えている場合には、抱えている不満を相談できる人を見つけましょう。

同じ職場に同じように不満を抱えているひとはいませんか。

ここはひとつ協力し合って、乗り越えましょう。

不満を吐き出しあって、また仕事を頑張っていきましょう。


2.結婚の予兆

結婚を機に仕事を辞めることを、寿退社と言いますが、仕事を辞める夢を見たときには、結婚の予兆でもあります。

近いうちに、お付き合いしているかたから、プロポーズをされるかもしれません。

いまは、お付き合いをしているかたがいないという女性も、結婚に結びつくような出会いが近いうちにあるでしょう。

いい出会いが待っていますので、合コンや飲み会に積極的に参加しましょう。

出会いの場は、合コンや飲み会だけではありません。

仕事の取引先のひとであったり、同窓生だったりするかもしれません。

いつどんなときに、将来の旦那さんと出会ってもいいように、普段以上に身だしなみやしぐさに気を遣っておきましょう。

結婚後も仕事を続けたいと考えている女性でも、結婚の予兆があるときに、仕事を辞める夢を見ることがあります。

いまの職場が、結婚後も仕事を続けていく環境にあるか、吟味してみましょう。


3.仕事で行き詰まりを感じているとき

いまの仕事で行き詰まりを感じているときに、仕事を辞める夢を見ることがあります。

なにか大きな壁にぶち当たっていませんか。

助けてくれそうな人は、周りにいませんか。

自分の周囲をよく見まわしてみましょう。

仕事で行き詰まりを感じていて、なかなか前に進まないと感じているのであれば、相談できる人を探しましょう。

職場の上司でも先輩でも、普段から自分の仕事内容をよく知ってくれていて、仕事の話をすぐに理解してくれる人が必ずいるはずです。

上司や先輩も過去に自分と同じような悩みを抱えていたかもしれません。

仕事で行き詰まりを感じているのであれば、相談することは、早いに越したことはありません。

仕事を辞める夢を見てしまった当日にでも、上司や先輩に悩みを打ち明けてみましょう。

悩みが大きくふくれあがって手に負えなくなる前に、ひとりで抱え込まずに、相談できる人に話しましょう。


4.ワーカホリックにおちいってしまっているとき

仕事中毒を意味する、ワーカホリックにおちいってしまっているときに、仕事を辞める夢を見ることがあります。

仕事とプライベートのバランスは取れていますか。

仕事へ行く日々が、自宅と職場の往復になっていませんか。

一度気分をリフレッシュさせるためにも、少し長めの有給休暇を取得して、旅行へ行ってみるのもいいかもしれません。

何事もバランスが大事です。

仕事だけでは、ひとは生きていけません。

ときには休むことも必要です。

休みの日には、しっかりこころもからだも休めていますか。

こころとからだへのエネルギーチャージも必要です。

仕事で疲れ切って、休みの日は、布団に入って寝て過ごしてしまっているというひとは、こころへのエネルギーチャージをしましょう。

趣味に力を入れてみましょう。

また、休みの日は、必ず出かけているというひとも、からだへのエネルギーチャージも必要です。

ときには自宅でのんびり過ごしてみるもの良いのではないでしょうか。

仕事を辞める夢は新しい人生の門出を示している

仕事を辞める夢を見るのは、現実に起こりそうでひやっとする体験です。

転職を考えているひとや、結婚を控えているひとには、新たな人生の門出の意味を持った夢になります。

迷わずに、新たな一歩を踏み出してみましょう。

一方、いまの仕事を続けていこうと考えているひとにとっては、大きな壁にぶち当たっていたり、働き過ぎであることをこころとからだが教えてくれている夢でもあります。

こころとからだの声に耳を澄ませてみましょう。

夢は、無意識からのメッセージです。

気にしすぎもよくありませんが、目覚めたあとも、頭の片隅に引っ掛かっている場合には、そのメッセージを素直に受け取りましょう。