彼氏の身長が低く身長差があるカップルが上手に交際するコツ

最終更新日:2015年2月4日

身長差が大きなカップルや夫婦自体は全く珍しくありませんが、大概は男性の方が大きくて女性の方が小さいという組み合わせが多いです。
しかし、逆の組み合わせも当然あります。
特に男性の方が身長が低いと言った場合、何かしらのストレスがかかる可能性もありますので、少しでも上手に関係を築いていくためのコツをご紹介します。

1.彼にコンプレックスを感じさせない

中には「全く気にも留めていない」という男性もいますが、女性が極端に高身長であるが故に男性の方が身長が低いという場合を除いて、身長の低い男性はコンプレックスを感じている事が非常に多いです。

確かに男性の方が身長が高いという事が普通になり過ぎていますが、そもそも身長が人の価値を決めている訳ではありませんので本来は何の意味もない事と言えます。
しかし、すでにコンプレックスを感じている男性と上手にお付き合いをしていくためには『如何にしてコンプレックスを感じさせないか』という事が重要になります。
基本的にコンプレックスを強く感じる瞬間とは、『人目に晒された時』です。

二人だけで居る時間ではあまり感じずとも、誰かに紹介されるとか日常生活において他人の視線を感じる(被害妄想も含む)という事が大きなきっかけとなります。

単純に言うと、「コンプレックスを感じなくても良いんだ」という意識を持たせることが重要だという事です。
一朝一夕に出来ることではありませんが、「何もおかしなことでは無い」というアピールを続けていく事が必要です。

2.男性を立てる意識を持つ

昔ほど男尊女卑がある訳では無くなりましたが、未だに男性主義の社会体質は根本的に改善されてはいません。
その為、どうしても男性が主役で女性が脇役という意識は深層心理に残っています。

そこで、出来るだけ「男性を立てる」という事がおすすめです。
とは言え、三歩下がって・・・という事では無く「自然に男性の自尊心を保てるような努力をする」という事です。

例えば、身長差に対してコンプレックスを抱いているような場合には「ヒールの高い靴を履かない」とか、「階段などで一段下に立つ」といったことです。
お洒落を制限されることになりますし、イチイチそんなことを気にしていたら多少面倒に感じるかも知れません。

しかし、常に実践する必要はありません。
必要なのは『コンプレックスを強く意識してしまう瞬間』だけです。
つまり、普段のデートではお互いに好きな格好をして楽しみつつも、いざ友人などに紹介する時などにはヒールの低い靴を履くなどの小さな気配りをするという事です。

3.彼に自信を持たせる

身長の低い男性が自身の慎重に対して引け目を感じたりする理由は、ズバリ「自信の無さ」が原因です。
世の中には慎重の低い男性は大勢います。

逆に身長が高い女性も大勢います。
容姿の整った方も居れば平均よりも劣ってしまうような方もいます。
スタイルが良い方も居ればそうでは無い方も。

つまり、人は千差万別あるのが当然だと言う訳です。
そもそも身長が低いとか容姿が悪いとかそう言ったレベルの問題をコンプレックスに感じている必要など皆無なのです。

しかし、いざ自分自身がそうであるとしてそう簡単にそれらのコンプレックスを解消することが出来るかと言うと簡単ではないはずです。

恋人から夫婦になり、いずれは親になっていく過程においていつまでもコンプレックスを背負っていくという事は相当なストレスになってしまいます。
時にはそれらが原因でケンカをしてしまう可能性だってあります。

出来ることならば少しでも早くそれらのコンプレックスを解消することが大切です。
そこで重要なことが『パートナーからの容認と信頼』です。

4.相手を認め尊重すること

「私はあなたのことを認めています。何も心配しなくて大丈夫ですよ」といったような、普通の恋人・夫婦の間にはこのような関係が自然に成り立っています。
人は誰かに認めてもらう事で存在していく力を得ているという話は至極一般的な話になってしまいますが、要はそのような関係を築くことで余計なストレスを感じ辛くなるので関係が一層スムーズになるという風に理解してください。

つまり、女性の側が気持ちのどこかで男性の低身長を気にしているのであれば、すぐにそのような考えは捨てた方が良いでしょう。

そもそも、身長を基準に男性を選ぶのであれば初めから理想の男性を目指すべきです。
少なくとも「身長なんか関係ない」というスタンスがあるからこそそのような男性とパートナーとなっているわけですので、その点を全面的に男性に向けてアピールすればいいだけです。
「これで良いんだ。何も問題ない」と男性が強く思えるようになれば、身長程度であたふたすることは無くなります。

相手を身長に関係なく彼氏を認めることが大切

要するに『相手を認めること』が大切だという事です。
そして、身長が低いなどという低次元なものに対して特に意識する必要などないのだという事を理解することが非常に重要です。
互いを認め合える関係がその後の関係へ発展するかどうかのキーであることは言うまでもありません。