自分の存在感を放つ方法とは。存在感を出してオーラをはなとう

友達との付き合い方 日々の生活最終更新日:2018年4月28日

存在感が薄いと言われる人は多くが、何かと消極的なものです。

けれども自分としては、仲間内で存在感を示したいと思う人もいることでしょう。

そこで今回は、周囲に自分の存在感を放つ方法をご紹介します。

1.自分の意見をしっかりと持つ

いきなり積極的に自分をアピールするのは難しいでしょう。

そこで段階を踏んで、存在感を放てるような方法を考える必要があります。

その第一段階として、自分の意見をしっかりと持つことが挙げられます。

割と存在感がない人は、周囲の意見に流されやすいタイプが多いものです。

そのために自分の意見を口に出すことができずに、存在感が薄くなってしまうというわけです。

まず最初に自分なりの意見というものを持つことが必要でしょう。

2.反対意見を言うことに抵抗感を持たない

存在感がない人は、人と対立することを怖れる傾向があります。

意見の食い違いにより関係を悪化させるようなことも嫌うので、反対意見を口にすることも避ける傾向があります。

けれども人はそれぞれ、自分なりの価値観というものを持っています。

そのために意見が対立することは珍しくありませんし、自分の考えというものはしっかりと伝えることが大切です。

また違う意見を述べたとしても、それが相手に嫌な気分にさせるとは限りません。

自分の意見をしっかりと述べることができるようになるためには、反対意見を述べることを怖れないようにすることが大切です。

3.頼まれたことはきっちりとこなす

自分の意見をしっかりと言えるようになるためには、まず土台を作ることが大切です。

その土台とは、相手に話を聞いてもらえるような関係を築くということです。

自分という存在をまずは認めてもらうことと言えますが、そのためには信頼を得ることが近道です。

信頼を得るためには、頼まれたことをきっちりとこなす必要があります。

仕事においても、段取り良く無駄のないように進めることで信頼を得られるようになります。

人はそのように信頼できる人には、自然と話しかけるようになるものです。

そしてそれに対して話をすれば、きちんと聞いてくれます。

そのようにして自分の意見を聞いてもらえるような環境を作ることが大切です。

4.人の目を気にしない

話を聞いてもらえる環境を作ることができたならば、次はどのような意見を述べるかに注意することになります。

存在感が薄い人は多くの場合、人の目を気にするものです。

自分が言ったことに対して、どんな風に思われるのかを気にしてしまうというわけです。

そこでとにかく、人の目を気にせずに自分の思うことをしっかりと伝えることができるようにしましょう。

こう言ったらどのように思われるのかなど、心配する必要はありません。

逆に言えば、どのように捉えられようとも間違いないという意見を持つことが大切です。

5.まずは仕事で自分の意見を述べるようにする

プライベートなおしゃべりで自分の意見を述べるといっても、どのようにすれば良いのか分からないものです。

そこでまず最初は、職場で仕事の話をする時にきっちりと自分の意見を言えるようにしましょう。

これまで携わってきた業務に関しては、自分なりの経験からくる意見というものを持っているはずです。

それをきちんと伝えるということを行うことで、自分の考えを伝えることに慣れていきます。

業務に関することであれば、相手が間違っていることを言っていたならしっかりと反論することができます。

それに対して相手が納得してもらえれば、自信がつくようになります。

このような経験を積むことで、自分自身の意見を述べるということに抵抗感を感じないようになります。

6.自信を持って話す

仕事の話で自信が持てるようになれば、プライベートな付き合いの中でも自信を持って自分の意見を述べることができるようになります。

そのように堂々と意見を述べることができるようになれば、存在感を放つようになります。

その話に誰もが納得してくれるようになれば、さらに頼れる存在としてアピールすることにもつながります。

経験を積むことによって、最初は自信がなかった人も次第に自分自身の考えを堂々と述べることができるようになるわけです。

7.人の意見にもしっかりと耳を傾ける

ここまでは自分の意見をいかに堂々と述べることができるようになるかを挙げてきました。

けれども自己主張が強いだけでは、存在感を放つことはできません。

しっかりと相手の話にも耳を傾けて、それを聞き入れることができる度量を持つことによって、さらに存在感を放つことができるようになります。

周囲に頼れる存在であると認識してもらうことによって、自分をいう存在を示すことができるというわけです。

自分の存在感を放とう

自分の存在感を放つために必要なことは、まず自分の意見をしっかりと述べることです。

その上で信頼感を得るような言動をすることによって、周囲に存在感をアピールできるようになります。

 

    「自分の存在感を放つ方法とは。存在感を出してオーラをはなとう」への感想コメント一覧

  1. 1. Chibikukku2018/05/14(月) 12:23

    自分の意見をしっかり持っていることって大事ですよね。でも、持っていても、信頼できる人物だと認められていないと、意見を言っても、その言葉を信用してもらえないんですよね。だから、自分自身の土台作りも大切だなって思います

  2. 2. スネ夫2018/06/04(月) 13:33

    意見きちんと話すことはとても重要なことですが、これが出来ていない社会人はかなり多いと思います。自分自身も気を付けたいと思いました。

この記事への感想を書く