食事の誘いを上手に断る方法。男性からのアプローチをお断りしよう

最終更新日:2015年5月3日

職場や趣味を通して男性から食事に誘われるということはよくあることです。
ですが、残念ながら自分のタイプじゃないから断りたいという女子に向けて男性からの食事の誘いを上手に断る方法をご紹介します。

1.皆で行きましょうと提案する

食事に行かないかと誘われた時に一番遠回しに断りやすいいい方がこれです。
勘のいい男性ならすぐに察してくれます。

ですがそれでも「二人で行きたい」と言われてしまった時は「色々誤解されてしまうとあなたに迷惑がかかってしまうのでそれなら皆で行ける時に一緒に行きましょう」と言うと相手のためを思いやっていますよというポーズを取っていますので角が立ちません。

さらにしつこく二人きりで行きたいと言われてしまったら「私は大勢で食事をするのが好きなので、よかったら飲み会の幹事をしましょうか」とまで言ってしまうのも一つの手です。
大抵の男性はこれで諦めてくれます。


2.最近、お金が無くて自炊していると言う

さらに最近は健康のために自炊をしているいうことを伝えると相手はさらに誘いにくくなります。
たまに「おごるから大丈夫」という男性もいますが、「それは申し訳ないですし自分は割り勘派ですので。それに今は自炊が楽しいですし」とハッキリ伝えると大抵の男性は脈がないなと思い諦めてくれます。


3.誰かのためにご飯を作っていることを伝える

彼氏や家族のためにご飯を作らなければならない立場であることをハッキリと伝えたら今回ハッキリと断れる上に次回からも誘いにくくなります。

ですのでご飯を作っている人はハッキリとこう言ってしまいましょう。
特に家族のためにご飯を作っているのなら誘いにくくなりますので非常に有効です。


4.ダイエットをしているから今は食べれないと言う

これも定番ですが、非常に有効です。
もしダイエットをしていなかったらいっその事これを機会にダイエットを始めてしまうとより説得力がでます。

ただし、これを使う時はお昼ごはんを食べるときに気をつけなければなりません。
昼ごはんガッツリ食べたい時はその男性が見ていない場所で、できれば一人か事情の知っている同僚や友人と一緒に食べて男性に絶対に悟られないようにしましょう。

ダイエットをしていない場合は休憩中のおやつや飲み物も男性に嘘をついていることがバレないようにすることが大事です。
食事に誘われるということはそれほど気に入られて見られている可能性もありますので要注意です。


5.その日にはどうしても外せない予定があって忙しいと言う

その日はどうしても断れない用事や大事な仕事があって無理と言うと、特に仕事なら男性は「仕事なら仕方ないか」と諦めてくれます。
本当に仕事があるならいいのですが、特に何もない場合はいっそ嘘にならないように友人を誘って食事に行くのも手です。

その日に一人でいることを知られてしまうと後々大変なことになりかねませんので、無理矢理にでも誰かに協力してもらってアリバイを作ってしまいましょう。
事情を知っている友人や同僚がいれば強力な味方になってくれますので力になってもらいましょう。


6.最近は資格の勉強をしているからと言う

本当に資格の勉強をしているならこれを理由にしてしまいましょう。
特に仕事関連の勉強ならそれ以上無理に誘ってこなくなりますし、これから誘われてもこれを理由に断りやすくなります。

また、このフレーズを使う時はどういう勉強をしているのか聞かれた時にすぐに答えられるように面倒ですが準備しておくことも大事です。
しつこく誘われて言い訳に困っている人はいっそ本当に勉強を始めてしまいましょう。


7.おごってくれるならいいですよと言ってみる

これはむしろ嫌いな男性に、特に若い男性に誘われたらこれを言うと効果があります。
最近の男性は割り勘派が多く、おごられるのを期待する女性をあまりよく思わない傾向にあります。

一緒に高いお店しか行かないという事も言うとガッカリして二度と誘ってこなくなります。
ただ、このフレーズは本当に嫌いな男性でかつ若い男性のみに使いましょう。


8.あんまりしつこい場合は相手を幻滅させる行動をとる

最終手段ですが、その男性の前でちょっと大げさに本性を出してガッカリさせてしまうのも手です。
大声で手を叩いて笑ってみる、強気で色々言ってみる、毒舌を言ってみる等これら男性に嫌われるパターンを取ると大抵の男性はそれ以上誘うのを諦めます。

なかなか仕事でそういうことができないいう方もいるかもしれませんが、その場合でもちょっとずつ男性の前でガッカリさせる行動を取ってみることが大事です。

ですが、これはなかなか難しいですし仕事や友人関係は円滑にしたいので本当に最後の手段としてとっておきましょう。

しっかりと食事の誘いを断ろう

食事の誘いを断るために実は案外様々な手段があったと思います。
なるべくやんわりと人間関係にひびが入らないように上手に断りたいものですが、時と場合によってはそうもいかない時もあります。

時には無理やり断ることも大事です。
中途半端な優しさはその男性を傷つけてしまうだけですので、やんわりと断れそうにない時はしっかりと断ってしまいましょう。