しっかりしていると思われるのが辛い時の対処法。しっかり者のプレッシャーから解放されよう

最終更新日:2016年4月14日

「私、そんなにしっかりしてないのに何故かしっかりしている人に思われてしまって辛い」ということないでしょうか。

そこで今回は、しっかりしてると思われるのが辛い時の対処法についてご紹介します。

1.少しは甘えてみる

しっかりしていると言われている人は、何でも自分でできないとと思っている人がとても多いです。

「人に甘えてしまったら迷惑をかけてしまうのでは」と思っている事がとても多いですし、実際一人で何でもできてしまうのであまり人を頼りにする事もありません。

周囲からは「彼女は何でも一人でできる、とてもしっかりしている人」だと思われてしまいます。

しっかりしていると思われるのが嫌だという場合は、少しは人に甘えてみるようにしましょう。

「人に甘えたら迷惑をかけてしまうのでは」と思ってしまいがちですが、人は意外と誰かの面倒をみたいとおもっている人が多いです。

また普段甘えない人が甘える事で「彼女にもこんな可愛い一面があったんだ」と好意的に思ってもらう事ができます。

それに人に甘えてみる事で人との距離を縮める事ができるので、もっとずっと仲良くなる事ができます。

特に彼氏ができた時は、甘える方法を知っておく事で彼氏は「しっかりしている彼女に実はそんな一面があったなんて」とキュンとさせる事ができます。

最初は少し恥ずかしいですが、彼氏にもっと好きになってもらうために自分から彼氏に笑顔でスキンシップをしたりと甘えてみましょう。

こうする事で「普段しっかりしている彼女が自分にだけしか見せない一面を見せてくれている」とより彼氏にドキドキしてもらう事ができます。


2.あまり自分に厳しくしすぎないようにする

周りからしっかりしていると思われている人は、少し自分に厳しすぎるところがあります。

何でもできていない自分が嫌なので、人一倍勉強をしたり、人一倍練習をしたりととにかく自分に厳しい一面があり、周囲の人はそういうところを見て「あの人はかなりしっかりしている」と思ってしまいます。

しっかりしていると思われるのが嫌なら、あまり自分に厳しくしすぎないようにしましょう。

少しは「まあ、そこそこでいいや」と思う事で自分にゆとりができるので、ストレスにならないですみます。

そしてそんなあなたを見て周囲の人は「いつもしっかりしているだけじゃ無いんだ」と思ってもらう事ができます。

しっかりしていると思われすぎると、周りから「あの人はしっかりしていて隙がないから近寄りがたい」と思われてしまいます。

自分に厳しくしすぎずに少しは余裕を持つことで隙ができて近づきやすい雰囲気を出すことができるので、色々な人から話しかけてもらう事ができます。

例えば、何かの練習中や勉強中に人に「もう今日は一段落付いたし、どこか美味しいものでも食べにいかない?」と聞いてみる事で「いつもしっかりしていると思っていたけど、意外とそうでもないのかも。もっとこの人と仲良くなりたい」と思ってもらう事ができます。


3.自分のダメなところを自分から言う

しっかりしていると思われている人は、自分では気がついていませんがあまり自分で自分のダメなところを人に言わない人が多いです。

ですので、周囲からは「この人は何でもできてしまうんだ。しっかりしているんだな」と思われてしまいます。

しっかりしていると思われたくなかったら、自分のダメなところを「私、実はこれ苦手だから手伝ってくれたら嬉しいな」「私、実は今もの緊張しているんだよね」と言ってみましょう。

周囲の人は「あのしっかりしている人でも苦手な事があるんだ。

実は意外と可愛いところがあるのかも」と思ってもらえる事ができます。

しっかりしているだけじゃなくて、苦手なところもあると思ってしまう事で、実は可愛い一面もあると思ってもらえるので、親しみやすい人だと思ってもらう事ができます。


4.積極的に人と話すようにする

しっかりしていると周りに思われてしまう人は、自分では気がついていない事が多いですがあまり喋らない人が多いです。

喋らない上に何でもできてしまうので、より周囲の人は「しっかりしていていて近づきがたい」と思ってしまいます。

しっかりしていると思われて辛いと思っている方は、色々な人に自分から積極的に笑顔で話しかけてみましょう。

「おはよう」「お疲れ様」等簡単な言葉で構いません。

ニコニコ笑顔で自分から話しかける事で「しっかりしているだけじゃなくて、笑顔で話しかけてくれるから親しみやすい人なのかも」と思ってもらえるので、色々な人から話しかけてもらえるようになります。

しっかりしていると思われるのが辛い時の対処法についてご紹介しました。

しっかりしている人は、自分では気がついていませんが近づきがたい雰囲気を出している事が多いです。

自分で自分のダメなところを話したり、笑顔で話しかける事で近づきやすい雰囲気を出すことができますし、しっかりしているだけじゃなくて可愛い人と思ってもらう事ができます。