職場で目立ちたくない時に心がけること

最終更新日:2015年8月10日

もともと目立つことが苦手な女性も多いとは思いますが、職場で目立ってしまうのはかなり多くの女性がイヤだと感じているのではないでしょうか。

職場で目立ってしまうと嫉妬の的になったり、大きな仕事を任されて重荷になったり…、仕事もできるだけ低ストレスで乗り切りたいのが多くの女性の本音のようです。

そこで今回は職場で目立ちたくない時に心がけることをご紹介します。

1.服装を派手にしない

職場で目立たないようにする一番最初の方法は服装を地味にすることです。

職場に制服がある場合は私服を、私服で仕事をする場合は私服を、とにかく職場に行く際は地味で露出が少なく、身体のラインがわからないような服を着ていきます。

人の印象は見た目がほとんどなのでその見た目が派手だったり美しかったりすると目立つことになってしまいます。

また、印象だけでなく、露出の多い格好は男性の目だけでなく女性の目も引くのでNGです。

また、露出だけでなく色味にも気を使う必要があり、キラキラ光るアクセサリーもできるだけ控えましょう。

仕事場での服装を地味にするだけで、目立ってしまう可能性はかなり少なくなるでしょう。

ただし気を付けてほしいのは地味にしすぎてしまうこと。

例えば全身真っ黒にする・髪もぼさぼさ服もよれよれ…などのように逆に悪目立ちをしてしまう可能性があるので、あくまでも地味で普通、清潔感のある服装を目指しましょう。


2.飲み会などで聞き役に回る

目立つ人というのは、飲み会などで積極的にみんなを盛り上げたり、出し物でおどけたりしてみんなの前に立つような人です。

仕事の飲み会だからといって普段とは違って張り切ってしまうと、上司やほかの同僚に「目立つのが大丈夫な人」を思われて職場でも目立つことになってしまいます。

なので、飲み会などの仕事中でない場面でも、できるだけ静かにしていて聞き役に回るようにしましょう。

そうすることで、目立つのは盛り上げ役の他の人であなたは目立つことはないでしょう。

また話が回ってきても上手くかわして他の人に話題を振ったりすることで目立つことを防いだり、飲んで酔ってしまった同僚を介抱する役にさりげなく回って飲み会の席をはずれてしまうものOK。

そうすることで二次会に行くこともなくさらりとかわせるでしょう。

気を付けておきたいのはお酒を飲んで気持ちがよくなって調子に乗ってしまう人はお酒が飲むと目立ちたくなってしまうかもしれませんので職場での飲み会ではお酒は控えるようにしましょう。

3.他人とあまりつるまない

職場で目立つと言えば「リーダー」などのチームやプロジェクトをまとめる立場ですよね。

基本的にそういった人は業績のいい人やしっかりした統率力のある人が任されます。

リーダーは責任が重い代わりに評価が上がり、同期の中でリーダー的存在に選ばれれば一番目立っているといって間違いないでしょう。

リーダーになるためには業績だけでなくコミュニケーション能力も大事になってきます。

人の気持ちがよくわからないとグループをまとめることはできないからです。

そのためリーダーになる人はみんなと仲良くしている傾向があるので、SNSなどで仕事仲間とつながったり同期だけで開かれる飲み会には積極的に参加しないようにすればリーダーに抜擢されることはありませんし、目立つこともないようです。


4.あまり可愛くしていかない

かわいい子ってよくも悪くも目立ってしまうものです。

美人だったり目鼻立ちがはっきりしているとどうしても目立ってしまうもの。

逆を言えば、可愛くしていかなければいいのです。

自分のことを美人だと自負している人は少ないかもしれませんが、自分がいつも目立ってしまうなと感じている場合、他人からは可愛いなと思われている可能性があります。

なので、目立ちたくない人は職場に行くときはメイクに気合を入れないでいつもより手を抜いたり、あるいは伊達メガネをかけて顔の印象を可愛いからメガネにもっていったりしてみましょう。

また、胸が大きいなどといったようにスタイルがいいのもできれば目立たないようにした方がいいかもしれません。

目立たないようにするためには極力「普通」であることが求められます。

そのため自分が他人よりも秀でているものは普通に格下げする必要があるのです。

5.仕事に集中する

職場は仕事をする場所なので、仕事に専念することで悪目立ちしてしまうことは避けられます。

仕事にミスが多かったり上司に頻繁に怒られている人はどうしても目についてしまうものですよね。

でもそれは仕事に専念し一生懸命頑張れば上司に怒られることもなくなりますし、ミスも減って悪目立ちしにくくなるでしょう。

職場で目立たずに生きていこう

以上、5つの目立たないで済むご紹介しました。

職場で目立たないためにはまずは容姿を、メイクをと言った様に見た目を変えることから始め、職場でミスをなくすようにしていけば目立つことなく仕事に専念することができるでしょう。