付き合いたてのギクシャクとした関係から進展させる方法とは

恋愛最終更新日:2017年8月10日

好きな彼とやっと付き合うことができたのに、照れてしまってギクシャクした関係になることってありますよね。

彼を意識し過ぎて思ってもない態度を取り続けていると、誤解を与えて破局に繋がる可能性もあります。

そこで今回は、付き合いたてのギクシャクした関係を乗り越える方法をご紹介します。

1.友達のような感覚で彼と話す

付き合いたてというのは、緊張してなかなか上手く話せないことが多いですよね。

特にあなたが彼に長い期間片思いをしていて、ようやく付き合えたなら尚更話せないでしょう。

上手く話せない時間が続き、彼から質問が来てもきちんと答えられなかったり、沈黙が続いてしまうと、どうしてもギクシャクした関係になってしまいます。

しかし、付き合うことができているのは、お互いに好きな気持ちがあってのことです。

あなたが「彼ともっと話したい」と思っているなら、彼も「彼女ともっと話したい」と思っているかもしれません。

そこで、付き合い始めたばかりでも友達に接するような感覚で彼とも話してみましょう。

恋人だからといって、普段友達としていない会話をする必要は何もないのです。

しかも付き合い始めは、彼について知らないことは沢山ありますよね。

趣味や好きな食べ物、聴いてる音楽など、思い切って友達のような感覚で話してみましょう。

きっと彼もあなたに話したいこと、沢山あると思いますよ。

付き合いたてだからといってあまり緊張せず、友達のような感覚で彼と話すことを意識してみてください。

彼もあなたのことを「話しやすい」と思ってくれて、より好印象にもなります。

まずはあなたから、ギクシャクしない、2人で話しやすい環境を作ってみましょう。

2.興味がない話、今まで知らなかった話にも興味を示す

これまで女友達とばかり遊んでいたり、男兄弟がいない家庭で育ってきた方は男性との会話に付いていくのが難しいかもしれません。

せっかく2人っきりで彼と話せても、例えば車やプラモデルや電化製品など女性のあなたにはよく分からないことを話されることもあるでしょう。

付き合いたてだと特に「嫌われたくない」という気持ちが強く、よく分からない話をされてもついそのまま聞いてしまうこともあります。

それだと、何だかギクシャクした関係が続いてしまいます。

または、お互いに興味があることだけを話したいがために「それよりこの前のサッカーどうだった?」という風に彼の話を遮り、話しやすい話題へ振ってしまうかもしれません。

付き合いたてで共通の趣味がある場合「彼との関係を崩したくない」との思いで無難な話ばかりをする方もいるでしょう。

でももう一歩踏み込んでみましょう。

付き合いたてだからこそ、お互いのことをまだよく分かっていない状態です。

と同時にお互いのことを「よく知りたい」と思う時期でもあります。

「スポーツ好きだけど、野球には興味がない」「車持ってないし、よく分からない」そう思っていてもあなたが興味を示すと、彼は優しく教えてくれるはずです。

例えば彼は車が趣味だけど、あなたは車のことがよく分からない場合でも「車持ってなくてよく分からないんだけど、どういうこと?」の様に尋ねると彼は沢山話してくれるでしょう。

自分の趣味に彼女であるあなたが興味を示してくれるのは、心から嬉しいものです。

「そうなんだ。

知らなかった。

ありがとう」「説明、分かりやすかったよ。

ありがとう」など、最後には話してくれた彼にお礼を伝えると、ギクシャクした関係を乗り越えるにはそう遠くありません。

3.遊園地や日帰り旅行などに出かける

付き合いたてで、2人でいることを周りに見られているのが恥ずかしく余計に意識してギクシャクしてしまうこともあります。

デートをしたくても、近場には友達や知人など誰かに見られる可能性が高い所ばかりしかないなら遊園地や水族館に行ったり、少し遠出してみましょう。

周りを意識して上手く話ができず、これまでギクシャクした関係が続いていても場所を変えるとスムーズに話せることができます。

加えて、普段あまり行かない遊園地や動物園などは、会話も弾みやすいです。

2人で一緒に乗った乗り物、目の前の動物、イルカのパフォーマンスショーなどその場で会話がしやすく楽しい雰囲気は、ギクシャクした関係を払拭するチャンスです。

少し遠出するだけの、例えば日帰り旅行も、付き合いたてだからこそ彼との仲を深めるチャンスです。

これまで2人で行っていない場所は、水族館や動物園などと同じく目の前で見たことをすぐ会話にしやすく、盛り上がりやすいです。

友達や知人が周りにいない土地だと、これまで手を繋げなかったカップルも繋ぐのが比較的容易になります。

「手を繋ぎたいのに繋いでくれない」「手を繋ぎたいけど、いつ誰に見られるか分からないし」と思ってギクシャクしていたなら、手を繋げたことで何だか気まずかった関係を乗り越えられますね。

また、後日に「楽しかったね」や「あれ面白かったね。

また行こう」など思い出を会話にすることもでき、これまではギクシャクしていても、思い出が2人の関係を良くしてくれるでしょう。

付き合いたてのギクシャクした関係を乗り越えよう

付き合いたてのギクシャクした関係を乗り越える方法をご紹介しました。

付き合ったばかりの頃は、どうしてもギクシャクした関係になりやすい時期です。

でも付き合えたからにはその関係を長続きさせたいですよね。

まずは上手く会話できる時間を増やしながら、ギクシャクした関係を乗り越え、彼とのお付き合いをより良い関係にしましょう。

 

    「付き合いたてのギクシャクとした関係から進展させる方法とは」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く