締りがない顔の特徴。無表情で太り気味だとマズい

最終更新日:2016年3月15日

人間見た目八割と言われるほど外見とは重要なものです。

特に初対面での顔の印象というのは非常に大事です。

締りがない顔をしていると、やる気がなさそう、だらしなさそうなどと悪いイメージをもたれがちです。

それでは締りがない顔とはどんな顔のことを言うのでしょう。

今回は締りがない顔の特徴をご紹介します。

1.無表情

表情というのはとても大事な非言語コミュニケーションです。

表情がない、または表情がうすい人は、相手に対するアピールがなく、全体にぼんやりとして見えてしまいます。

また普段から無表情でいると、表情筋自体が衰えてしまって、ますます締りのない顔になってしまいます。

逆に嬉しい、怒っている、悲しい、楽しいなどの表情がはっきりしている人は生き生きして見えますし、表情筋をよく使うので顔自体も締まっていきます。

表情を作るのが苦手という人は、まずは鏡の前でいろいろな表情をする練習をして見ましょう。

慣れてきたら、人と会話をする時にちょっとオーバーかなと思うくらいに表情を作ってみましょう。

最初はちょっとぎこちなくても、段々と自然に表情が出るようになるはずです。


2.目力がない

目に力がない、いわゆる目が死んでいる人というのも締りのない印象を与えてしまいます。

会話をしてる最中だと、心ここにあらず、話を聞いていないなんて思われてしまうことも。

それを防ぐ為には、まず心持ち目を見開くようにしましょう。

目を開いているつもりでも、鏡で確認してみると半開きに見えるという事はよくあります。

鏡を見てちょうどいい開き具合を確認し、それをキープしましょう。

次に相手と向き合ったらまっすぐに相手の顔を見る事です。

目をじっと見つめると相手がプレッシャーに感じてしまいますので、鼻や口もとのあたりを見るようにするとよいでしょう。

重要なポイントを話す時には目を合わせるとより効果的です。


3.口角が下がっている

口角が下がっているというのも、締りがない顔の特徴の一つです。

口元を引き締め、口角をあげると一気に印象が変わるはずです。

慣れないうちはなかなかキープ出来ないと思いますが、続けていると段々顔の筋肉が鍛えられて行き、自然に口角の上がった表情をキープ出来るようになるでしょう。

こまめに鏡などで表情をチェックしたり、口元の筋肉を鍛えるエクササイズをしたりすると効果的です。

また口角を上げているつもりなのに笑顔がないといわれてしまう場合、少し大げさに口角をあげてみましょう。

多少オーバーなくらいの方が他人にはわかりやすく笑顔に見えます。


4.口が開いている

口角が下がっている以上にだらしなく見えてしまうのが、半開きの口です。

これは口呼吸の人によく見られる特徴ですが、口呼吸は美容的にも健康的にもあまり良い事ではありません。

フェイスラインの緩みにもつながります。

口呼吸を治すのに効果的だと言われているのは、ガムを噛む事や、舌や顎の筋肉のトレーニングをする事などです。

また寝ている間に口をとめるテープなどのグッズも販売されていますので、そういったものを利用するのも良いでしょう。

しかし習慣ではなく物理的になんらかの問題があって鼻呼吸が出来ない場合は、医師の治療が必要な場合もありますので、必要に応じて専門医の判断をあおぎましょう。


5.太っている

太っていると顔の輪郭に贅肉がついて、締りのない顔に見えがちです。

また、まぶたに脂肪がついていると眠そうな目力のない目に見えてしまったり、頬に肉がついているとその重みで口角が下がって見えてしまったりもします。

ダイエットに効果的なのは適切な運動と適切な食事制限です。

同時に表情筋のトレーニングを行うと更に顔が引き締まるでしょう。


6.姿勢が悪い、スマートフォンやPCを使いすぎている

一見顔に締りがない事とは関係ないように思われるかもしれませんが、姿勢が悪いと顔も緩んでしまいがちです。

スマホやPCの画面を覗き込む時に首を前傾させ、うつむきがちになってしまう方が多いのですが、この姿勢を長時間とっていると、顔、特に顎周りのたるみを引き起こします。

これを防ぐ為には、スマートフォンを使うときには目線の高さまで上げて首が下向きにならないようにしましょう。

パソコンを使うときは、画面の位置は目よりやや下でよりのですが、画面を覗き込むようにせず40cm以上の距離を保つようにしましょう。

締りがない顔は笑顔で改善しよう

締りがない顔にならない為に大事な事は「表情筋を鍛える事」「笑顔を心がける事」「健康的な姿勢や体型を保つ事」の三つです。

一番大事なのは沢山笑う事。

出来れば自然と笑顔になるような事があれば良いのですが、人間は表情によって感情が喚起されると言われています。

もし最近笑ってない、ふと鏡を見たら締まりのない顔をしてるという方がいたら、まずは鏡の前で最高の笑顔を作ってみましょう。