失恋中の友人にかけてあげると良い言葉とは。失恋のダメージを和らげよう

友達との付き合い方最終更新日:2018年4月28日

失恋中の友人に対する行動は悩みどころであり、どうすれば良いのか困ることも多いでしょう。

変に言葉をかけるわけにもいかず、歯がゆい思いをすることがよくあるといえます。

では、このような時には、どのような言葉をかけてあげると良いのでしょうか。

今回は、失恋中の友人に言ってあげると良い言葉をご紹介します。

1.私で良ければ話を聞くよ

失恋中の友人に言ってあげるといい言葉としては、私で良ければ話を聞くよ、です。

失恋中はふさぎ込んでしまうことが多く、人と話すことですら避けてしまうこともあるでしょう。

自分から話をしにいくようなテンションでもなく、どうすれば良いかわからないときも多いといえます。

このような時にオススメの言葉が、この言葉です。

どんな話をするなどをこちら側で決めるのではなく、相手に話したい内容を決めてもらうのです。

失恋について話をしたい人であれば失恋の話題になり、そうでは無い人は別の話題になるでしょう。

このように、こちらから話題を決めるのではなく、相手に決めさせるという配慮が大切です。

どんな話になるのか、何を話してくれるのかはわかりませんが、それでも話を聞こうという姿勢は、相手からすれば非常に嬉しい心遣いです。

2.気分転換に遊ぼう

失恋中の友人に言ってあげるといい言葉としては、気分転換に遊ぼう、です。

失恋中は当然気分が落ち込んでおり、中には何もしたくない人もいることでしょう。

しかし、その状況を続けていれば悪循環に陥り、気分が下がったまま抜け出せなくなってしまいます。

そのため、友人としてとってあげることのできる行動は、遊びに連れ出すことです。

このように遊びに誘っても相手は乗り気ではないかもしれませんが、とりあえず連れ出すことができれば成功です。

遊んでいるうちに気分が晴れてきたり、友達といることを楽しむことができるなど、一緒に遊びにいくことは様々な良い効果を産み出します。

1人でふさぎ込んでいるよりも良いことは明らかであり、多少強引でも遊びに連れ出してあげるといいでしょう。

1番良くないのは失恋について考え続けていることであり、遊ぶことなどで失恋から目をそらしてあげることが大切です。

3.何かしてほしいことはある?

失恋中の友人に言ってあげるといい言葉としては、何かしてほしいことはある?、です。

失恋から立ち直る方法は人それぞれであり、1人でいたい人もいれば、大勢で過ごしたい人もいます。

このように、どちらのタイプにでも対応できるのがこの言葉であり、非常に便利だといえるでしょう。

例えば、1人で失恋から立ち直る人の中には、1人で考えを整理する、とにかく泣き続けるなど、他の人がいないほうが落ち着くことのできる人もいます。

このようなタイプに対して一緒にいることは逆効果であり、1人にしてあげることが優しさだといえます。

一方で、みんなといるほうが元気になるという人もおり、このタイプには積極的に話しかけてあげたり、遊びに誘ってあげるなどをしてあげたほうが喜びます。

何かしてほしいことはある?という言葉は非常に便利であり、1人にして欲しい、一緒にいて欲しいなどを相手から直接聞くことができるので、自分がどのような行動を取るべきかわかりやすいのです。

4.落ち着いたら連絡してきてね

失恋中の友人に言ってあげるといい言葉としては、落ち着いたら連絡してきてね、だといえます。

この言葉は友人への配慮が中心であり、落ち着くまではそっとしているよという意味があります。

失恋中の相手に対して接するのは非常に難しく、距離感を誤ると相手を傷つけてしまうことがよくあります。

そのため、どうしたらいいのかがわからない場合には、とりあえずこの言葉で保留しておくといいでしょう。

この言葉が良い理由としては、相手が落ち着くことを待ちながら、自分が気にかけていることを伝えることができることです。

気が向いたら連絡しても良いことを伝えており、話す気があるならいつでも話を聞くことを示しています。

具体的なものではなくてもこのような配慮は非常に嬉しいものであり、落ち着いた時に連絡しようという気持ちに繋がります。

失恋中の友人に対して掛ける言葉に困っているのであれば、あえて待ってみるのも選択肢の一つといえるでしょう。

失恋中の友人に声をかけてあげよう

失恋中の友人に対して言ってあげるといい言葉は、心配しているという言葉です。

失恋に関する話題はNGであり、どんな言葉でも避けたほうが良いでしょう。

それよりも、友人であるあなた自身を心配しているという言葉のほうが相手には嬉しく、突き刺さるものです。

失恋中の友人に言ってしまいがちな言葉としては、切り替えようなどの前向きな言葉です。

しかし、失恋などの状態は無理に前向きに考える必要はなく、落ち着くまで待てば良い場合が多いといえます。

そして、少し落ち着いてから前向きな言葉をかければ良いのであり、それまでは相手に寄り添う気持ちが大切です。

 

    「失恋中の友人にかけてあげると良い言葉とは。失恋のダメージを和らげよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。