相手の年齢を初見で当てる方法とは。外見から判断できるようになろう

日々の生活最終更新日:2017年10月28日

女性の年齢が、ぱっと見ではよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

自分より若いと思って話していたら実は年上だったというときにはヒヤっとしますね。

逆に、実年齢より年上だと思って話し、機嫌を損ねてしまっても困ります。

そこで、女性の年齢を初見で当てるコツをご紹介します。

1.笑ったときの目元から判断する

20代半ば~30代くらいだと「とりあえず若い世代」とはわかっても、服装も化粧もそれほど大きな差はないため、なかなか分かりづらいですよね。

この年代で年齢を判断する鍵は、ズバリ笑ったときの目元の皺です。

20代半ばまでは、目元にハリがあり、笑っても皺はほとんどできません。

30歳前後から笑い皺がはっきりしてきて、30代を過ぎるとそれがよくわかるようになります。

普段は肌がつやつやで若く見える30代の方や、大人っぽかったり、ちょっと疲れたかんじの20代の方も、にっこり笑ったときの目元が彼女達の年齢を語ってくれます。

年齢が気になる女性は、目元のケアを入念に行うことが、若々しい笑顔を作るポイントといえます。

2.口元のたるみから判断する

相手が30~40代の場合は子どもがいるかいないか、働いているか否かなどで、全く印象が変わってくる世代です。

それゆえに個人差が大きく、最も年齢を判断しにくい世代ともいえます。

この世代の年齢を判断する部分は口元です。

30代の場合ほうれい線はそこまで目立ちません。

それが40代になると、ほうれい線がはっきりし、口元にたるみが若干出てきます。

化粧をしっかりしていてもそれがわかる場合は、40代である可能性が高くなります。

3.首元のシワやハリ

40~50代の場合は、首元に年齢が出てきます。

40代では、まだ首元を気にする方も少ないかと思いますが、50代になるとだんだん首元のシワが出てきてしまいます。

50代だと、まだそれほど目立つものでもありませんが、やはり40代とはハリが違ってきます。

ケアを念入りにしている方だと、外出の際に紫外線予防のストールをされる方も多くなってきます。

4.各年代の化粧から判別する

年代ごとに悩みが違えば、当然化粧も変わってきます。

また、化粧には年代ごとに流行もあるので、表情から年齢が読み取り辛いときには、そのメイクに注目してみてください。

まず、若い世代で分かり易いのが眉です。

20代の方だと眉が太めだったり、細めにしっかり描いたりする方が多いです。

すこし眉が目立つ印象のメイクになります。

またグロスをしっかりつけていたり、アイラインがガッツリ入っていたりと、ポイントポイントに力を入れるメイクです。

30代は化粧も落ち着いてきていて、眉もやさしい印象になります。

全体の調和を重んじるメイクになります。

ナチュラルな印象で、ポイントだとまつげを美しく見せるメイクを好む方が多いです。

40代は年代の悩みが目に見えて現れ出すため、それを隠すメイクに変わってきます。

口紅は明るい色、はっきりした色のものを使って伊、明るい表情になります。

目元もしっかりメイクをすることが多く、はっきりした印象の顔立ちになるようメイクをされる方が多くなります。

50代は、顔の印象を化粧で大きく操作しようとする方は少ないです。

長年化粧をしているので、自分に合う化粧の仕方をすでに確立している世代です。

そのため、少しメイクが古い印象を持ちますが、自分に合った化粧ですので、あまり作りこまれた印象はないでしょう。

むしろ、自分の魅力を引き出すメイクをされる方が多くなります。

5.服装から判断

身体に現れる変化以外にも、年齢がよく分るのが身に着けるものの違いです。

女性の年齢を判断する場合、これらは大きな判断材料になります。

まず、身に着けている服のブランドです。

財布やカバンだと、こだわりのブランド物を持っている方はどの年齢でも少なくありません。

ただ、見につけている何気ない服、例えばカーディガンや、コートは、5歳違えばまったくブランドも変わってきます。

服のブランドなんてよくわからないという方は、相手の靴を見てください。

30代だと、靴を選ぶ基準は可愛さ重視になります。

活動的なこの世代にとって、靴は消耗品ですので、そこまでのお金はかけません。

それが40代になると、靴にお金をかけられるようになってきます。

靴がコーディネートのポイントになるようなオシャレも楽しめるので、如何にもお値段が高そうな靴を履いていることも多いです。

50代になると、歩き易さも大切になってきます。

デザインにこだわりはあっても、使いにくい靴を無理してまではなかなか履きません。

ですので、少し無骨な、しかし決して安っぽくはない靴を持つ方が多くなります。

6.アクセサリーから判断

アクセサリーにも、世代ごとの違いははっきり出てきます。

ちょっといいアクセサリーを身につけ始める30代。

この世代は、華奢なかわいらしいデザインを身につける方が多いです。

ピンクゴールドのアクセサリーも人気です。

宝石などにお金をかけられる世代ではないので、石は小さめです。

40代になると、スッキリした、スタイリッシュなアクセサリーを身につける方が多いです。

高価なアクセサリーをしていても違和感がありません。

家事も仕事も忙しい世代ですので、あまり派手で機能的でないデザインは好まれません。

上品で洗練された、服装を邪魔しないアクセサリーが好まれます。

50代になると、アクセサリーにも遊びが出てきます。

如実なのは石が大きく派手なものです。

それを楽しむことのできる余裕があります。

また、少し個性的なデザインにも挑戦するようになってくるので、目を引くアクセサリーを身につけていたりもします。

年齢を外見から判断できるようになろう

相手の年齢を判断する場合、各年齢で顕著になり始める悩みと、オシャレの楽しみ方の違いを知ることが大切です。

逆に、若々しい印象を相手に与えるためには、年代特有の身体的な変化を把握し、少し早めに対策をしていくことが重要です。

オシャレに関しても、年齢にあった楽しみ方をするのもよいですが、少し若い世代のお店で、自分に合う服を探すと、それだけで若々しく見えたりします。

女性の年齢は見た目に確実に表れてきます。

相手を見るときも、自分を鏡で見るときも、それを肝に銘じておきましょう。

 

    「相手の年齢を初見で当てる方法とは。外見から判断できるようになろう」への感想コメント一覧

  1. 1. 名無しのイケジョさん2018/05/31(木) 13:33

    私が特にドキッとしたのは、1.~3.です。どれも思い当り、昔は若く見られることもあったのに、最近はそうでもなくなってきた理由が垣間見えたような気がしました。

  2. 2. たぬ2018/06/08(金) 14:41

    化粧の仕方で年齢が大体分かるというのは為になりました。
    顔だけじゃなくても、アクセサリー等でも年齢が判別しやすくなるのは今後参考にしていきたいです。

この記事への感想を書く